« 2008年10月 | トップページ | 2010年5月 »

2008年11月

2008年11月 9日 (日)

ブーリン家の姉妹

ブーリン家の姉妹、見てきました。公式サイトはこちら

英国国教会誕生のいきさつと大航海時代の幕開けを見てきました・・・じゃなくて(笑) いや歴史的に見るとそういうことなんですが。
この姉妹の話は昔Readerのtextで悪戦苦闘した思い出があります。ですから歴史叙事詩というよりは、結果はわかっていてもやはりそちらの愛憎劇の再現のほうがとても感慨深かったです。余談ですがこのあたりの時代の英語ってスペルはめちゃくちゃだし(”boleyn”でブーリンとかムリっ)修辞法は絢爛豪華で、特に知性溢れる王妃の言動は一回読んだだけじゃ何が言いたいんだか全然わからないし(涙)。せりふどうするんだろうとシンパイしていたらふつーにあっさりと現代英語で安心しました(泣笑)

上昇志向に溢れた父親に溺愛される姉とその妹、という構図が最後までぶれることなく描かれている所はスゴイと思いました。女優陣2人が自分の役所を本当にきちんと理解し演じきっていました。FLIXという映画雑誌で知ったのですが、ナタリー・ポートマンがヨハンソンを推薦したんだそうで。クイーンアミダラの慧眼恐るべしでありますw 妹の役は、見ようによっては演技以上のモノを要求される難しい役所でしたが、ただ朴訥で純粋というだけでなく、王の信頼を得るに足るだけの強さと大きさを持った女性として、スカーレット嬢は奮戦していました。だから古来各地で繰り返されているこの普遍の争いが全く陳腐に見えなかったし、姉の「野望」と「恋」の板挟みも、一個の人間のなかに矛盾なくすっぽりと包含され、確立されていました。ほんとに凄かったです、この2人は。
そして、高校生の私が読んでお馬鹿にしか見えなかったヘンリー8世は、映画で見てもやっぱりバカでしたん・・・(泣笑)なんかこう、役者さんは頑張ってはいるんでしょうけど、どうしても、王という地位以上に魅力を感じられない未熟で浅はかな男なんですよね。女優陣が必死に恋に落ちているからギリギリ成立していますが、この役にもう少し、王の魅力が感じられるようなエピソードがあればよかったのにと思います・・・ねつ造するかどうかはともかく(笑)
いや、だって、仕掛けた姉がうろたえるくらい手練手管に免疫がないとか、ローマカトリックとの決別や前王妃追放を後妻のせいにするとか、ほんとに、女帝時代の幕開けは来るべくして来た、と思わせるに十分な(笑)ダメ男ですよ。そのへん、もし実際史実には全く無かったとしても(汗)王の葛藤とか苦悩とかもう少し丁寧に描いて、映画をふくらませてほしかったなと思いました。

結末が有名で、しかも残酷で暗いオハナシなので敬遠されがちのようですが、女優陣の、美しさもさることながら演技力に心奪われる、昨今稀有な映画です。それと、あの絢爛豪華な宮廷絵巻だけは家のテレビで見ても迫力半減でしょう。お時間があれば是非どうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おくりびと

おくりびと、見てきました。公式サイトはこちら

思ったよりもわかりやすくエンターテイメントに溢れた映画でした。もうすこし単館映画系の作風を期待していたのですが、伊丹十三監督の「お葬式」が近いかな。あちらが死を鏡として大胆に生の奔流を描ききった快作、だとすれば、こちらは棺桶の窓から世の中を覗いてみた、ぐらいの大きさで、むしろそのおさまりの良さを楽しむ佳品です。
私はお葬式何回か立ち会いましたが、納棺士のお仕事にあたる部分はたぶん葬儀屋さんがしていて、今回初めて独立した仕事として見ました。それだけでもとても面白かったです。映画として話が重いので、葬儀部分を初め随所にちりばめられた笑いが気分を救いますが、全篇に流れる静謐な空気はそのままに、上手にバランスをとっています。

惜しいなと思ったのはもっくんの芝居でした。妖艶耽美の世界では他の追随を許さない怪優、欲望に形を与えることの出来るあの端正な顔立ちが大好きなんですが、今回は残念ながら浮いてました。失礼ながらあまり期待していなかった広末凉子さんのほうがむしろ、監督の望む空気をしっかりと作りだしてしていました。この夏のオダギリジョーの「たみおのしあわせ」の時も思ったんですが、役者さんってしばらく仕事しないとカンが鈍るんでしょうかね。余貴美子さんと山崎努さんの前でもっくんは、まるでコレが映画初主演の若手俳優、のようにぎこちなく青かった。山崎さんとだけ、あるいは余さんと2人で芝居しているうちはまだよかったんですが、3人でクリスマスを祝っているところなど、1人だけチキンを「食らう」こともできず「生」を伝えることも出来ずにシーン全体がぼやけてしまっていました。日々死と隣り合い死に目を向ける人の、生そのものに対する「抗い」がまるで感じられなかった。広末さんとのシーンではカナリ頑張っていたんですけれどね。そのせいか、逆に広末さんがこだわった納棺士の「穢れ」もどこか唐突になってしまった。チェロも、素人にそれっぽく見せるためには弓を持つ右手の使い方が要なんですけど、誰か指導してあげなかったんでしょうかね。

