« アンノウン | トップページ | 「転々」ロケ・ラスト »

2006年12月11日 (月)

「転々」ロケ@門前仲町

 その名の通り各地を転々としている「転々」ロケも終盤に近づいてきました。今回は日曜日の門前仲町ロケにエキストラとして出演なさった堕美庵さんのロケレポートです。大変詳細なレポートです。堕美庵さん、本当に有難うございましたm(_ _)m

 「朝8時頃、門前仲町を出て歩くこと数歩。 永代通りに面した、角の黄色いビニールシート屋根の「○○ちゃんラーメン」に長~い行列にて並ぶお客さん役エ キストラに参加致しました。 此処ではワン・シーンのみ。 設定は平日昼休み。 「○○ちゃんラーメン」からではなく、隣か、別の飲食店から昼食終 えて帰る、岩松了さん、ふせえりさん、松重豊さん(おそらく職場の同僚?)が移動。 このお3人さんが「○○ちゃんラーメン」大行列の脇を歩きながら、戻るシーンを撮影。 助監督さんからは「エキストラさんの方に向かって役者さん達が歩いて行きますが、皆さんは役者さ んを見ないで、早く列が進まないかなぁ~と、ラーメン屋さんの出入り口を気にして見ていて下さい 。で、列が進んだら自然に詰めると…」 そりゃそうだ(納得)。 しかし、お3人さんが真っ直ぐ歩いて来た道を左折し、行列を横切るタイミングと、その周辺エキス トラが列を詰めるタイミングに「異常な迄に(笑)妥協を許さぬ」三木聡監督の元、20回弱のテスト が繰り返されました(「花やしき」でのジェット・コースター・シーンが蘇る) 役者さんもエキストラも同じ道を行ったり来たり。 お陰でテストや本番では勿論無理ですが、スタンバイする迄の過程で、何回もお3人さんの事は確認 (ああ…これがオダギリさんだったら・笑)。

 しかし、やはり何と言っても1番目立つのは、いつもの事ながら三木監督なんですねぇ(笑) この日は特に黄緑色と言うより鮮やかな「芋虫色」(笑)のよりによって「スカジャン」!しかも良 く見ると迷彩柄になっていて、そこにドラゴンの刺繍やら、訳の解らぬ絵柄や漢字の刺繍が施され、 一体こーゆー服をいつ、何処で手に入れるのか解りません。 「普通の人」はもう絶対、手にも取りません(キッパリ!) ある意味凄い「悪趣味」なのですが、それに全然負けてない、いや完全に着こなしている監督は見 事です。 さすがのオダギリさんもここ迄の域には到達していないでしょう( というか到達しなくて全然いいですっ!笑) 「新宿」での「赤」といい、今回の「芋虫迷彩」といい、どんなに離れていても監督だけは見つけら れますよ。えりネエ様の趣味なのでしょうか? 凄いカップルだっ!

 続いて役者さん3人の衣裳&more…
 ★松重さん⇒少しグレーがかった白いフリースの前ジッバーを、首元迄上げ…ボトムス?思い出せま せん(笑)しかしあの岩の如きゴツゴツ顔と眼光の鋭さ迫力満点&デカッ(他の2人が小さかっただ けかも・笑)
 ★岩松さん⇒まんまでした(笑)いやいや、え~っと確か(テキトー・笑)有りがちなワイシャツに 、白のウールのVネック・カーディガン。 ボトムスはフラノ地のダーク・グレー・パンツ(おそらく、いや勿論ツー・タックに違いない・笑)
 ★ふせさん⇒まんまです(笑)どうしてこうも女優さんは、皆さん小さくて華奢なのでしょうか? しかし「一筋繩ではいっかないよ~ん♪オーラ」炸裂!(笑) ヘアはベリー・ショート(勝手にしやがれのジーン・セバーグ風)トップスはシャツ・カラーのブラ ウスの上に白い薄めのVネック・カーディガン(縦ストライプの地模様有) ボトムスはダーク・ブラウンのベロアの膝丈スカート。 黒のスパッツ(しかしおみ足細い為、ももひき状態・笑) 最高なのがライト・ブルーにデカイ黒の水玉模様の『5本指ソックス』!(笑・出ったあ~!←あれ 凄く気持ちいいんですよねぇ。←愛用者。でも80年代にはゼッタイ有りませんでしたっ!) しかもそれにショッキング・ピンクのつっかけ(笑)まさにネエ様テイスト。 いや「三木夫妻」テイスト(爆笑)

