« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

2010年6月19日 (土)

6月のオフ会

本日恒例のオフ会でした

新しくDollをお迎えした方のお披露目あり

激戦を勝ち抜き見事憧れのDollを引き当てた方のご報告あり

話題の「手」の実物も拝見して

毎回ほんとうに話題は尽きません…

実はおしゃべりが一番楽しくて集まっているわけですが

写真も一応w撮っています   こちら  からどうぞ



M_201006191345024c1c4b4ecd962

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月12日 (土)

さくらんぼ狩り

本日、春の遠足第二弾

「さくらんぼ狩り」行ってまいりました

とても楽しい一日、皆様有難うございました

写真はこちら からどうぞ

100612_121100_2

来週の土曜日はオフ会です

久しぶりにIDEA出席しますv

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 9日 (水)

告白

1007975_01_2

話題の「告白」見てまいりました。公式サイトはこちら

この映画は中学が舞台ですが、現役の都立高教師の友人も、もう教師を引退した私と同じような友人も、それから公立学校に子供を通わせたことのある友人も皆、絶賛してましたので、ちょっと頑張って平日の朝九時半からw見てきました

学校や教室を舞台にした映画ドラマは数あると思いますが、この映画は「リアルさ」という点で別格です。15禁指定、内臓こそ映りませんがスプラッタばりに血がバシバシ吹っ飛ぶ映画のどこがリアルかといわれそうですが、実は「教室の中で起きていること」って殆どの人が「自分の育った教室のこと」しか知らないのではないでしょうか。今知り合いや自分の子どもに小中高校生がいる人も、彼らが教室という密室で何をしているかは実は「伝聞」でしか知らないはずです。で、殺人事件には幸運にして出遭わなかった人も多いと思いますが、それ以外のこの映画に出てくるシーンは全部、今のお子さんが実際に暮らしている世界ではごく「当たり前」の事だと思って見て欲しいと思います。現役教師たちが「王様の耳はロバの耳」と叫びたくて仕方のない「教室の現実」ってまさにこのとおりなんです。

映画の中では、ある事故について、先生の告白、生徒の告白、生徒の親の告白という形をとって、次々と「真実」が明かされていきます。最初に淡々と語られる事実は、ワイドショーその他で語られる「中学生の実態」を超えていません。彼らの日常も見ている人の「想像の範囲」を超えていないと思います。でもその見えている事柄の内側が「告白」によって次々とさらけ出されていくと、まずちょっと題材が過激な普通の中学生日記、のように思えて、多少気持ちは引き気味になりながらも、何とか画面を見続けるでしょう。頑張ってみていればこの凄惨な話の片隅に微笑ましいと思えるシーン、救われたような気持ちになれるシーンもあるかもしれません。
でもそれも「告白」によって、さらに内側が暴かれていきます。この、三層目まで描いたから、すごいと私は思うんですね。で、実はそこまで暴くと彼らの心の闇は、古今東西何も変わっていないのだということが、現実と呼ぶにはあまりにも重たいモノと共に、ストンと理解できると思います。でもだからこそ、現代社会では、彼らのそうした人として当たり前の、ごく根源的な欲求は、決して、絶対、金輪際全くかなうことのない望みだということも、彼らと違ってもう社会に出ている人たちには容易に理解できると思います

主演の松たか子さんは、自分の子どもには、何とかしてこうした世界は回避させたい、と正直に話しておられました。私も同じことを考え子供は公立には入れていません。そして持てる知識のすべてを総動員し、子供本人の持つ能力と運に助けられて、現在はまだこうした事態はそこそこ回避できています。小学生の時いじめで保健室登校した事もありましたが、子供は自分の力ではねのけましたし、またはねのけられるレベルのいじめでした。そしてそんな程度で無事小中をくぐり抜け高校に行ける子供など、日本全国でほんの一握りなのだという事をしみじみ思います。何故か。

もともとの「子供の幸せ」という定義が間違っているから、です。世間一般的な意味で子供を幸せにしてあげようと思ったら、「ただの」親「ただの」教員では絶対に無理なんです。それを享受するために人並外れた運や実力が必要になってくるような、人間が人間を教える限界、というものを遥かに超えたものを、現代は次世代に要求しているからです。最初から無理。映画を見て「こうならないためにはどうするか」ではなく「こうなるのだ」という現実を引き受ける勇気を持って欲しいと、私は自戒を込めて思います。松さんは、先程の言葉に続いて「でもいざその場になったら戦って欲しい」と言っていました。その通りです。「幸せな子ども像」という出来上がった観念に子供をすり合わせるのではなく、現代社会の要求などはねのけて、その子がこの社会と向き合っていけるためには何が必要か、を親が個別に考えてあげて欲しいのです。それは「使えない教師」にも「頼りない塾」にもできない、会社や社会の評価とは全く別次元の「人間としての中身」が試される、親子の真剣勝負でもあります。

そこで血を流さなければ、どこかで本当の血が流れることになる、そして世の中はそんな犠牲には一切お構いなくただ滔々と流れていく。エンドロールのOmbra mai fùは心に痛い、救いでした

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 6日 (日)

「少女アリス展」

本日まで開催でした「少女アリス展」
すべりこみで行ってまいりました@マリアの心臓

Dollブログ更新も久しぶりですが、マリア行きも久しぶりです。こんなに狭かったかなと思うくらい、今回展示ぎっしりでした
四谷シモン作も健在、可淡Dollも恋月姫さんも、いくつかむきだしで展示されているので却って緊張してしまったり。記憶の中の存在でしかなかった彼女たちにも再会できて幸せでした。 
アリス展ですので、各作家さんの捉えたアリス像がそれぞれ全面に出てきています。既成のキャラクターに何かを載せるのも外すのも難しいのか、指すところは皆幻想世界、それも一様にインパクトある夢野久作系、というのが面白かったです。耽美主義といったものはすでにある種の芸域が確立されていますので、その記号を追うだけで大変、といったところでしょうか。清水真理さん、山岸由利子さんなどはその中でも存分にご自分の世界を貫いていてさすがでした

最近Twitter 始めまして、そっちでは主に音楽関係とDoll関係を追っているのですが、そこのDoll繋がりで知った洋画家、横井まい子さんと浅井信二さんの絵が展示されていたので嬉しく拝見しました

次回は中里繪魯洲 展 6/12~6/20 DMには寺山修司の

「さびしい天体望遠鏡のおとうとよ

暗い天球に新しい彗星を一つ発見するたび

きみが地上で喪失するものはなに」

が書かれています。行ってみようと思います

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »