« デッドマン | トップページ | ストレンジャー・ザン・パラダイス »

2006年8月 2日 (水)

ハチミツとクローバー

323400view004

原作が、テレビアニメになってたのすら知らなかったんですが(^_^;)公開をとても楽しみにしてた作品。最近は原作本のある映画が結構多くて、原作と切り離して映画として楽しむ術も大分上達しvv  おかげでとても楽しめましたです。
以下ネタばれ。


 原作の漫画では、私は一にも二にも真山クンが大好きで(笑)、だから加瀬さん、と聞いた時正直びっくりしたのですが、どこまでも自分を貫き通す力を持った、ある意味加瀬さんらしからぬ強く引っ張る側の役を、見事好演していました。あの少しもイヤらしさのないシュールなストーカーは加瀬さんならではだと思いましたし(原作とは別のイミで強烈なキャラ・笑)、あゆみちゃんをおんぶしてあげるシーンなんて、画面に地の文が書き込まれそうに二人の気持ちがイタくツヨく伝わってきてまして。そしてそれが、さらに奥行きと拡がりをもって、今切ない恋をしているかもしれないすべての観客の女の子達の気持ちまでも強く掬い上げる、普遍的な力をもったものになっていて。映画にして良かった、と思ったシーンの一つでした。
 もうひとつ、森田とはぐちゃんの話がほんとによかった。あの、同じキャンバスにむかって2人が描きなぐるシーンの美しさ。誰も踏み込めない、恋や愛すらも介入する事の出来ない、わかりあえる魂だけにゆるされた、お互いの人生をただひたすらに謳歌する瞬間。人と人が支えあうとか、助け合うだとかいったまどろっこしい人間の仕組が、すべてむなしく薄っぺらなものに思えてしまうほど、激しくも強く分かちがたい魂の結びつき。その大胆さ、力強さ、そしてそこに唯一介在すると思われる「運命の力」の恐ろしいまでの凄味は、やはり映画ならではだったと思います。伊勢谷さんは、ステロタイプな天才の枠を見事に吹き飛ばし、生身の天才だけが孕む狂気と熱情を自在にあやつり、文字通り熱演していました。原作読んだ時は勝手な男だとしか思わなかったんですが(笑)、私は映画観て森田のファンになりましたよvv

 原作がさらりとしまいこんでいた重い主題を、見事に取り出し力強く広げて魅せたという点で、これも「ハチミツとクローバー」だと確かに思える、そんな映画でありました。原作ご存じない方でも胸に迫るものがあると思います。続編を(つまりちゃんとオチまでいくものを・笑)期待したいと思いますvv





 

|

« デッドマン | トップページ | ストレンジャー・ザン・パラダイス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103190/11133257

この記事へのトラックバック一覧です: ハチミツとクローバー:

» 「ハチミツとクローバー」すれ違う切ない気持ちを思い出す [soramove]
「ハチミツとクローバー」★★★☆ 櫻井翔 、蒼井優 、伊勢谷友介 、加瀬亮 、関めぐみ主演 高田雅博 監督、2006年 原作は読んだことはない。 この映画を見ようと思ったのはズバリ、蒼井優だ。 宮崎あおいほど、まだはっきりとした存在感を 映画で示していないが...... [続きを読む]

受信: 2006年8月12日 (土) 23時04分

» [映画]ハチミツとクローバー [お父さん、すいませんしてるかねえ]
つうか、マンガ原作の映画、ドラマって最近ものすごい数ですよね。 個人的に「日本のマンガは文学である」、だから電車の中でオヤジが読んでいても何も不思議はないのだよ、分かったかね外国の論評家ども、と思っているので、当然のことです。 15年くらい昔にあったドラマ... [続きを読む]

受信: 2006年8月20日 (日) 19時33分

« デッドマン | トップページ | ストレンジャー・ザン・パラダイス »