« SLEUTH | トップページ | IDEA 更新 »

2008年3月31日 (月)

MY BLUEBERRY NIGHTS

1024_2「マイ・ブルーベリーナイツ」見てきました。公式サイトは写真からどうぞ。王家衛監督に思いを抱く方、必見です。

私にとってこの映画は、良くも悪くも映画単体として鑑賞する対象ではありませんでした。王監督の行き着いた先、今彼は何を考えどんな風にアメリカ「と」過ごしているのか、を逐一私に語りかけられているような、まるで手紙を読むような気持ちで、ずっと映画を見ていました。

 感想は、監督、ほんとによかったですね、の一言につきます。
 監督は、自分がアジアの叙情と信じて疑わなかったものを、ようやく「人種のるつぼ」と言われるアメリカの中にも見つけたと見えます。もっとつっこんだ言い方をすれば、監督にとって「どこの国の人でもない人々」の中にもそれはあった。確実に、しかしようやく、それを見いだすことの出来た監督の、真の安らぎ、居心地良さが映画全編から伝わってきます。監督は、この国にもやっと居場所を見つけたのです。それはコスモポリタンとはほど遠く、映画の普遍性などとは更に無縁のことかもしれない。でもあれだけの作品群を私たちのために紡ぎ続けてくれたこの偉大な監督の、ようやくたどり着いた「着地点」として、私は心からの賛辞を送るとともに、見終わったあと、我が事のように安心し、安らぎを感じています。
 監督の居場所といえばもう一つ。監督がこの映画を通してずっと送り続けているメッセージは「人はわかりあえない」という事実です。監督の周りではきっと、同じような窮地・悲劇に立ち会った人たちは、同じ経験を持つ同士、慰め合い、癒しあっている事と思います。乱暴な言い方をすれば、彼らはキリストがそうしろ、と言うのでやっています(笑)。やめるわけにはいきません。まぁ同じ理由でアメリカの世界に対する「おせっかい」は続いているわけですが。閑話休題。
でも他人が何を感じているか、思っているかなんて、本当はわからないはず。監督はそのシーンになると「わからなさ」を、コマ送りのギクギクとした映像で表しています。私はこれが寓話的な示唆としてとても面白かったしわかりやすかった。例えば妻に去られた男を自分と重ね合わせわかった気になって安易に慰めていたら、相手も自分も「自分」を見失ってしまう。そしてそこで安易の方に流されないのは、勤勉でも、もちろん諦念でもなく、「違うだろッ」という、ツッコミにも似た、でも穏やかな(笑)条件反射。そういう映像の積み重ねが最後に「鏡」という言葉に収斂され、すとんとおさまる。その最後に至るまでの「伝え方」が、今までの王監督に比べて何倍も丁寧でフォローもちゃんとたくさんなされていて、わかりやすかった。監督はついに「人に自分を伝える方法」を手にしたんだなぁと思って、そこでも私は感慨深いものがありました。

私は映画を見ながら、監督が「これ」を見いだすよすがとなったものは、ジャズなんだろうと思っていました。でも監督が橋として恃んだのは、やはり「夢二のテーマ」でした。監督ファンの方の間では、もう「溶解・融合」を表す独立したテーマとなっているものでしょう。私はこれ聴くとどうしても沢田研二を思い出してしまいます(笑)。そして、鈴木監督のメタファを乗り越えられないというそしりに敢えて甘んじてなお、このテーマを恃む監督の、心の内を思います。日本に生まれ淡々と外国文化に親しみ続けた歴史の上に、悩みもせず、まるで息をするように他国の文化をあっさり「取り込む」私たちに、監督の心中がわかってたまるかと、私自身思います。

よかったですね、監督。ほんとうに。


蛇足ながら。ジュード・ロウが出てくる映画を続けて見たわけですが(笑)。ジュードファンの方にはこちらをお薦めします。「スルース」より、すこし老けて見えるかもしれませんがw ファンとしての夢を見させてくれるのは、たぶんこちらですv

 

 
 

|

« SLEUTH | トップページ | IDEA 更新 »

コメント

お久しぶりにトラコメします。

>監督はついに「人に自分を伝える方法」を手にしたんだ

おお、なるほどー。
今回は脚本があったからわかりやすいお話だったというばかりじゃなく、監督が行き着いたということでもあったのですね。

私もスルースも観まして、あちらのジュードの存在感にも心つかまれましたが、女子的にはやはりこちらのSweetなジュードにとろけますー。

投稿: かえる | 2008年4月 9日 (水) 00時45分

こちらこそ、ホントにご無沙汰しております。
トラコメ(ラブコメみたいでかわいいですね・笑)有難うございました。

おぉ、今回は脚本があったのですか!(コラコラ)
アジア、に逃げることもせず、撮る対象とも観客とも真面目に正面から向き合ってくれて、よかったなぁと思いましたが
拠って立つところがあったのですね。
以前の、破れかぶれのシャイな監督も好きですが(笑)。

後ほどご無沙汰のおわびに伺いますv有難うございました~★

投稿: contessa | 2008年4月 9日 (水) 05時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103190/40700341

この記事へのトラックバック一覧です: MY BLUEBERRY NIGHTS:

» 『マイ・ブルーベリー・ナイツ』 [かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY ]
ウォン・カーウァイな夜にとろける。 1日目、ニューヨーク州コニー・アイランド。 57日目、1,120マイル、メンフィス。 251日目、5,603マイル、ラスベガス。ウォン・カーウァイがシンガーのノラ・ジョーンズを主演にアメリカで英語劇を撮るなんて、どんなものができあがるのかと思いきや、いつもの王家衛印のスウィートなラブ・ストーリー。レイトショーで観たのだけど、こんなにも感傷の夜に浸って見るのにふさわしい映画はないと思った。しっとり甘酸っぱいブルーベリーな夜に包まれるー。 アメリカで映... [続きを読む]

受信: 2008年4月 9日 (水) 00時38分

« SLEUTH | トップページ | IDEA 更新 »