« おくりびと | トップページ | 第9地区 »

2008年11月 9日 (日)

ブーリン家の姉妹

ブーリン家の姉妹、見てきました。公式サイトはこちら

英国国教会誕生のいきさつと大航海時代の幕開けを見てきました・・・じゃなくて(笑) いや歴史的に見るとそういうことなんですが。
この姉妹の話は昔Readerのtextで悪戦苦闘した思い出があります。ですから歴史叙事詩というよりは、結果はわかっていてもやはりそちらの愛憎劇の再現のほうがとても感慨深かったです。余談ですがこのあたりの時代の英語ってスペルはめちゃくちゃだし(”boleyn”でブーリンとかムリっ)修辞法は絢爛豪華で、特に知性溢れる王妃の言動は一回読んだだけじゃ何が言いたいんだか全然わからないし(涙)。せりふどうするんだろうとシンパイしていたらふつーにあっさりと現代英語で安心しました(泣笑)

上昇志向に溢れた父親に溺愛される姉とその妹、という構図が最後までぶれることなく描かれている所はスゴイと思いました。女優陣2人が自分の役所を本当にきちんと理解し演じきっていました。FLIXという映画雑誌で知ったのですが、ナタリー・ポートマンがヨハンソンを推薦したんだそうで。クイーンアミダラの慧眼恐るべしでありますw 妹の役は、見ようによっては演技以上のモノを要求される難しい役所でしたが、ただ朴訥で純粋というだけでなく、王の信頼を得るに足るだけの強さと大きさを持った女性として、スカーレット嬢は奮戦していました。だから古来各地で繰り返されているこの普遍の争いが全く陳腐に見えなかったし、姉の「野望」と「恋」の板挟みも、一個の人間のなかに矛盾なくすっぽりと包含され、確立されていました。ほんとに凄かったです、この2人は。
そして、高校生の私が読んでお馬鹿にしか見えなかったヘンリー8世は、映画で見てもやっぱりバカでしたん・・・(泣笑)なんかこう、役者さんは頑張ってはいるんでしょうけど、どうしても、王という地位以上に魅力を感じられない未熟で浅はかな男なんですよね。女優陣が必死に恋に落ちているからギリギリ成立していますが、この役にもう少し、王の魅力が感じられるようなエピソードがあればよかったのにと思います・・・ねつ造するかどうかはともかく(笑)
いや、だって、仕掛けた姉がうろたえるくらい手練手管に免疫がないとか、ローマカトリックとの決別や前王妃追放を後妻のせいにするとか、ほんとに、女帝時代の幕開けは来るべくして来た、と思わせるに十分な(笑)ダメ男ですよ。そのへん、もし実際史実には全く無かったとしても(汗)王の葛藤とか苦悩とかもう少し丁寧に描いて、映画をふくらませてほしかったなと思いました。

結末が有名で、しかも残酷で暗いオハナシなので敬遠されがちのようですが、女優陣の、美しさもさることながら演技力に心奪われる、昨今稀有な映画です。それと、あの絢爛豪華な宮廷絵巻だけは家のテレビで見ても迫力半減でしょう。お時間があれば是非どうぞ。

|

« おくりびと | トップページ | 第9地区 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103190/43057147

この記事へのトラックバック一覧です: ブーリン家の姉妹:

« おくりびと | トップページ | 第9地区 »