« 2006年12月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月

2007年3月25日 (日)

「蟲師」

 公開初日に見て参りました。公開前から次回作上映予定が後ろに入っているわ、街のチケット屋では通常チケットが880円で売られているわで、たいへんビビりながら(笑)出かけたのですが、私はとても好きな映画でした。薦める相手を選びますが(汗)良ければ是非どうぞ。

 原作が好きな方は、「自然との共生」といった美辞麗句に惑わされない、ぬきさしならないぎりぎりのところでの闘い、「諦観」とでもいうべきあの独特の世界観が、映画ではあまり描き切れていないところに不満を持つかも知れません。しかしその背骨となるべき本来の「自然の力」を、こういう形で見せられ鉛のように呑み込まされて初めて、あの原作は本当に理解できるものなのかも知れません。少なくともこの種の原体験が少ない私にとっては、非常に示唆に富んだ映画でした。外国での評価が「背景の美しさ」に集中したのもわかる気がします。
 それから、私などが言うのは本当におこがましいのですが、大友監督以下技術スタッフの総力を文字通り結集した職人技を堪能できます。スターウォーズⅣを撮るにあたり、革新的なCG処理技術が(必要に迫られて)いくつも編み出され、今ではそれがソフトウェアとなり、それ無くしてはCGが作れないほどになっていますが、たぶんそれと同じ事が、この映画にも起きています。日本のアニメーションが全く他の追随を許さないあの「空気を感じさせる動き」が見事にCGとなり、蟲たちの実に美しい動きとなって現われます。誰かさんは「現代技術の・・・一番凄い・・・最先端?」とあっさり片づけてくれていましたが(笑)、アメリカ映画のCGに食傷気味の方にこそ是非見て頂きたい、繊細な美しさです。

 問題は、およそ虫が嫌いな人にとっては全編の2/3は見るに堪えない、という所なんですね~私は虫が嫌いな方ですが充分堪能できたので、人それぞれかと思いますが。スプラッタやホラーが大丈夫な人でも、この種のものが生理的にダメな人は絶対ダメでしょう。予告や原作をよく見てから劇場に足をお運び下さい。大森氏の芝居は目を見張るような出色の出来、オダギリ氏は、特に後半口もきけない状態になっている時に色気炸裂、通常の三倍増です(当社比)。「ゆれる」前半と同じ、いわゆるサービスショットとオモワレますので(笑)行ける方は絶対にお見逃しなく・・・

| | コメント (8) | トラックバック (0)

「東京タワー」

いつもお世話になっていますYukoさんにお誘い頂いて、試写会に参加させて頂きました。試写会の後には監督のティーチ・インがあり、そのお話も面白かったです。

 先に監督への質問の話からすると、内田也哉子さんと勝地涼さんをそれぞれ起用した理由を問うもの、岩松了さん「声の出演」の謎(笑)、寺島進さんの演じた男の意味合い、松尾スズキさん脚本について、あとは雑誌にも出ているオダギリ氏起用のエピソードご披露などがありました。岩松さんは実は「葬式の最中に電話で原稿を催促して来た男」だったのだそうです。声が若くて失礼ながら全くわかりませんでしたよ(笑)。

 で、私の感想も、実は観客からこういう質問が出るのは仕方ないかな、というのが正直なところであります。たいへんに詩情豊かな監督で、監督ご自身が原作をお読みになって感動したシーンはここだったのだな、ということが手に取るようにわかるほどに、大切なシーンの1つ1つがとても美しく深く描かれています。ただし映画は時間の制約があり、原作のすべてを映像化する事が出来ない以上、どこをその大切なシーンとするかについては異論はつきものです。そしてすべての男はマザコンだそうですから、それでいくとこの映画の大ヒットは間違いないのでしょう(笑)。しかし演技者はともかく、監督と脚本までもが自らの感情に埋没しそれに酔ってしまうと、観客が放擲され映画が映像の羅列になってしまうのは自明の理です。山場ばかりで裾野がない、といえばもっとわかりやすいでしょうか。とりあえず御覧になる方は絶対に原作もテレビドラマもきちんと見ておきましょう。4番目に書いた質問は、決してこの人がぼんやりしていたからではありません。原作の印象的なシーンが次々と鮮やかに立ち上げられていきますが、それがまるで絵本か写真集を眺めているかのようなのです。そこへ至った過程やその時の人の気持ちの裏に流れていたものなどはむしろ邪魔ものです。ですから母を恋うる男の甘い感傷を共有することこそがこの映画の醍醐味なのであり、たぶんその他の要素は気にする方が間違っているのでしょう。それが映画と呼べるかどうかはともかくとして。
 それから松尾脚本は細かい笑いを地道に積み上げていく作業を要求しますが、あの、難波花月の間(ま)で東京の乾いた地口を潤すという独特の笑いは、やっぱり余人には理解の及ばぬ希有の才能であることを再確認しました。親亀の上に何十匹子亀孫亀を乗せても「親亀コケたら皆コケた」・・・キビしいもんです。その笑いの意図がハズされてしまったせいで、ただ重く深刻で見ているのがつらいだけの、逆の意味でウスい映画になってしまったのも、本当に惜しいと思いました。

