« トルパン | トップページ | レッドクリフ »

2008年10月20日 (月)

がんばればいいこともある

引き続きコンペ作品、仏題 "Aida toi et le ciel t'aidera" 見て参りました。
私が料理用語以外で知ってる、数少ないフランス語が題名(笑)
英語なら "Heaven helps those who help themselves "  
天は自ら助くる者を助く、であります。
TIFFの公式サイトはこちら

映画の後のティーチ・インも参加できましたので、それも含めての感想です。監督は「イブラヒムおじさんと・・・」を撮ったデュペイロンさんでお話是非聞いてみたかったですが、主演女優のフェリシテ・ウワシーさんが来場し、監督の代弁者となっていました。
この方はもう15本も映画に出演し、劇中人物と同じく中学生のお子さんも2人いる大ベテランさんだそうですが、もちろん私は初めてで、強烈な光を放ちつつ実に繊細に感情を映し出す大きな瞳に、ウーピー・ゴールドバーグのようなチカラを感じました。映画そのものがよくある仏映画と言うよりハリウッド映画に近いノリだったのでそのせいもあるかもしれません。監督もウワシーさんも、’70年代のイタリア映画が大好きなんだそうで、今回の登場人物もパリ郊外に暮らす一般的なブラックの人たちとはカナリ違う、とティーチ・インではっきり言っていましたから、そういう寓話的なモノを映し出したかったものかもしれません。私はそのあたりの事情に疎かったので、半分ドキュメンタリーのようなキモチで見ていて、彼の地の人たちの精神風土も最近徐々に変わりつつあるのかと思いましたが、そうではないようです。

天は自ら助くるものを助ける、「だから俺は何もしなくていい」と続くのが(笑)この映画に出てくるお母さん「以外」の人たちのコンセプトでありますvv
映画に出てくる人と似ているといって、ウワシーさんが紹介してくれた小話。
あるポーランド系ユダヤ人(河内のオッサン、ぐらいに思って下さいw)が「宝くじを当てて下さい」と何日も何日も神に祈り続ける。するとある日神様がため息つきながら男の前に顕れて「私にだって出来ることと出来ないことがある。頼むから一枚でいいから宝くじ買ってくれ」・・・
ま、そんな人たちですw 子供の逮捕、別の子供の妊娠、さらにもう1人思春期特有、では片づけられない少し病的に情緒不安定な子供、ダメ亭主、自分の恋、と問題は次々に降りかかりますが、「必ず解決方法はあるわよ」と呪文のように唱えながらおかーさんは1人で立ち向かっていきます。そしてその、まるで沸騰した鍋の中のような家族(笑)に、隣人のじいさんがレードルのように手を差しのべます。この「外側から温かく見守る目」が、その距離感が、私はとても好きでした。そして後半、今度はおじいさんという鍋の前でおかーさんが立ちつくすことになるのですが、そのストーブの熾き火であたためられてきたような鍋の、中身は、悲しさとあきらめとわびしさと情けなさが煮詰められて出来ているわりに、ずしりと重く、かすかに甘ささえ漂う、曰く言い難い人の一生そのもの、でした。この隣人のじいさんのエピソード、たしかに一筋縄ではいかないじいさんなんですがw ほんとに好きです。まだまだひよっこの私はこれから先、何度か折にふれて思い出すことになるんだろうと思いました。

生活に疲れたお母さん、はひょっとしたら更に疲れる事になるかもしれませんが(笑)いろんな世代の人が見て共感できること多いと思いますので、機会がありましたら是非どうぞ。

|

« トルパン | トップページ | レッドクリフ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103190/42848181

この記事へのトラックバック一覧です: がんばればいいこともある:

« トルパン | トップページ | レッドクリフ »