で、お3人が交わされた台詞は以下の通り。聞き取れた範囲ですが。

 岩松:(婦女子が最も嫌がるおじさんの「爪楊枝シーハー」しながら)「こういう寂れた所に、隠れ た名店(○○ちゃんラーメンの事)ってのがあんだよお~」
 松重:「そんなに旨かったんすかっ!?」
 ふせ:(強い口調で)「違うのお~!あの店、ババアが一人でやってるもんだからあ、出てくんの遅 いのなんの!…」

因みにふせさんの台詞、最初は「バアチャン」→「バアサン」→「ババア」へと変化して参りました (爆!)

三木監督・熊本課長・又来婦警とくればもう~泣く子も黙る~(笑)迷作 シリーズ『時効警察』!! で、そこに松重さんが加わったとなると「そこそこラーメン」が被るところの『亀は以外と速く泳ぐ 』のスパイ・トリオ…思い出されますねぇ。 相変わらず身内で楽しんでますねぇ(笑) ところでこの映画、一体何処行くんでしょうか?」


・・・ほんとにどこへ行くんでしょうね(笑) 時効警察2を心待ちにしている身としては、その4人が並んでいるだけでも嬉しいですけど・・・身内でも(笑)
堕美庵さんは私と違って服装にお詳しいので、衣装チェックも細かく、お3方の様子が本当に目に浮かぶようですvv残念ながら監督の芋虫ジャンパーは映像には出てこないと思いますが(そう信じてはいますが・笑)、時効の面々が現れたら是非、この堕美庵さんのレポを思い出して堪能して下さいませvv

堕美庵さん、詳しいレポを本当に有難うございました~vv


|

« アンノウン | トップページ | 「転々」ロケ・ラスト »

コメント

contessaさん

いつも拝見させていただいています。
色々なレポや、映画のお話、読み応えがあって
楽しく読ませていただいています。
どうもありがとうございます。。
「転々」がどのような映画になるのか、
とても楽しみです。。


堕美庵さん

詳細なエキストラレポ、楽しく拝見しました。
ふせさん達のお姿が、目に浮かぶような
詳しい描写をありがとうございます。
ロケ現場の様子を知ることができて、
嬉しかったです。。

投稿: みるくてぃー | 2006年12月12日 (火) 23時12分

みるくてぃーさん

こんばんは、初めまして。コメント有難うございました。いつも読んでいて下さっているなんて本当に嬉しいです。有難うございます。最近ちょっと忙しくしていて申し訳ありません・・・
「転々」は、原作は結構シリアスですが、今回そこにかなり三木監督風味が(笑)加味されているようです。ただ、それだけに、ラストシーンではきっとジワッとキてしまうのではないかと。あと地元なので、個人的に知っている場所がたくさん映りこんでいるのも楽しみだったりしますv

またお気が向かれましたら是非お立ち寄り下さい。本日は有難うございました。

投稿: contessa | 2006年12月12日 (火) 23時38分

みるくてぃーさん今晩は。はじめまして。contessaさんのご好意で、稚拙なレポを載せて頂いております堕美庵です。みるくてぃーさんがファースト・コンタクトして下さいましたぁ~!感激ですっ!本当に有難うございます。ワン・シーンのみの撮影でしたが、「三木組」の心意気が伝わる現場でした。またその空気の中に存在させて頂けた事に心から、感謝致します。「三木組・映画創り」の現場はピリッと緊張感漂う、職人気質な空間でした。例え監督が「芋虫迷彩」でも(笑)

投稿: 堕美庵 | 2006年12月13日 (水) 00時31分

contessaさん、堕美庵さん、みるくてぃーさん、こんにちは。こちらに書き込むのは初めてです。紫音というHNにしてみました。イニシャルGでございます。誰だかわかりますか??(ニヤリ)

