2010年8月25日 (水)

馬油

どこかにまとめて書いといて、と言われましたのでw ごく内輪向けに

【特徴】
・オリーブ油椿油他同様、抗酸化作用・殺菌作用・保護作用があります。炎症を沈め、熱を取り去ります。鉱物油などと違い皮下組織にまでは浸透しません
・食用で口にしても大丈夫です
<馬油だけの特徴>
・伸びが良いです。小指の先ほどで片腕全部カバーできます
・植物性脂肪と動物性脂肪の中間で人間の皮脂に非常に近い性質を持っているので、馴染みやすさは全く違います
⇒もともと敏感肌・アレルギー肌の方にとても評判が良い馬油ですが、私自身は頑丈な肌なので、この件についてはコメントしません。
・安価です。季節・用途に応じて液状と通常タイプを使い分けられます

【使い方・身体】
・ひじひざかかとに風呂上りに塗ります。「量を間違えなければ」そのままで大丈夫です。
・吹き出物や傷あとに塗るときれいに治ります
・説明書には日焼け止め効果がうたわれていますが、これはシミを防ぐというより抗酸化作用のことを指していると思います。日焼けで肌が乾燥し弾力がなくなりシワになるのを防ぐことはできます。「量を間違えなければ」化粧水と併用で日焼け止めの下地に使えます。

【使い方・髪】
・シャンプー前に濡れた髪につけるとクレンジング効果があります。地肌爽快ですw 
・濡髪につけた状態でホットタオルパックをすると、ヘアダイやパーマで傷んだ髪に効果があります。髪全体に付けるのは量の調節がとても難しいのですが、これはあとで全部シャンプーで洗い流せるので心配ありません。
・リンスやトリートメントがわりに使うのは、量の調節がとても難しいのでおすすめしません
・タオルドライ後、「毛先にだけ」使うのが一番失敗が少ないです。手のひら全体にうすーく伸ばして使うとつけ過ぎになりません

【使い方・顔】
・化粧落としに顔全体になじませます。マスカラ・口紅に特に効きます。その後私は洗顔石鹸で洗い流しますが、拭き取り派のほうが多いようです。
・今使っている化粧品を「保護」し「浸透力」を補助する事ができます。
<私の例>
朝はハトムギ化粧水(美白目的)のあと、馬油を手のひら全体に伸ばして、それで顔を包んで終わりです。通常の保湿・毛穴・肌荒れ・年齢対策は馬油だけで大丈夫です。美白効果・日焼け止め効果は期待できませんので、夏の昼間は雪肌精の美白日焼け止めを使います
夜もハトムギ化粧水ですが、今肝斑消しに使っているインフィニティ・リアライジングは保湿ものではないので、つけた後で馬油を塗っています。普通の美容液なら、馬油を塗ってから付けると浸透力が高まっておすすめです。通常の保湿・年齢対策なら馬油だけで大丈夫です。

【使用上の注意】
・とにかく量を少なめにして下さい。慣れないうちは「液状」をおすすめします(私も夏場は液状だけです)
・塗ったあと顔が赤らんだりファンデーションが浮いたり白にきびが出たら塗りすぎです。
・水分の残っている肌、化粧水をつけてすぐの肌ならさらにのびが良く少量ですみます。
・ついでに、成分として肌から吸収できるモノとして他に期待できるのは、ずばりヒアルロン酸だそうです(製薬会社勤務者談w)。コラーゲンやコエンザイムをお考えの方、摂取方法を工夫したほうが良いみたいですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月18日 (土)

トニーレオン再び

あこがれのトニー・レオンを間近で見ました~

@Tiffグリーンカーペット!!!


子供が友達の家で遊んでいるのを迎えに行く途中

っていうか、子供は友達の家でそのまま待たせてw

年甲斐もなく、出待ち!! そして!!

