« ようこそアムステルダム国立美術館へ | トップページ | 9月のオフ会 »

2010年8月25日 (水)

馬油

どこかにまとめて書いといて、と言われましたのでw ごく内輪向けに

【特徴】
・オリーブ油椿油他同様、抗酸化作用・殺菌作用・保護作用があります。炎症を沈め、熱を取り去ります。鉱物油などと違い皮下組織にまでは浸透しません
・食用で口にしても大丈夫です
<馬油だけの特徴>
・伸びが良いです。小指の先ほどで片腕全部カバーできます
・植物性脂肪と動物性脂肪の中間で人間の皮脂に非常に近い性質を持っているので、馴染みやすさは全く違います
⇒もともと敏感肌・アレルギー肌の方にとても評判が良い馬油ですが、私自身は頑丈な肌なので、この件についてはコメントしません。
・安価です。季節・用途に応じて液状と通常タイプを使い分けられます

【使い方・身体】
・ひじひざかかとに風呂上りに塗ります。「量を間違えなければ」そのままで大丈夫です。
・吹き出物や傷あとに塗るときれいに治ります
・説明書には日焼け止め効果がうたわれていますが、これはシミを防ぐというより抗酸化作用のことを指していると思います。日焼けで肌が乾燥し弾力がなくなりシワになるのを防ぐことはできます。「量を間違えなければ」化粧水と併用で日焼け止めの下地に使えます。

【使い方・髪】
・シャンプー前に濡れた髪につけるとクレンジング効果があります。地肌爽快ですw 
・濡髪につけた状態でホットタオルパックをすると、ヘアダイやパーマで傷んだ髪に効果があります。髪全体に付けるのは量の調節がとても難しいのですが、これはあとで全部シャンプーで洗い流せるので心配ありません。
・リンスやトリートメントがわりに使うのは、量の調節がとても難しいのでおすすめしません
・タオルドライ後、「毛先にだけ」使うのが一番失敗が少ないです。手のひら全体にうすーく伸ばして使うとつけ過ぎになりません

【使い方・顔】
・化粧落としに顔全体になじませます。マスカラ・口紅に特に効きます。その後私は洗顔石鹸で洗い流しますが、拭き取り派のほうが多いようです。
・今使っている化粧品を「保護」し「浸透力」を補助する事ができます。
<私の例>
朝はハトムギ化粧水(美白目的)のあと、馬油を手のひら全体に伸ばして、それで顔を包んで終わりです。通常の保湿・毛穴・肌荒れ・年齢対策は馬油だけで大丈夫です。美白効果・日焼け止め効果は期待できませんので、夏の昼間は雪肌精の美白日焼け止めを使います
夜もハトムギ化粧水ですが、今肝斑消しに使っているインフィニティ・リアライジングは保湿ものではないので、つけた後で馬油を塗っています。普通の美容液なら、馬油を塗ってから付けると浸透力が高まっておすすめです。通常の保湿・年齢対策なら馬油だけで大丈夫です。

【使用上の注意】
・とにかく量を少なめにして下さい。慣れないうちは「液状」をおすすめします(私も夏場は液状だけです)
・塗ったあと顔が赤らんだりファンデーションが浮いたり白にきびが出たら塗りすぎです。
・水分の残っている肌、化粧水をつけてすぐの肌ならさらにのびが良く少量ですみます。
・ついでに、成分として肌から吸収できるモノとして他に期待できるのは、ずばりヒアルロン酸だそうです(製薬会社勤務者談w)。コラーゲンやコエンザイムをお考えの方、摂取方法を工夫したほうが良いみたいですよ。

|

« ようこそアムステルダム国立美術館へ | トップページ | 9月のオフ会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103190/49246969

この記事へのトラックバック一覧です: 馬油:

« ようこそアムステルダム国立美術館へ | トップページ | 9月のオフ会 »