余談ですが、この原作者の方とは、直接の面識はないのですがお話はよく聞いています。その聞いたエピソードのいくつかがこの映画にも出てきています。実生活から原作、脚本、俳優、映像といくつものフィルターを通り、場面も設定も全く違うモノになっているにもかかわらず、ああこんな風に考え感じていたのかと、その芯の所で確実にこちらに伝わってくるモノがあり、それをとても不思議に思いつつも面白く思ったのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

誰がために

神奈川テレビで放映されて久しぶりに見ました。公式サイトはこちら

公開当時、イメージフォーラムに別の何かを見に行って、時間が合わず、こちらを見た記憶があります。矢野顕子さんと浅野忠信さんという、願ってもない組合せを思わぬ形で堪能させてもらった事を、テレビ画面を見ながら思い出しました。

この映画を見ながら当時の私が何と比べていたかというと、前年公開の「誰も知らない」と、ひと月ぐらい前後して公開された「スクラップヘブン」です。少年犯罪、喪失というテーマが続いたので連想したんだと思いますが、今見ると、前半部分についてだけ感想書いて止めています。

前半はまさしく浅野さんと矢野さんの美しい映像コラボでした。結婚することになる彼女も、幼なじみの女の子も、見事に影を消した非現実的な存在。パレスチナで浅野さんが見たものが現実だとすれば、この、町の小さな写真館は浅野さんにとって安逸という「幻想」だったのかもしれません。現実からの逃避の末にたどり着いた桃源郷。この、どこにでもあるごく日常の風景を浅野さんの心象風景であるかのように撮る監督の手腕は本当に素晴らしかった。矢野さんの音楽世界もそこにぴたりと沿うていて心地よくさえありました。
ところがそれが理不尽な少年犯罪によって崩壊する。しかも時は、浅野さんの思いと心に頓着なく、非情なまでにドンドン過ぎていく。幼なじみとまわりの人の「善意」により無理やり押し流されようとさえする。そのどうしようもない「置き去り感」が「絶望」に変わり「少年」にぶつけられていく様が、浅野さんの口から、仕草から、重くこちらの心に響いてきます。

ここで私が感想を書くのを止めてしまった理由が、今ならわかります。それが、浅野さんの「妄想」を打ち砕く現実として浅野さんの前に立ちはだかった犯人役の少年の「存在」でした。映画の中ではこの少年は、人を殺せる手と小鳥を可愛がる可憐な指先と、折れそうに頼りなげな首すじと人を寄せ付けない閉じた瞳を、まるで同時に抱いてしまう、青年期特有の「まだバラバラな状態」を見事に表しています。が、それ以上に、この小池徹平という少年は、前年是枝監督が作りだした柳楽君の「崩壊してもなお在る生身の憂鬱」でもなく、スクラップヘブンでオダギリジョーが見せた「具現化した鬱屈」でもない、もっと底知れず「得体の知れない闇」を抱えていました。ふと見かけた赤いかわいい風船の中に、静かにひたひたと、しかしぎっしりとコールタールがつめこまれていたかのような、強烈な破壊力。悪意とすら呼べない、もっと無邪気なほど直裁的に抱え込まされているこの人の「闇」は、本人ももてあまし気味に、「とりあえず赤い風船でくるんでみました」的な幼い放擲と共に差し出されてくるだけに、余計にどう見てあげたらいいのかわからないのでした。それは見なかったことにすれよかったのか、気づかなかったことにすればよかったのか。弱冠19才の少年を浅野忠信を呑み込むほどの「現実」として存在たらしめた、この少年の持つ「闇」が、本人ももてあますような深い「闇」が、本人のモノとなって開花するのは、きっとまだこれからのことなのでしょう。3年経った今も、まだ兆しも見えませんし、その後、ドラマやテレビで見せる「笑顔」にも闇など微塵もありません。見てしまった者からすれば痛々しいことこの上ない「笑顔」ですが、あれはまだ見なかったことにしといてほしい、とでもいいたげです。きっと役者と違い、アイドルやタレントの世界で生き残っていくのは大変なことなんでしょう。もしこの人が8年後、30才過ぎてもまだこういう仕事をしていたら、その時こそ是非また映画でお目にかかりたいものです・・・

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年11月 2日 (日)

