« "SAD VACATION"撮影中(2) | トップページ | 20日まで »

2006年11月14日 (火)

ラフマニノフの2番

 えーと、最終回まで書かないで楽しむつもりでしたが「のだめ・カンタービレ」!ついにラフマニノフの2番が登場しまして、書かずにはいられなくなりました(笑)この曲は、このあと原作ではピアノ連弾としても登場してくるので、前回までのベートーヴェンの7番同様、皆様の耳に親しんでいただけたらなぁと切望しております。

 古~い映画ファンなら「逢引き」や「七年目の浮気」のBGMとしてご存知かもしれません。あとフィギュアスケートでもBGMとしてよく使われます。クラシック界では、映画「シャイン」で有名になりました3番のほうが、難曲としてもてはやされていますが、私は2番が好きなんですね~それもある「盤」限定で(笑)
 今日も千秋さまがvv弾いていらして、つまり都響とちゃんとしたピアノの方が音をつけていたのですが(余談ですが、今日のピアノ担当の方には2番はあまりにもタイヘンそうでしたね)、私はごく普通にBGMとして聞き「流して」ました。いや、ドラマだからそれでいいんですけれど、これほど弾く人によって変わっちゃうんだなぁと別の意味で感心、感心・・・

 ラフマニノフの音楽には、映画が好きな私が言うのですからお許し頂きたいのですが、映画音楽、という「蔑称」が常に付き纏います。クラシックではないと言う人さえ以前はいたのです。心地よい旋律が続き、盛り上がるところでは盛り上がり、静かな場面では美しい音が並べられていく・・・ので、何かに「合わせて」演奏するには都合の良い「雰囲気のある音楽」なわけです。でもそれはありていに言えば、可もなく不可もなく何の特徴もない音楽だからこそ環境音楽のようにBGMとしてすんなり収まる、という事なわけで。2番は特に、3番ほどではないにしても弾くのは普通に難しいので、「ただ弾くだけ」の演奏になりがちですが、それでも、コンサートではお客様にヨロコんでもらえます。そこに、出て来るたびに皆がミスの数を勘定しあう3番とはまったく違う難しさがあります。この膨大な音の一つ一つを輝かせながらなお陳腐にならず、そこからラフマニノフの意図した、あるいは作曲者の詩情を更に広げた「音楽」を引きずり出すという作業は、それだけでも並大抵の事ではないのです。

 私がある盤、と言ったのは、そういうわけで、ラフマニノフの2番、特に第二楽章が好きな方なら10人が10人、全員が推すという超有名盤、です。これを超える盤が未だに出ない、という事がすなわちこの曲の難しさをあらわしているのだと思います。アシュケナージは手の小さい人ですから、この盤で音をどうやって拾いどうやって演奏したか、その工夫のすべてを私たちは知る事ができます。だから練習すればアシュケナージのまねをして弾く事も可能です。でもたとえ千秋さまが弾いても、それはきっと映画音楽にしかならない。ならないんですよ!

 このドラマを見て、この際だから2番聞きたい、という方は、これ↓を聞いてしまうと他の演奏がツラいかもしれませんが(笑)ラフマニノフが苦しみの底からすがるようにして這い上がってきたこの2番に、どんな光を見たのかがわかると思います。オタクな私が一時期、生涯の伴侶と決めていたvv2番です。だまされたと思って是非、お耳に入れてみて下さい。

ラフマニノフ ピアノ協奏曲全集
POCL-2077/9
ヴラディミール・アシュケナージ
ロンドン交響楽団
指揮:アンドレ・プレヴィン

私が持っている↑この盤は、ほかに「パガニーニの主題による狂詩曲」も入ってアシュケナージの神業にひれ伏す(笑)名盤なのですが、現在はピアノ協奏曲だけ取り出した廉価版が出ております。音源は同じです。こちらからどうぞ。この3番も、3番ラヴァーが抱きしめて離さない名盤ですvv



 
 

|

« "SAD VACATION"撮影中(2) | トップページ | 20日まで »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103190/12676726

この記事へのトラックバック一覧です: ラフマニノフの2番:

« "SAD VACATION"撮影中(2) | トップページ | 20日まで »