最近はお世話になりっぱなしで本当にありがとうございます。堕美庵さんのレポ、現場の様子が手に取るようにわかり、お腹が痛くなるぐらい笑わせていただきました。「芋虫色」はこの年末にきて私の中での流行語大賞です(笑)。

新宿でも、人ごみの中たとえオダギリさんを一瞬見失おうとも、監督のあの色彩豊かなお姿でどこにいるのか瞬時に再発見可能でしたね。俳優さんよりも目立つその存在感には脱帽ものです。
私たちが幸運にも参加させていただいた1シーンの数々がどのように繋がって映画として完成するのかとても楽しみです。
では、これからもよろしくお願いします。

投稿: 紫音 | 2006年12月13日 (水) 10時12分

紫音さま

こんにちは、こちらで初めましてv
コメント本当に有難うございます~ええもう、共に夜を明かした仲ですもの、もちろんわかりますともっっ(殴)
>幸運にも参加させていただいた1シーン
おかげさまで映画を見る楽しみが増えましたv紫音さま三木監督映画初出演の記念すべき1シーン、見逃すわけには参りません。

今年は本当にあちこちで(^_^;)お世話になりました。有難うございました。来年もまた「体力勝負」の年になりそうですが、メゲずに頑張りましょうねっっ こちらこそ、どうぞ宜しくお願い致します。

投稿: contessa | 2006年12月13日 (水) 10時34分


contessaさん


初めて書き込みさせていただきます。
先日の「花やしき」ロケの時には、大変お世話になり、
どうもありがとうございました。
「浅草」レポもとても興味深く読ませていただきました。
あの日のオダギリさん、三浦さんの髪型や衣装にはとてもびっくり
しましたが、「花やしき」での記憶が蘇ってきました。
まだ先の事になりますが、映画の完成が待ち遠しいです。

堕美庵さん


「門前仲町」レポ、とても楽しく読ませていただきました~
どうもありがとうございました。
役者さん3人の様子も大変詳しく載せていただき、まるで自分もその場に参加させていただいたような
気持ちになりました。
三木監督の作品に対する真剣さもよく伝わってきました。
どんな映画が完成するのか、ますます楽しみになってきました。

投稿: poko | 2006年12月13日 (水) 12時40分

pocoさん

こんにちは、こちらで初めましてv
お訪ね下さって本当に有難うございます。なんだか今日は千客万来ですv
主演2人は、たぶん映画の画面で、どこにいてもきっと見つけられる自信がありますよ(笑)他のロケにいらした方のお話ですと、原作にはいない方が登場していたり、いろいろ変更もあるようですが、それも含めて(もちろん自分が写っているのかどうかも含めて・笑)楽しみです。

今日はコメント有難うございました。またお暇の折にでも是非覗きにいらして下さいませvv

投稿: contessa | 2006年12月13日 (水) 12時57分

紫音さんこんにちは。Gでも解りましたが(ニヤリ)で確信しました(笑)こちらこそいつもお世話様です。コメントまで頂いて恐縮です。新宿での「赤」。門前仲町での「芋虫色」(笑い)三木監督の「姿」を失うまい!とする「三木組」さん達の皆さんは、監督がこの映画に「求めている物」を見失うまい!と、懸命にお仕事をされていたのでしょうね。頭が下がります。しかし「芋虫色」がそれほど受けるとは。いや決して受けネライではありません。真実の描写のつもりですが…紫音さんからの「流行語大賞」喜んでお受け致します(笑)

投稿: 堕美庵 | 2006年12月13日 (水) 13時16分

pokoさんこんにちは~。コメント頂き、本当に有難うございます。>まるで自分もその場に……最高のお褒めの言葉と受け取らせて頂きました。嬉しいです。contessaさん同様、pokoさんとも寒さに震えながら、お手伝いさせて頂いた「花やしき」ロケ。その他各所で丁寧に紡がれた、一つひとつの「こだわりの映像」が、約2時間弱の中で、どの様に結晶するのか、今から楽しみでなりません。まずは、無事「クランク・アップ」と、まだまだ先とは思いますが「公開」を「同じ釜の飯を食った」(笑)者として心待ちにしたいと思います。大変お世話になりました。そして、これからもどうぞ宜しくお願い致します。

