« 「ペルシャ猫を誰も知らない」 | トップページ | 馬油 »

2010年8月23日 (月)

ようこそアムステルダム国立美術館へ

Topimage

「ようこそ、アムステルダム国立美術館へ」見てきました。公式サイトはこちら

予告編ではかなりタノシイ人たちの心温まるヒューマンドラマ、といった印象を受けますが、実際にはかなり重たい映画でした。以下ネタバレ。

冒頭、外壁がガンガンと壊され内部に光が差し込んできます。つい先日、解体中の歌舞伎座の前にトラックが横付けになりあれやこれや運び出しているのを見たばかりだったので、思いがけなくひどく感傷的な気分になりましたが、そんな甘い気持ちに浸っていられたのは最初のこの五分だけ、でした
問題山積、ですw 日本と建造物の入札施工の方法が違うのかもしれませんが、コンペを通った建築デザインが原型をとどめなくなるまで改定されたり、申請が通らなかったり許可が出なかったり、工事入札が一社独占になったり、次々に難問が噴出します。一瞬、日本式のいわゆる「根回し」が足りていないだけなのではないか、と思える場面も多々ありますが、それぞれの立場の人(美術館下を生活道路として使っている人々・都市景観を大事にする人・展示の大胆な改革を目指す人etc)の言い分がよくわかるだけに、見ているうちに自分が当事者になったような気で真剣に「どうしたらいいんだろう」と考え込んでしまいます。

中でもとても印象的だったのは、あちこちで議論噴出する様を見て運営委員の人がつぶやいた一言。「民主主義っていうのはもっと崇高なもののはずだ。こんなのは民主主義ではない」それぞれが自分の立場で意見を述べることが保証されている様はほんとうに素晴らしいと思いますが、同時に、より良い案をお互いの間から立ち上げていく責任感、がなかなか持てないのは、この美術館関係者に限らず、どこにでもある「落とし穴」でしょう。風穴をあけるつもりで突飛な思いつきを提示したり、その自分の案を自分の自己実現であるかのように重大視する人は、実は「お手上げ」状態なんだ、ということがこの映画を見ているとよくわかります。それでも会議とあれば呼ばれるし一言言いたくもなる。「参加することに意義がある」の次には「参加しないことに意義がある」も考えられるべきではないかなと。世界が広がり人々のつながりはあっという間に想像を超えたところまで及ぶ昨今、自分の発した言葉がどのような影響を持つか、なんて想像し切るだけでも大変ですが、それでも思考停止し「何でも良いから言ってみる」と投げ出している場合ではありません。分かる範囲でできるだけ最善の道を探り、時には引かなくてはなくてはならない。誰でもが参加できるがゆえに負わされている構成員として責任の重さ、その内実というものが、この美術館のウラ話を通してずっしりと迫ってきます。事実を切り取っていきながら映画的な語り口を崩さなかった監督の力量が光ります。

続編構想中、ということからもわかるように、このオランダを代表するすばらしい美術館は現在ただいまも閉館中です。続編には、この美術館の改築落成式が撮られていることを、切に、心から、願っておりますw

|

« 「ペルシャ猫を誰も知らない」 | トップページ | 馬油 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103190/49227058

この記事へのトラックバック一覧です: ようこそアムステルダム国立美術館へ:

» 長い長い、美術館が出来るまで [笑う学生の生活]
25日のことですが、映画「ようこそ、アムステルダム国立美術館へ」鑑賞しました。 アムステルダム国立美術館の開業以来の大規模な改築工事が始まるのだが・・・ 再オープンを追ったドキュメンタリー作品です とにかく、さまざまな問題が 反対があり...... [続きを読む]

受信: 2010年8月31日 (火) 23時34分

» ようこそ、アムステルダム国立美術館へ [LOVE Cinemas 調布]
1800年に開館しレンブラントやフェルメールと言った偉大な画家の傑作を所蔵するアムステルダム国立美術館。その美術館が2004年から大規模な改装工事に入るものの、様々な難問が立ち塞がり、結果2010年8月現在は工事が中断している。ウケ・ホーヘンダイク監督の4年以上にわたる密着取材で関わる大勢の人間の悲喜こもごもを映し出したドキュメンタリーだ。... [続きを読む]

受信: 2010年9月 1日 (水) 00時35分

» 映画「ようこそ、アムステルダム国立美術館へ」 [弐代目・青い日記帳 ]
2010年8月21日より渋谷ユーロスペースで公開される 映画「ようこそ、アムステルダム国立美術館へ」の試写会に行って来ました。 「ようこそ、アムステルダム国立美術館へ」公式サイト ドキュメンタリー映画『アムステルダム(新)国立美術館』 ↑4月にこの映画について第一報をお知らせしました。邦題も『ようこそ、アムステルダム国立美術館へ』と正式決定。あとはいよいよ来月21日からのロードショーを待つばかりとなりました。 でも本当に2010年8月21日無事ロードショー迎えられるかどうか... [続きを読む]

受信: 2010年9月 2日 (木) 21時06分

« 「ペルシャ猫を誰も知らない」 | トップページ | 馬油 »