レッドクリフ

公開初日1000円の日に見て参りましたw 公式はこちら

これほどに、見る人の素養によって楽しみ方の変わる映画も少ないかもしれませんw
ゲームから三国志に入った人、横山三国志から入った人、様々だと思いますが、たぶん自分が知っている「あのシーンが見たい」的なこだわりを持ってみると、肩すかしを食らったり突っ込みどころ満載の映画になると思います。かく言う私は、三国志のゲームもマンガも実はよく知らないので(汗)正直みなさんがどの辺りでがっかりするのかわからないんですが。
以下は、主に小川環樹訳「三国志演義」という文庫本でかの世界に親しみ、始めて中国アクション満載映画を見た特撮初心者の感想として、幾重にも割り引いて(笑)お読み下さい。

いったいあの長大な物語の、何がどんな風に映像化されるんだろう、とわくわくして見に行った私には、2時間はあっという間でした。史実や物語とは違う所は山のようにありましたが、それが逆に様々に感興を呼び起こし、監督の用意してくれた絵巻物の中で私は本当に楽しく遊ばせてもらいました。
見たとたんに張飛とわかる(笑)愛くるしくも勇猛果敢な顔v    耳は大きくないけどw慈愛に満ちた眼差しがほんとうに人の心をつかんではなさない劉備  ナマズ髭は正直イヤなんですけどw既にして心技体すべてが神格化されているw関羽  うっとりするほど食わせ者でw仁者の孔明。今まで文字から何千回となく頭の中に思い浮かべて来た人たちが実際に形をとって目の前に顕れると「そうそうコンナ奴なんだよっっ」とまるで昔からの知り合いにあったようにコーフンします(笑) いやもう、字で読めば1人で10人も20人も平気でなぎ倒すことになってはいますけど、実際に目で見てみるとこいつら人間じゃないですってww 見ながらもう、楽しくって嬉しくって仕方ありません。
それと、「演義」ではどっちかというとヒドい扱いの呉国にライトが当たっているのも嬉しいvv 私が14の歳からあこがれてやまない周瑜、なんと今回驚くことに主役ですっっ!!「既生瑜、何生亮」なんて情けないことは言いませんっ(笑)何たって演じるのは天下のトニー・レオンなんですからv  彼の登場シーンは例の「曲に誤りあれば周郎が振り向く」から作られた話だと思いますが、その姿にかぶせて美しい山川の景色が重ねられるあたり、蘇東坡の赤壁賦、「山川相繆うて、欝乎として蒼蒼たり。此れ孟徳の周郎に困しめられしに非ずや」を彷彿とさせます。同じく孔明が呉の国土を見渡すシーンでは、霞にけぶる田園風景が悠然と拡がり、杜牧の江南春「千里鴬啼いて緑紅に映ず」をそのまま絵に描いたような、映画ならではの美しさを堪能。そうして、美しさでも食わせ者度合いでも決して引けを取らないw孔明と、丁々発止とやりあうのです。琴は孔明が好きだったので周瑜が合わせたのでしょうね。楽曲がなんだかジャズセッションのようなノリで、もすこし優美な漢代のものを何となく想像していた私はビックリしましたが(笑)、孔明に音で様々に問いかけられるうちに、自分の放つ音の激しさに気づいて周瑜が驚く、その心の流れと調べがぴったり合っていて、あとのせりふの説明がいらないくらい、陶然としました。ほかにも随所で日本の音曲、韓国の音曲などが挟まれていて、監督はアジア文化という視点で撮っていると書いていましたが、中国が誇る一大叙事詩を切り取るのですから遠慮せず、もっと京劇の歌曲や俚歌などふんだんに使ってもよかったかなとちょっと思いましたね。
また、呉国で言えば孫権を単なるビビリの変人、ではなく(笑)とても丁寧に描いてくれたのもよかった。あの「ブエノスアイレス」から10年近い時を経てトニー・レオンと相まみえるチャンチェン、快演でした。人物描写としても、この人が最も深く掘り下げられていたかもしれません。それが呉と劉備達を対等な関係に押し上げる原動力となっていました。私は個人的には、演義の、孔明に振り回される周瑜という解釈より、この映画のようなきっちりとした同盟関係のほうが好きです。あれだけの策を弄するわけですから、やはりここはがっちりタッグを組んでくれていた方が説得力あります。

それと、この赤壁と時が離れるシーン(笑)もサービスで見せてくれたのも嬉しかった。関羽が捕虜だった時、曹操に厚く遇された話そのままに、戦場で方や熱く方やそっけなく(笑)言上を述べる2人。関羽の千里行他その前後のストーリーが自然とオーバーラップされて、その人物が幾重にも楽しめます。また周瑜が流れ矢に当たって没するのはもっとずっと後ですが、そこに趙雲が絡む事で、たぶん後半の肝となる部分がとても説得力を持ってくると思います。

映画最後まで見ると、後半の予告編が見られます。結果を知っていても、むしろ結果を知っているからこそ、つくづく後半の公開が楽しみで仕方ありませんw 

監督、これで味をしめて、
「星落つ秋風五丈原」とか、撮ってくれないかなぁぁぁぁぁぁ(願)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2010年5月 »