« 「パビリオン山椒魚」舞台挨拶(2) | トップページ | 問題アリv »

2006年9月17日 (日)

「プライベート・ライヴス」

Praivateb「プライベート・ライヴス」行って参りました。公式サイトはこちら

 今日はmiriさんのお誘いで、青山円形劇場までお出かけしてきました・・・ええ、このお芝居に葛山信吾氏が主演してるからですっ(笑)はっきり言って「それだけを目的に」見に行ったので(^_^;)座席についてから、ノエル・カワードや久世星佳さんの名前を見つけて嬉しくなっちゃったくらいでしたが、ほんとに久々に、素敵な佳品を拝見しましたvv良かったですv

  私が以前観たものは「私生活」という題でしたが、その時よりも今回の翻訳台本のほうが、せりふの交通整理がよく利いていてすっきりしていてよかったです。自由奔放だけれど内省的な(笑)アマンダに、より多くを語らせ、自分の心に正直だけれどそれだけ、の(笑)エリオットには、主に会話の主導権を握らせて、それが会話劇特有のオモタさ、モタツきをきれいに解消し、実に高いテンションで緊迫したテンポを持続していました。惜しかったのは、もう一組のカップルのせりふがその「刈り込み」をするヒマがなかったらしく、冗長で間の持たない場面がいくつかありました。演技にメリハリをつけて一生懸命カヴァーしていましたが、会話主体の劇でせりふにいちいち色をのせたり仕組んだりしていたら、進むものも前に進みません(笑)そういう意味では、会話はひたすらよどみなくテンポ良くこなし「会話のない部分」で勝負していた葛山氏はある意味適役だったと思いますvv

 それと、清順監督じゃないですが、やはり美男美女は良いですよ(笑)。リアルでコンナ性格の人がいたら到底お付き合いしたくないですがv なんかこう、許せちゃうんですよね~きれいだから(殴)。それどころか、2人には、妥協することなく、今のまま、ありのままの奔放さで幸せになって欲しいと、心の底から願って見ている自分を発見します。その時点で、足先1mの(!)伸ばせば手の届きそうなところで起きている芝居は、まさしく異空間でありながら、同時に生身の心を共有しているんです。「この世のものならぬ美しさが、目の前で生きて動いている」事の意味も、そこにあるんだろうと思いますが、今日はその「美しさ」に問答無用で魂持っていかれてシアワセでしたよ(笑)。

 達成感や幸福感の共有、という、ある意味エンタメの基本中の基本において、芝居、という表現にかなうものはないと、今日は改めて再認識したのでした・・・ああ、シアワセだ(笑)

|

« 「パビリオン山椒魚」舞台挨拶(2) | トップページ | 問題アリv »

コメント

初めまして。

このお芝居のチケットを買っていながら
アクシデントで行けなくなってしまったので(涙)思わずお邪魔させていただきました。

現在オダギリさんを応援しておりますが、
かつて久世さんのファンでもあったので
(勝手にですがとてもオダギリ氏と似ているところがあると感じております 笑)
久世さんと葛山さんの共演(ノエル・カワードの作品も)是非とも見てみたかったです。


目の前で役者が動く舞台はやはり最高の贅沢ですね。レビューが読めて嬉しかったです。ありがとうございました。

投稿: baron | 2006年9月18日 (月) 00時30分

baronさん、こんばんは。初めまして。
わざわざのコメント、本当に有難うございましたm(_ _)m
レビューどころか感想にもなっていなくてすみませんです・・・

久世さんは、もう本当に素敵でしたよ。ファンの方もたくさんいらしていました。
そしてオダギリ氏に似ているというのは、今日のお芝居見る限りではとてもとても肯けてしまいます。役に打ち込む、っていうかのめりこむvv一方で、常に自分を芝居全体の中の存在として見る覚めた目も持っている、賢い方だなぁと思いました。今日は体当たりに次ぐ体当たり演技だったんですが(笑)それでも真っ先にそれを思いましたから。

又是非お話聞かせて下さい。有難うございました。

投稿: contessa | 2006年9月18日 (月) 01時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103190/11935207

この記事へのトラックバック一覧です: 「プライベート・ライヴス」:

« 「パビリオン山椒魚」舞台挨拶(2) | トップページ | 問題アリv »