最後の最後に監督と、麻生首相と一緒にv しずしずと歩いてくるところを

呆然と。

見ていました。


写メも忘れて(殴)





立ち直れない・・・orz






気を取り直して、先程まで
トニーがゲスト出演しているすまステーション見てました。
天下のトニーレオンを前にして、
今アジアで人気の若手10傑見せてもらってもナンっっっにも感じませんが(コラ)
トニーレオン自身が、その中で気になる俳優として、
チャン・チェンを認めてくれてたのが嬉しかったです

あの「ブエノスアイレス」からもう何年経つんでしょうか。
この2人は「レッドクリフ」で競演しているんですね。
公開が待ち遠しいです・・・・





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 9日 (木)

物理3連発(汗)

門外漢の私が身の程知らずにも物理ネタ3つ目、です・・・

ノーベル物理学賞は素粒子理論の3氏

このリンク先は比較的わかりやすくタダシク(汗)説明がなされていると思いますのでよろしければご覧下さい。
3氏の中で、大変申し訳ない事ながら益川・小林両氏のお名前は初耳だったんですが(汗)南部先生という方のお名前は何度も耳にしていました。小柴氏を筆頭に日本の物理学研究者はもちろん、海外の物理学者までがノーベル賞を取るたび、「僕より先にナンブ先生がとるべきだ」と強く推していたからです。今回受賞した益川氏も「(自分のことより)ナンブ先生が賞を受けられたのが何より嬉しい」と男泣きしていました。

今回受賞の益川氏と小林氏は理論屋さんです。お2人の中では益川氏が天才肌、小林氏が秀才肌で、益川氏が考えをまとめ小林氏が理論として検証する、という役割だったようです。それを実験で検証するのが小柴氏のような実験屋さんです。益川氏は、ノーベル賞もらうより自分の理論の正当性が実験で確かめられたことの方が嬉しかった、と述べて記者に笑われてましたが、逆に言うと、このくらいの世界になると、理論を立てその正しさを実証する、にたどりつくだけでも、膨大な人手と年月を要する、すーごいタイヘンな事なんだということがわかります。
でさらに、その益川氏のような理論屋さんは、無から理論を立ち上げるわけではなくて、目に見えない世界、地球にいてはわからない世界について、あるイメージやモデルを思い浮かべて、それについて理論を立ち上げ検証するわけです。そのもともとのモデルに、美しい、理にかなっている、きっとそうだと思わせる「何か」があると、物理屋さんたちはもう砂糖に群がる蟻のようにそのイメージの検証を始めます。で、話が一気に壮大になりますが宇宙の創始からはじまるモノの最小単位、素粒子理論の世界で、最初の一矢、大河の一滴となったのが今回のナンブ先生の「クオークは対にはなっていない」理論だったわけです。

何か1つのものができあがると、最後にそこに手を下した人が一番見えやすいので、賞賛を受けるのもその人になりがちです。実際にモノが出てこない理論の世界になると尚更です。でもその数式だらけの「イメージ」を見た人、考察した人、検証して見た人、実験してみた人たちは、わかっているんですね。自分たちは壮大な真理を証するためのコマに過ぎない、ということが。50年近い検証期間を経ても尚揺るがない、凄い「真理」を最初に言い当てた人こそが実は本当にスゴいんだということが。

この話がニュースになってからというもの、テレビや新聞の記者さんたちは本当に一生懸命に説明してくれています。中には、「原子核のまわりを原子や分子が回っているわけです」(回っているのは電子ですが)とか、「素粒子が爆発してビックバンという宇宙の始まりがはじまったわけです」(ビックバンの結果生まれた素粒子が対になっていない、というのが今回の話なんですが)とか、門外漢の私でもビックリするようなトンデモ説明が多々ありまして、そういうの聞く度にキモチがなんとなく沈んでしまうんですが。益川氏は受賞のインタビューの中で、若い後輩「研究者」たちに、言葉の逆の意味で「眼高手低」という言葉を贈っていました。志は高く、しかし手は着実に最初の第一歩から動かしていくのが物理屋さんの使命。誰の目にも触れないところで日々悶々としている後輩諸氏にも、その「熱い思い」を絶やすことなく頑張ってほしいと思います。

