« 最近のPC事情(笑) | トップページ | 怒濤の1年 »

2007年8月 9日 (木)

魔笛

T0005320 昨日、たった半日しかない休みをおして(笑)出かけました。公式へは写真からどうぞ。

 もともと私はこの原作のオペラがとても好きで、「魔笛」を下敷きにしたものならオペラ・映画は言うに及ばず、現代劇・バレエに至るまで、たぶんほとんど全部見ています。アノ実相寺監督が総演出監督をなさった、ウルトラ怪獣総出演のvv「魔笛」ももちろん見て、感動しましたよ(笑)。何で毎回顔をつっこむかというと、その理由の1つに、このオペラの元々の脚本が、ムズカシイというか、解釈が様々に分かれるというか、平たく言うと「なっちゃないのでどうにでもできるシロモノ」だからというのがあります。この無茶な話につけられたモーツァルトの曲は本当に他の作品と並べても群を抜いて美しい。だからこの原曲に立ち会った人たちはまず「あの曲をプレイしてみたい」と思うわけですが、その熱望が先に立ち、いざそれを板の上にのせる段になって、台本の荒唐無稽さに悶絶し、塗炭のクルシミを味わうわけです(笑)。ぶっちゃけ、その「悶絶の成果」を意地悪く眺めて楽しむのが、古今東西「魔笛」の正しい鑑賞法なわけですからvv(そうなのか?) そしてこの映画は、これが「魔笛」初体験の方にとっては、「どんだけお馬鹿な話なんだっ」突っ込みどころ満載!!となるとは思いますが、私に言わせると、非常に良くできているほうです(大爆笑)。今まで「目をつぶっていた所」にも新たな説が(笑)加えられ、目から鱗の連続、本当に面白かったですよ。

 以下ネタばれです・・・っていうか、「魔笛」はよく知っているけどこの映画はまだ、という方に向けてミドコロを解説(笑)。まずペトロヴァは最高、でした。どの歌曲でも、コンサートレベルの素晴らしいコロラトゥーラが堪能できます。「来るぞ、来るぞ!」と身構えて待ちかまえていれば壮大なカタルシスが味わえますv 画面にはちゃちな解釈が現れますが、そんなモノを見事に吹き飛ばす素晴らしい出来。彼女だけはよい意味でこの映画全体を逸脱してしまっていました。反対にパーペは、映画世界の成立を目指すあまり、本領を発揮できていませんでした。たぶん尺の都合なんでしょうが、テンポが、早いんですよ。だからザラストロの重厚長大さ、たっぷりとした大きさ、おおらかさというものが中途半端に終わっている。もっとじっくり楽しみたいのに・・・でも映画的にはそこで長尺になると観客が飽きるでしょうかね。毎回観客の寝どころとなる(こらこら)、弁士と王子のレチタティーボのようなやりとりを、音域が同じとはいえザラストロに変えたのも、キャラの魅力を半減させたかもしれません。ほかに上手かったのは3人の魔女。歌唱力もさることながら、けっしておばちゃんぽくなく(笑)キュートで愛らしくて、なんだかとっても美人の森三中、みたいでよかったですvvそれからパパゲーノ夫妻。映画の中では扱いが軽いですが、その演出にもめげず(笑)この2人の歌は本当に素晴らしかった。彼らの歌を聴いていると、モーツァルトが教会にもフリーメーソンにもない真の幸せの理想像を、このパパゲーノの内に求めた、という巷説が自然と思い出されてきて、じんわり感動します。
 演出上、面白かったのは、かなり誠実に曲を追っているところ。聞いているとこっちは次のフレーズが頭に浮かびますから「え、今こんな画面にしてて、あと8小節したらどうするんだろう・・・」とシンパイ しますが、大丈夫、そこへくれば急転直下チャンとそういう絵に切り替わります(大爆笑)。特に起伏の多いOvertuneの流し方は見事としか言いようがありません。悶絶の跡が楽しめますよvv
 それから、今まで単に聴き所、でしかなかった王子や王女のアリアに、新しく意味を持たせた解釈と映像。絵姿の王女に一目惚れする王子のアリアはテノール屈指の名曲ですから、たいていここへ来れば芝居は度外視して曲に聞き惚れますが、でもよく考えたら、そんな馬鹿な話もないんですよね(汗)。映画ではその美しいんだけどある意味「お花畑」な王子の脳内映像を華麗に展開することで、後の修行に対して深い意味づけをします。さらに、ただ「欲しい」だけでガンバル王子と違い、王女の方は彼について行くに当たり実に様々なモノを「切り捨てる」わけです。いろんな犠牲を払う。その命がけの決別の末に彼女が見る映像、それが、最初の「お花畑」舞踏会シーン、なんですよ。彼女のおかげでお花畑は現実となる。王子の無茶とも思える推進力と、王女の捨て身の理想主義が、お花畑をホンモノにする。それが、この2つのアリアにかぶせられた映像によって、強く訴えかけられているのです。最後に2人でフリーメーソン的試練に立ち向かうシーンも、この解釈のおかげで、とても意味のある、深いモノになりました。主題的には「もののけ姫」を始め、今や様々な作品で語りつくされている感がありますが、それをアノ「魔笛」から取り出して見せた、というのがケネス・ブラナーの面目躍如、といったところでしょうか。