 写真集で思い出しましたが、リリーさんの大学生時代を演じるオダギリ氏が、まるで春彦の再来かと思うほど、惜しげもなく色気大放出で必見です(笑)。髪型が似てるというのもあるのですが、この人生最底辺のグダグダの生活の中に「素」の自分が共鳴するらしく(ええーっ)、実に無防備で構えていないところが本当に素敵でした。原作読んでいるとここであまりにもリリーさんがダメダメなのでお母さんが可哀想になってくるのですが、オダギリ氏はたぶんこういう時今までもさらっと愛嬌で流して来たのでしょう。それが演技の裏ににじみ出ていて、なぜか憎めません(笑)。そして実はここで見せつけられる、この母子関係独特の生々しさ、関係としての未成熟さが、あとの深刻なシーンの連続を裏からしっかりと支える力となってます。
 それから、松尾脚本を介して松尾さんとオダギリ氏はカタくカタくムスばれているのがよくよくわかりますよ~(大爆笑)。公開時期が、同じく新しい笑いを追求してやまない「時効警察」と重なるので、是非多めにvvお楽しみ下さい・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「蟲師」舞台挨拶・新宿

 3/24(土)に新宿ミラノ座で行われた「蟲師」初日舞台挨拶の内、報道が入らなかった第2回目のご挨拶のオダギリ氏の分だけとりあえず抜粋してお届けします。話題の子役さんとのやりとりとか(笑)、もしプレスに載らないものでご希望があればここに載せますのでお知らせ下さい。

○おはようございます。オダギリです。えー・・・初日っていうものを今ちょっと考えてみたら・・・・・、あの、だらっとするんですね(笑)・・・だらっとって言うか、失敗することが多いと思うんですが・・・初日は・・・と思っているんですけど(笑) でまあ、舞台とは違って映画はそういうことはないんで、好きな作品を初日に見る、っていうことが凄く、なんか記念日的なことになれるよなぁっていう、まあ、そんなふうに思いました・・・こんにちは(笑)。

○(ギンコを演じるにあたって注意したことを聞かれて)
オ:・・・注意した点、っていうのは・・・(天を仰ぐ・笑)・・・・う~~~~ん・・・(場内笑)・・・ない、ですね。早い話(笑)
監:僕も注意してませんね(笑)(監督にフォローさせてどーするオダギリっ)
オ:あの、まあ・・・髪型・・・がほとんど顔を隠しているんで、どのくらいの、その、バランスで芝居をするべきなのかということを注意してやりましたけれどね。普通の状態よりも見えないわけですから・・・情報量の多さと・・・表現としての多さ、みたいなもののバランスを考え・・・ましたね。

○(監督の印象を聞かれて)
大友監督はすごく・・・面白い監督で、普段一緒に話をしてて。とっても面白い。さっきも話をしてて、あの、これからぼくと大森さんは、このまま大阪に飛ばされるんですけれども(笑)監督は行かない・・・んですよ(笑)。それは何でなんだ、という話をしてたら、「夕方に新聞配達があるから」っていうんですよ(場内大爆笑)。そういう事を、あの、ちゃんと返してくれる、ユーモアのセンスを持った方で。本当に、あの、何回か一緒に呑ませて頂いたりとか、あの、現場はもちろん一緒に、話をすることが凄く面白い監督です。

○(最後に一言と言われ、大森さんの「大勢の方が見に来て下されば、僕のギャラ、っていうか(笑)評価が上がる」という話をうけて)
・・・そういう生々しい話の後では(笑)いい言葉は出ないと思うんですけれど・・・まあ、これから大阪に行って、舞台挨拶をしたり、いろいろ、「蟲師」を広める活動を(笑)やってきます。えー、まぁ、そこも含めて仕事、っていうことだと思うので(笑)、あの(監督の方をちら見。監督苦笑)お客さんが増えるように、いろんな所で広めていかなければいけないらしいです、ホントに。でもまあ、頑張ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月24日 (土)

春の遠足v

070321_105934 070321_105558_1 070321_105326_1 070321_105456_1070321_112130_1 070321_112503 070321_142641_1

先日の3/21、お人形友達の皆様にお誘い頂いて、千葉の富浦で苺狩りと花摘みを楽しんできました。

何ヶ月ぶりかで自宅と出先以外の「外」へ出ました(笑)。天気のいい日で、海風を胸一杯すいこんで、本当に心洗われる思いがしました・・・この日は他の皆様もお人形連れで、浦島太郎の私には文字通り眼福、でしたが、何しろ写真も久しぶりなので(汗)正直全滅、でした・・・残念至極です。

皆さんにお分け頂いた切り花は、翌日にはもうこんなに咲いていまして、知り合いのお見舞いに持参したいへん喜ばれました・・・有難うございました。
070322_132947070322_132503

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年4月 »