偉大な功績を挙げた受賞者はもちろん、メタルの魔術師も、天才数学者も、きっと、同じ思いを抱いていたと思うので。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 4日 (土)

メタルの魔術師

明日、映画の「ガリレオ」見に行くので、さっきまで子供と一緒に予習としてw見てました。ガリレオφ。
途中までは三浦春馬くんと福山雅治は美形の系統が違うだろっっ あれ、でも声はそっくりなんだ~わぁうっとりv とか。
長沢まさみちゃん、あんなに綺麗な子なのによくぞここまでヲタクになりきってwとか。
わりと冷静に見てたんですけど。
ついでに言うとドラマ見ながら、ドラマより数十倍ちゃちい仕組みで(涙)矢尻発射&連爆装置も一応考えて、物理ヲタクの子供と「当たったぁ」とかヨロコンでたんですけど。

まさみちゃんの「卒業後の物理学生の行く末」の話と、「メタルの魔術師」の壮絶なデータ集の話聞いてたら、途中から涙が出てきて止まりませんでした。
あんな、世界に冠たる魔術師が、日本にはほんとうにたくさんいて。
例えば東大阪の町工場の人たちのように、やろうと思えば人工衛星だって自作できちゃう力を持っていて。
一方に物理が好きで実験が楽しくてただ理論を追うだけでもわくわくしてそのまま大学の門を叩く子がいて。
両方とも、根っこの所は同じなんです。
うちにもそんなバカが2人もいますからよくワカります。
「やりたいと思ったことをとことんやりつつづけたい」それだけ、です。

魔術師と湯川先生はわかりあえた。
研究室にいる湯川先生には、研究論文なら5コですむデータが現場で使用しようとするとその何十倍も必要になる、ということの重みが、それを支え続けた魔術師の熱意と「科学者」としての矜持が、ずしりと胸に響いたでしょうし
現場にいた魔術師には、起こってしまった事象、現実というありすぎるほどのデータの中から、必要なモノだけを選び出して精査し仮説をくみ上げるという「逆の側からの検証」が、たった1つの答えをめざして筋道をたどる制作側より実に何十倍も大変な作業だということがわかっていた、でしょう。
それがわかる2人が出会えたのは,
本当にお互いのために幸せなことだったと思いますが
更にその幸運の本当に希なことを思うと、その報われなさに、泣けてきます。

本人たちは好きでやっているから、いいんでしょうけど。
でもNASAからオファーを受けつつも工場の資金繰りに頭を悩ませながら
4年間学んだ理論はすっぱり忘れて営業に接待に走り回りながら
どこかで、きっと誰かに、わかってほしいとは思っていると思うんですよ。
あの魔術師の最後の、快心の、ほほえみを見ると。

「わかるひとだけがわかってくれればいい」ではなく
その「誰か」が同好の士だけでなく、せめてもう少し外側に拡がっていってほしいと
その彼らの熱意の純粋さ故に、

まったくの門外漢の私はいつしかボロボロと泣けてくるのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 3日 (金)

予告・・・

Tiffのプレリザーブ、当たりました~(嬉)

10/19(日)  13:40  トルパン
10/19(日)  15:30   がんばればいいこともある
10/22(水)  14:40   プラネットカルロス


そして水曜は、
実は夜の部でこっそりお仕事だったりします・・・

始めてだ~緊張するw

追記:

同時開催の「ショートショートフィルムフェスティバル」もBプログラムを見に行きます。
「胡同の一日」楽しみです。
Aプログラムの「LINE」も、ふせえりさん、上島竜兵さん、勝村正信さんという蒼々たるメンバーが出ていてこちらも前評判高いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 1日 (水)

成績と日教組

ここホントは映画のブログのつもりなんですが(笑)
あまりにお問い合わせが多く誤解も多いので、私が前職教員だったということを知っている身内のために、今日はタイトルの解説をします。
Edc0808291713002l1 左の表は、今春文科省が行った全国一斉学力テストの結果です。
そしてこの成績と日教組の相関関係について述べた前大臣(笑)の発言のうち
-成績と日教組の組織率は関係ないという反論もあるが 組織率は関係ない。固まり、声の大きい本当の過激運動家の影響力が大きいんですよ。どうしても それに流されてしまう。先生というのは本当はノンポリでね、子供たちに教えることで必死だから-
という点は、この表を見る限り残念ながらドンピシャリ当たっております。