「魔笛」に加えられたもう一つの新しい解釈として、この映画は必見だと思います。そしてこれを見て、皆さんがオペラという「壮大なお馬鹿」を心の底から楽しんで下さるようになれば(笑)、とこれは切に願う次第です。


|

« 最近のPC事情(笑) | トップページ | 怒濤の1年 »

コメント

こんにちはー。
同じ日に鑑賞したのかしらと嬉しいです。
観る前に、contessaさんのモーツァルトの魔笛に対する思い入れを知り得たことは本当に私にとってはよかったです。ありがたみを大いに感じつつ、楽しむことができましたー。多謝。
そして、こちらのレヴューも大変興味深いですー。魔笛はそんなにたくさん現代劇やバレエやらにもなっているんですね。ベルイマンの映画のことも最近知った私ですが。
夜の女王のアリアはホントに素晴らしかったですー。私にとっては、ザラストロも充分によかったですが、なるほど不足感があったのですねぇ。
それでも、1000円で聴けるなんてシアワセ。
ケネス・ブラナーのミュージカルはビミョウに退屈だった印象もあったのだけど、今回のは弾けまくっていてその演出に嬉しくなりました。

投稿: かえる | 2007年8月10日 (金) 15時02分

こんばんは~
本当にご無沙汰しておりましたv
TB&コメント、有り難うございます。

>今回のは弾けまくっていてその演出に嬉しくなりました。
そうてすね。私も、古典に造詣の深いブラナーの事、もっと古式ゆかしい、それこそベルイマンの撮ったもののような、バリバリ正統派を創るかと思いましたが
真の意味でタダシク(笑)魔笛の伝統を受け継いでくれてましたよね。拍手喝采でした。
何よりも、作曲したモーツァルト自身が、これ見て冥界でお腹を抱えて笑ってそうじゃないですかvvパパゲーノの妄想とか(笑)本当にキャラをつかみきっていました。さすがです。

私も水曜に、テアトルタイムズスクエアで見てましたvv 周りがクラシックオールドファンばかりで、このハジケっぷりがなかなかに不評でちとさみしかった・・・いや、楽しんだモノ勝ちですって、魔笛は!!!!

投稿: contessa | 2007年8月10日 (金) 23時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103190/15709659

この記事へのトラックバック一覧です: 魔笛:

» 映画「魔笛」 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
原題:The Magic Flute 夜の女王が闇に葬られたら王女たるその娘は跡を継いで夜に君臨する・・!? オペラな歌曲達がファンタジーな戦場と迷宮にハイテンションに持続する・・!? 幾重にも掘り巡らされた塹壕、可憐に控えめながら咲き乱れる野花、そして幻想的にひらひらと... [続きを読む]

受信: 2007年8月10日 (金) 00時13分

» 『魔笛』 [かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY ]
気軽にオペラ体験。芸術が娯楽になるってステキ。 第一次世界大戦下、若い兵士タミーノの前に現れた夜の女王は、さらわれた娘パミーナの救出を依頼し、彼に魔法の笛を託す。-モーツァルト作曲のオペラの代表的な人気作「魔笛」の翻案映画化。- 映画の料金でオペラ鑑賞ができるって嬉しいじゃない。 日本では芸術に親しむのもやたらに金がかかるんだよねー。ツウな人たちは、日本のバカ高い来日公演のチケット取るよりは、ヨーロッパに行っちゃった方がいいわよ、なーんてことまでおっしゃるほど。でも、さすがにそれ目的で... [続きを読む]

受信: 2007年8月10日 (金) 14時50分

» 『魔笛』 [千の天使がバスケットボールする]
最近は、俳優というよりもシェークスピアものの映画監督として活躍の英国のケネス・ブラナーが、毎日モーツァルトを聴きながら3年半という歳月をかけて映画製作に挑んだのが、なんとモーツァルトの最高傑作といわれる『魔笛』!!私だって、日本公開を1年も待っていたのだけれど。 その待望の映画を鑑賞していた139分間、心が躍る序曲から最後のクレジットが流れるまで、一秒の空白もなく音楽と映像の宇宙に、画像にあるパパゲーナのように跳んでいた。 才能溢れる役者兼俳優は、舞台を古代エジプトから第一次世界大戦前夜のヨーロ... [続きを読む]

受信: 2007年8月11日 (土) 17時54分

» 魔笛★★★劇場106本目:気持ちよく眠れました〜^^; [kaoritalyたる所以]
今日はおばあちゃんが亡くなって35日で法要、おじいちゃんの7回忌でもあり、朝から大きなお寺に出かけてお参りし、遅いお昼ご飯をみんなで食べて解散し、映画を見てきました。モーツァルトが生涯の最後に完成させたオペラである、『魔笛』をイギリスの演技派俳優ケネス...... [続きを読む]

受信: 2007年8月11日 (土) 23時22分

» オペラを題材とした映画「魔笛」を観てきました。 [よしなしごと]
 もう終わりが近づいていたので、急いで魔笛を観てきました。 [続きを読む]

受信: 2007年8月28日 (火) 20時31分

» 魔笛 [☆彡映画鑑賞日記☆彡]
 『奇跡の音色が世界に愛を咲かす』  コチラの「魔笛」は、7/14公開になったモーツァルトの最後にして最高のオペラを、シェイクスピア役者でありシェイクスピア劇の映画化には定評のあるケネス・ブラナー監督が映画化したオペラ映画なのですが、観て来ちゃいましたぁ〜....... [続きを読む]

受信: 2007年8月29日 (水) 23時34分

« 最近のPC事情(笑) | トップページ | 怒濤の1年 »