« 誰がために | トップページ | ブーリン家の姉妹 »

2008年11月 9日 (日)

おくりびと

おくりびと、見てきました。公式サイトはこちら

思ったよりもわかりやすくエンターテイメントに溢れた映画でした。もうすこし単館映画系の作風を期待していたのですが、伊丹十三監督の「お葬式」が近いかな。あちらが死を鏡として大胆に生の奔流を描ききった快作、だとすれば、こちらは棺桶の窓から世の中を覗いてみた、ぐらいの大きさで、むしろそのおさまりの良さを楽しむ佳品です。
私はお葬式何回か立ち会いましたが、納棺士のお仕事にあたる部分はたぶん葬儀屋さんがしていて、今回初めて独立した仕事として見ました。それだけでもとても面白かったです。映画として話が重いので、葬儀部分を初め随所にちりばめられた笑いが気分を救いますが、全篇に流れる静謐な空気はそのままに、上手にバランスをとっています。

惜しいなと思ったのはもっくんの芝居でした。妖艶耽美の世界では他の追随を許さない怪優、欲望に形を与えることの出来るあの端正な顔立ちが大好きなんですが、今回は残念ながら浮いてました。失礼ながらあまり期待していなかった広末凉子さんのほうがむしろ、監督の望む空気をしっかりと作りだしてしていました。この夏のオダギリジョーの「たみおのしあわせ」の時も思ったんですが、役者さんってしばらく仕事しないとカンが鈍るんでしょうかね。余貴美子さんと山崎努さんの前でもっくんは、まるでコレが映画初主演の若手俳優、のようにぎこちなく青かった。山崎さんとだけ、あるいは余さんと2人で芝居しているうちはまだよかったんですが、3人でクリスマスを祝っているところなど、1人だけチキンを「食らう」こともできず「生」を伝えることも出来ずにシーン全体がぼやけてしまっていました。日々死と隣り合い死に目を向ける人の、生そのものに対する「抗い」がまるで感じられなかった。広末さんとのシーンではカナリ頑張っていたんですけれどね。そのせいか、逆に広末さんがこだわった納棺士の「穢れ」もどこか唐突になってしまった。チェロも、素人にそれっぽく見せるためには弓を持つ右手の使い方が要なんですけど、誰か指導してあげなかったんでしょうかね。

余談ですが、この原作者の方とは、直接の面識はないのですがお話はよく聞いています。その聞いたエピソードのいくつかがこの映画にも出てきています。実生活から原作、脚本、俳優、映像といくつものフィルターを通り、場面も設定も全く違うモノになっているにもかかわらず、ああこんな風に考え感じていたのかと、その芯の所で確実にこちらに伝わってくるモノがあり、それをとても不思議に思いつつも面白く思ったのでした。

|

« 誰がために | トップページ | ブーリン家の姉妹 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103190/43057302

この記事へのトラックバック一覧です: おくりびと:

« 誰がために | トップページ | ブーリン家の姉妹 »