なかなか数字では見えませんが、いわゆる「思想教育」に、特に中学校段階でそれほど躍起になっていない都道府県が成績が明らかにいいです。北陸三県、秋田、山形、岐阜、静岡、香川などは代表的です。この中には日教組組織率だけで見るとかなり高い県も混じっていますが(住んでいる方はわかると思いますが)ソコはいわゆる「御用組合」です。ほぼ全職員が組合員ですが、だからといって日の丸掲揚を巡って3日連続職員会議をしたり、勤務評定に反対して教頭と団交したりはしません(笑)。粛々と、むしろ積極的に日常の教育に勤しむための「親睦会」的な要素の強い組合です。
逆に成績の悪い方ですが(笑)言いにくいのですが、実は成績が悪いのには大きく2つ要素があります。1つは地場産業があまり発達していなくて、県全体の平均所得が他県に比べて低い場合。残念ながら教育はお金です。公立といえども家庭の経済状態は子供の成績に如実に影響します。私は大臣ではないので言いたいこと言いますが(汗)例えば高等学校で統計を取ると、偏差値上底辺高と呼ばれる学校、定時制高校での片親率は半分を超えます。全高校生の親の半分が片親というのはあり得ませんから、数字の上で明らかな偏りがここに見られます。給食費払わないでベンツに乗っている親が一時話題になりましたが、あれは極端だとしても(笑)教育費は一番費用対効果の見えにくい分野なので家計の中で削られやすいのは確かなのです。敢えて表から名前は挙げませんが、小学校も中学校も成績下部の県はそういうのっぴきならない理由である場合が多いです。
で、もう一つの理由、はっきり日教組が(笑)成績アップを邪魔していると考えてよいのは、小学校ではそこそこなのに中学校でガクンと成績が落ちている県です。小学校では成績を恣意的に動かす意味はほとんどありませんか、中学校は進路と結びつくので、「悪しき平等主義」はそのまま学問へのモチベーションに影響します。京都、兵庫、広島、と名前を挙げれば、逆になぜこの県で組合活動が盛んか納得して頂けると思いますが(汗)。他に、いわゆる「田舎の閉鎖性」が組合の「共闘姿勢」と分かちがたく結びついて悪い意味での平等主義に陥っている(ので成績アップに血道を上げない)のが、茨城、栃木、山梨、三重、滋賀、和歌山、岡山、佐賀、大分あたりです。そして実はお金もなければ日教組もガンガン、というダブルパンチなのが(汗)大阪、北海道、長崎、沖縄の4府県、なんですね。京都兵庫大阪は全国屈指の進学校がいくつもありますから不思議な感じがしますが、その子たちはまず中学受験してしまって公立中に行かないのと、そういう私立中の生徒は全国区でやって来るというのがあるので、「その他」地元の小、中学校の成績アップには全く関与してくれません。これは東京、埼玉、千葉、愛知あたりでも同じです。

私は実際には、日教組が思想的な意味でガンバッている職場で働いたことはないです。でもそこから来た先生方と机を並べ、教研集会で話を聞き、またそこから来た生徒さんを何人も受け入れてわかったことは、これは人生に起きるいくつかの「不幸」の1つだということ、です。そこに住んだ、というだけの個人の力ではどうしようもない、気候風土のようなモノ、大げさに言うと、その県の地域的経済的歴史的特色と分かちがたく結びついているモノなんですね。
しかし敢えていいますが、どの県にも東大合格者は存在します。だからこれを読んで個別に、「じゃあウチはだめなのね」と考えるのは間違っています。あくまで全体 像とその傾向の話ですので、例外反例は「個別に考えれば」いくらもあると思います。ただ、進学を考えた時に、大学は他都道府県を受ける方はどの県でも多い と思います。そしてそこで初めて、自分の力がなぜヨソでは通用しないのかと落ち込むくらいなら、わかったうえで学校はあきらめて(汗)自学自習に勤しんだ方がいい場合もある、 ということです。まぁこの表のタダシイ利用の見方といったら、そんなモンではないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年9月28日 (日)

復活!ボキャプラ天国!!

もう夢のような3時間でしたよっっっ
あーもー今日は眠れないかも(笑)

やっぱりあらためてスゴい番組だったんだなぁと今更のように思います。
こう、要求しているレベルがもの凄く高いんですよね。
フリの部分の芝居がしっかりできないと、雰囲気だけでは到底ネタにたどり着けないし
持ってくるネタも、何となく思いつきで出来たものはすぐ底割れがして
削りに削った「この一発」というフレーズには勝てない。

番組放映時には出場者全員が文字通りしのぎを削っていたのでわからなかったですが
今日は最近超売れっ子の若手芸人さんたちにもボキャぶってもらっていたので
かわいそうですが本当にその実力差をまざまざと見せつけられました。
新人さんでは、友近さんとたっちは演技力が図抜けていましたが
逆に単に芝居の部分すらそこまでのレベルに達している人がもう後いなかった、
というのが悲しすぎました。一発芸では技術も何もあったモンじゃないんでしょう。
イワイガワさんは、芝居プラスさらにネタも本当に美しかった。いや下ネタなんですけど(笑)
久しぶりに「おおおおーーーー」と画面に向かって拍手しましたよv
そして往年のキャブラーたちは、みんなプライドかけて全力疾走してました。
最近は司会その他の仕事が多くてコントどころではないヒトタチまで、全力v
ネプチューンと爆笑問題のネタ見た時なんて、じわじわきて、くすくす来て
オチでスコーンとヤられた時、それがあんまりにも爽快で美しくて
なんかこう、涙出てきてました。笑いながら。

やっぱりこう、もちろん大爆笑もするんですけど、すっごく「感心」するんですよね
笑いながら「ああ、いいもんみたなぁ」っていう幸せvに浸る。
根がアホな私にとって、それはほんとに
いい歌舞伎や芝居や映画やコンサートの後と全く同じ、
「いいモン見た~」です(笑)

芸の力に打ちのめされる幸せ。

いや、やっぱり今日は眠れませんです。
大地真央さんの言うとおり、
こういう言葉の文化をもつ私たちは
ほんとにシアワセものですvv

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月14日 (月)

大野 晋先生

日本語の起源などの研究で知られる国語学者大野晋(おおの・すすむ)氏が14日午前4時、心不全のため都内の病院で死去した。88歳だった。東京都出身。葬儀は18日午前10時から、東京都台東区谷中7の14の8の天王寺で行われる。喪主は妻千恵子(ちえこ)さん。
  東京大文学部卒業後、学習院大文学部助教授などを経て、1960年から90年まで同大教授、退職後は同大名誉教授。国語審議会(現・文化審議会国語分科 会)委員も務めた。言葉を通し、日本とは何かという問題意識から、日本語の起源を探る研究を進め、タミル語との類似点を指摘し反響を呼んだ。
 99年に出版された「日本語練習帳」が100万部を超すベストセラーとなるなど、日本語ブームの火付け役の1人となった。ほかに「日本語の起源」「日本語の文法を考える」「一語の辞典 神」「日本語と私」、共編に「岩波古語辞典」など多数の著書がある。(了)
http://www.jiji.com/jc/c?g=obt_30&k=2008071400292

先月号の文藝春秋で、丸谷才一氏らと対談しておられるのを読み、あいかわらずお元気だなぁと感嘆しておりましたが。急なことで。ご冥福を心よりお祈り致します。

卒論も担当して頂き、教員になることも珍しく本当によろこんで下さいました。国語学者としての功績は偉大すぎて、私には触れることすら出来ませんが、不肖の弟子の末端を汚すものとして、今も先生の熱弁そのままに、生徒には「縮約」をこつこつと教えております。