投稿: 堕美庵 | 2006年12月13日 (水) 13時55分

堕美庵さん、行列に並んで列が進んだら前に詰めるように歩くだけなので一見簡単そうに見えても難しかったですね。
私達の付近は助監督さん曰く「この辺はもう一時間半は並んでいる設定です。早く進まないか気にしている感じで。」
「ヨーイ、スタート」の声がかかって少しするとスパイ3人組(ふせさん、岩松さん、松重さん)が永代通りからラーメン屋の角を曲がって姿を現し、エキストラの脇を通って歩いていきます。私達は3人が永代通りを曲がってきてから少しずつ列を詰めるように進んでいくわけです。
監督の「俳優達が角を曲がる時にもまだ行列はずっと続いている」というイメージを映像に収めるべく、俳優、エキストラ、スタッフは同じ道を行ったり来たり。テストの時に撮影スタッフと一緒に歩く三木監督を発見。戻ってくる時に手に何か持っているんです。それはどうやらモニターのようで。一箇所に腰を下ろしてモニターを見ているタイプではないのですね。
テストを繰り返し、本番も数回繰り返し・・・
イメージ通りの映像が撮れたのに「想定外」の物が入ってしまった為に撮り直す時には助監督さんは本当に申し訳なさそうにエキストラに「もう一度撮ります」とおしゃってました。
やっと「OK」が出た時にはスタッフの方々はほんとうに嬉しそうに「お疲れ様でした」と言って下さいました。

この日も最初に目に止まったのはなんと言っても三木監督。「芋虫色」のスカジャンですから!俳優、スタッフがすぐに監督を見つけられるようにいつも目立つようにしているのかな。
監督を見失う事はありません(きっぱり)。

ワンシーンの参加でしたが、三木組の結束の強さを目の当たりにする事が出来き嬉しく思います。行列に並ぶエキストラの前後で指示をして下さった助監督さんたちに感謝です。


投稿: Yuko | 2006年12月17日 (日) 01時39分

Yukoさん

詳しいレポート第二弾、本当に有難うございましたv
私もエキストラに呼んでいただく度、オダギリ氏の次に監督(笑)に注目してしまいます。失礼ながらあのひょうきんな御姿からは想像もつかないほどの(^_^;)必殺仕事人ぶり、それはスタッフのやる気も違ってくる筈だと思いますよ。時効警察で監督と「ファースト・コンタクト」した時の衝撃が、だんだん私の中で納得できるようになって来ました。映画が本当に楽しみです。

スタッフの方々、あと少しですからどうか頑張って下さいvv Yukoさん、レポを本当に有難うございましたm(_ _)m

投稿: contessa | 2006年12月17日 (日) 18時24分

Yukoさんいつもいつも、大変お世話になりまして。コメント迄頂き本当に有難うございます。

確かに現場は「想定外」との遭遇が沢山有りましたね。カラス待ち・救急車待ち・ワンコ(オダギリさんではありません・笑)待ち…
Yukoさんの仰る通り「門仲」だけではありませんが、助監督さんのお仕事振りにはホント敬服です。「三木監督に映画の事意外、考えさせるな!後の事は全部俺達で!」みたいな意気込みが、各若手スタッフさんに迄浸透し、「同志愛」の様に美しかったです。
この助監督さん物腰の柔らかい方で、とても地味目なんですが(ある意味監督の間逆?・笑)三木監督を支える姿勢は、大変凛々しかったです。でも違う現場では、突如監督の要請で、チャリで配達中の「三河屋」さん迄やってましたからぁ~!(笑)凄い、監督の求心力!
この映画が公開されて、エンド・ロールのクレジットが流れたら、私は誰よりも、この助監督さんのお名前を探したいと思います。
最終日迄あと僅かとは思いますが、スタッフ、キャスト、関係者の皆様どうかお風邪など召されませぬ様、無事故、大成功のクランク・アップを心からお祈り致しております。

投稿: 堕美庵 | 2006年12月17日 (日) 21時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「転々」ロケ@門前仲町:

« アンノウン | トップページ | 「転々」ロケ・ラスト »