« 2008年6月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年7月

2008年7月14日 (月)

大野 晋先生

日本語の起源などの研究で知られる国語学者大野晋(おおの・すすむ)氏が14日午前4時、心不全のため都内の病院で死去した。88歳だった。東京都出身。葬儀は18日午前10時から、東京都台東区谷中7の14の8の天王寺で行われる。喪主は妻千恵子(ちえこ)さん。
  東京大文学部卒業後、学習院大文学部助教授などを経て、1960年から90年まで同大教授、退職後は同大名誉教授。国語審議会(現・文化審議会国語分科 会)委員も務めた。言葉を通し、日本とは何かという問題意識から、日本語の起源を探る研究を進め、タミル語との類似点を指摘し反響を呼んだ。
 99年に出版された「日本語練習帳」が100万部を超すベストセラーとなるなど、日本語ブームの火付け役の1人となった。ほかに「日本語の起源」「日本語の文法を考える」「一語の辞典 神」「日本語と私」、共編に「岩波古語辞典」など多数の著書がある。(了)
http://www.jiji.com/jc/c?g=obt_30&k=2008071400292

先月号の文藝春秋で、丸谷才一氏らと対談しておられるのを読み、あいかわらずお元気だなぁと感嘆しておりましたが。急なことで。ご冥福を心よりお祈り致します。

卒論も担当して頂き、教員になることも珍しく本当によろこんで下さいました。国語学者としての功績は偉大すぎて、私には触れることすら出来ませんが、不肖の弟子の末端を汚すものとして、今も先生の熱弁そのままに、生徒には「縮約」をこつこつと教えております。

その研究者としての業績の凄さ鋭さもさることながら、卒業後教壇に立ってから、教育者としてのそのお人柄を深く尊敬するようになりました。

だいたい大学の先生なんて、自分の研究がメインなのですから、本来は、ご自分の研究に関連する話を講義して頂いて終わり、です。大野先生も、私より上の世代の先輩方に聞くと、ちょうどその頃先生はあの有名な「上代語のアクセントの研究」の真っ最中で、つまり真っ最中ということで結論がまだ見つかっていないので「今日は話すことがないので終わり!」と休講(笑)あまりにも休講が続くのでみんなこぞって履修した人気講座だったとか。
しかしその後大野先生はいくつかの金字塔のような業績を立て続けに上げられ、生徒の方を向く余裕もお出来になり(笑)、鬼のように厳しい講義と演習でその名をとどろかせました・・・私の頃はそれでもかなり丸くなられたということでしたが、週の内たった一こま先生の講座なり演習なりを取ると、その予習復習で一週間すべて飛んでしまうのはホントウでしたよ(泣笑)。
で、その講座で。ある時私よりかなり上の先輩女子学生の話をして下さいました。先生は、その頃大学の必修講義で、何と「毎週」万葉集のテストをしていたんだそうです。私ならもうそのまま大学やめてますが(泣)、さらに驚くべき事にお一人、この鬼のような仕打ちにもめげず毎回100点を取り続けていた女子学生がいらしたのだそうです。それがある時、90点だった。ひとつ間違えた、んだそうです。翌日彼女は駆け落ち同然に出奔し、心中し果ててしまった。「ぼくはね、その時アレっ、と思ったんだよ。ずーっと100点だった彼女がね、ひとつ間違える。ヘンだ、何かある、と思った。思ったんだけれども、でもぼくは、それを、そのままにしておいてしまったんだなぁ・・・」私たちの講義の時の、大野先生の本当に悔しそうな、慚愧に堪えないといった表情をいまもありありと思い出します。
そんなこと、といっては亡くなった方に本当に失礼ですが、でも私は、他のあまたの学者と違い、今も日々新たな発見をしバリバリ論文を書き学問に情熱を燃やしている大学教授が、教育者としてもそこまで心を砕いているという事に強烈なショックを受けました。その業績もさることながら、大野先生という方を、心の底から尊敬した瞬間でした。

それからこれは、先生の講義を取ると必ず一度は聞かされる話。先生は、戦前砂糖問屋をしていた大店のおぼっちゃまでした。ですから戦時中でも割合に物資が手に入った。東大在学中大野先生が師事していたのは、現在学校教育文法の根幹を成す、あの橋本文法を打ち立てた橋本進吉博士でしたが、国語学なんてものは戦時下の国策上まったく需要がなく(確か生徒は大野先生だけだったような)、当然のように著書も売れず講演の依頼もない橋本博士は、大変に困窮し、日々食べるものにも事欠いておられたそうです。で、大野先生は、家で飼っていた鶏が卵を産むたび、橋本先生の家にもって行き、もはや大学に来ることもかなわなかった橋本先生の講義を受けていました。ところが。「その日、ニワトリが卵を産まなかったんだよ。ニワトリもえさが足りなかったのかもしれないね・・・卵を、産まなかった。それで僕は、なんとなく先生のところに行けなかった。いちど足が遠のくと行きづらくてね、卵に代わるものを何かもって・・・と思っているうちに、なんと先生は亡くなられてしまわれた。」栄養失調、だったんだそうです。決して大野先生の家のニワトリのせいではないと思いますが、それにしても。「あんな偉大な先生がだよ、君たち。栄養失調で亡くなられたんだよ・・・日本に二人といない大先生が。」学生はこの時点で、橋本先生の「上代特殊仮名遣い」という研究の話をどっさり聞かされていますから、その偉大さの片鱗も何とかわかりますが、それ以上に、江戸っ子の大野先生の激しく悔しがる様子が目に焼きついてはなれません。それこそ万葉仮名の88音の区別以上にしっかりと。

先生が新書版で出している一般向けの本は、あの鬼のような演習からは想像もつかないほど(笑)とてもわかりやすく面白く、そして人気があります。それは、大野先生が研究者としてはもちろん教育者としても熱心に取り組まれた成果なのだと思います。
ほんとうに厳しい先生でしたが、その偉大な業績の山の向こうにどうしても隠れてしまう先生自身のお人柄を、私は教員時代も範とし、励みにしていましたし、今も事あるごとに思い出します。

先生が天国で心安らかに下界を見渡すことが出来るよう

明日もがんばってこつこつと、国語、教えたいと思います・・・。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年9月 »