その研究者としての業績の凄さ鋭さもさることながら、卒業後教壇に立ってから、教育者としてのそのお人柄を深く尊敬するようになりました。

だいたい大学の先生なんて、自分の研究がメインなのですから、本来は、ご自分の研究に関連する話を講義して頂いて終わり、です。大野先生も、私より上の世代の先輩方に聞くと、ちょうどその頃先生はあの有名な「上代語のアクセントの研究」の真っ最中で、つまり真っ最中ということで結論がまだ見つかっていないので「今日は話すことがないので終わり!」と休講(笑)あまりにも休講が続くのでみんなこぞって履修した人気講座だったとか。
しかしその後大野先生はいくつかの金字塔のような業績を立て続けに上げられ、生徒の方を向く余裕もお出来になり(笑)、鬼のように厳しい講義と演習でその名をとどろかせました・・・私の頃はそれでもかなり丸くなられたということでしたが、週の内たった一こま先生の講座なり演習なりを取ると、その予習復習で一週間すべて飛んでしまうのはホントウでしたよ(泣笑)。
で、その講座で。ある時私よりかなり上の先輩女子学生の話をして下さいました。先生は、その頃大学の必修講義で、何と「毎週」万葉集のテストをしていたんだそうです。私ならもうそのまま大学やめてますが(泣)、さらに驚くべき事にお一人、この鬼のような仕打ちにもめげず毎回100点を取り続けていた女子学生がいらしたのだそうです。それがある時、90点だった。ひとつ間違えた、んだそうです。翌日彼女は駆け落ち同然に出奔し、心中し果ててしまった。「ぼくはね、その時アレっ、と思ったんだよ。ずーっと100点だった彼女がね、ひとつ間違える。ヘンだ、何かある、と思った。思ったんだけれども、でもぼくは、それを、そのままにしておいてしまったんだなぁ・・・」私たちの講義の時の、大野先生の本当に悔しそうな、慚愧に堪えないといった表情をいまもありありと思い出します。
そんなこと、といっては亡くなった方に本当に失礼ですが、でも私は、他のあまたの学者と違い、今も日々新たな発見をしバリバリ論文を書き学問に情熱を燃やしている大学教授が、教育者としてもそこまで心を砕いているという事に強烈なショックを受けました。その業績もさることながら、大野先生という方を、心の底から尊敬した瞬間でした。

それからこれは、先生の講義を取ると必ず一度は聞かされる話。先生は、戦前砂糖問屋をしていた大店のおぼっちゃまでした。ですから戦時中でも割合に物資が手に入った。東大在学中大野先生が師事していたのは、現在学校教育文法の根幹を成す、あの橋本文法を打ち立てた橋本進吉博士でしたが、国語学なんてものは戦時下の国策上まったく需要がなく(確か生徒は大野先生だけだったような)、当然のように著書も売れず講演の依頼もない橋本博士は、大変に困窮し、日々食べるものにも事欠いておられたそうです。で、大野先生は、家で飼っていた鶏が卵を産むたび、橋本先生の家にもって行き、もはや大学に来ることもかなわなかった橋本先生の講義を受けていました。ところが。「その日、ニワトリが卵を産まなかったんだよ。ニワトリもえさが足りなかったのかもしれないね・・・卵を、産まなかった。それで僕は、なんとなく先生のところに行けなかった。いちど足が遠のくと行きづらくてね、卵に代わるものを何かもって・・・と思っているうちに、なんと先生は亡くなられてしまわれた。」栄養失調、だったんだそうです。決して大野先生の家のニワトリのせいではないと思いますが、それにしても。「あんな偉大な先生がだよ、君たち。栄養失調で亡くなられたんだよ・・・日本に二人といない大先生が。」学生はこの時点で、橋本先生の「上代特殊仮名遣い」という研究の話をどっさり聞かされていますから、その偉大さの片鱗も何とかわかりますが、それ以上に、江戸っ子の大野先生の激しく悔しがる様子が目に焼きついてはなれません。それこそ万葉仮名の88音の区別以上にしっかりと。

先生が新書版で出している一般向けの本は、あの鬼のような演習からは想像もつかないほど(笑)とてもわかりやすく面白く、そして人気があります。それは、大野先生が研究者としてはもちろん教育者としても熱心に取り組まれた成果なのだと思います。
ほんとうに厳しい先生でしたが、その偉大な業績の山の向こうにどうしても隠れてしまう先生自身のお人柄を、私は教員時代も範とし、励みにしていましたし、今も事あるごとに思い出します。

先生が天国で心安らかに下界を見渡すことが出来るよう

明日もがんばってこつこつと、国語、教えたいと思います・・・。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年6月 8日 (日)

Firefox 3 祭りvv

もうすぐ、らしいんですが。

http://www.spreadfirefox.com/ja/worldrecord/

私が愛用しているブラウザ、
Firefoxのバージョン3がリリースされます。
で、それを記念して、上記サイトで
「短期間にダウンロードされたソフト数No.1」
という、ギネスを狙うお祭りが開催されとります。
リリース日にメールが欲しいので
私も祭りに参加しましたvv
当日ダウンロードできるか不明ですが
全世界のヒトが一斉にダウンロードして
鯖落ち、とか、しないんですよね・・・よくわかりませんがw

んで、当日ダウンロードするかはともかく
「メール頂戴」とFirefoxに言ってきた人の数が、
上記サイトに各国別に世界地図で載せられているんですが。
なんか、世界のインターネット事情が微妙によくわかります(笑)
中東諸国はいまや世界で一番お金持ちなんですから
(私はオリンピックは金欠Tokyoではなくドーハだと思っていましたよ)
さぞやヘビーユーザーが多いと思ったんですが、案外少ない。
そして、失礼ながらそんなにインフラが整備されているとは思えない
ブラジル、ポーランドという意外な国が、アメリカに迫る勢いです。

そしてそして。カーソルを、
朝鮮民主主義人民共和国に合わせてみて下さいw
・・・188人 v
かの国に、少なくとも200台前後の、接続可能なPCがある
ということだけでもオドロキですよ、首領様ww
電話回線、なんでしょうかね(中国から引っ張ってくる????)
その場合、国内は多分LANですか
・・・どっかのエロサイトから、ウイルス拾ってこないように
充分お気をつけ下さいませね、首領様。国が滅びますwww

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月29日 (土)

怒濤の1年

Ma たいへんにご無沙汰となりましたが。
またちょこちょこと書こうと思います。

この1年のブランクの間に。
私は二足のわらじを履くことになり。
愚息は見事第一志望の中学に入り。
身辺は見事に一変しましたが。

とにもかくにもこうして
また映画の見られる日々を、本当に幸せに思います。


さて、再会するにあたって一言。感謝を。

愚息が、本当に愚かにも(笑)
「安逸な未来(本人談)」を振り切って、外部受験を志したのは
実はその学校の生徒さんの、本当にすてきなブログを読んだから、でした。
愚息は、その学校の厳しくも自由な「学問」の雰囲気に心奪われました。
そして私は、その生徒さんがブログに書きつづる文章の
まさにピンポイントの精度の高さに驚嘆しました。
不特定多数の方が読むことを十分に気遣いながら、
穏やかに丁寧に、しかし自分の言いたいことはきちんと相手に伝える「作法」を、
この生徒さんは鮮やかに身につけていました。
理科や社会で膨大な量のレポートを書いたのだそうですが、
それを読み添削し指導し、「一介の高校生」をここまでに育て上げた
その先生方の力量に、文字通り画面のこちらで平伏しました。


残念ながらご本人が大学受験で
去年の春にはもうそのブログは閉じていましたが。
今年一年、ともすれば投げ出したくなるような無機質な日々に
彼の書いた文章は希望の灯をともし続けてくれていました。
ご本人は知らぬ事ながら、うちの愚息にとっては人生を変えてもらった、
本当に幸せな出会いであったと、こうして合格した今も思います。




このようにやくたいもないブログの片隅から

今年受験を終えられた君へ

心からの、感謝を。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

Cinema | Diary | Doll | DVD | Theater&Tune