« マリノスvsセルティック | トップページ | 叫(さけび) »

2006年8月 4日 (金)

冨永昌敬特集上映

公式からのお知らせですが。
テアトル新宿にて、映画公開記念ということで、冨永監督作品一挙3本立て大公開だそうです。個人的に、「京マチコの夜」をスクリーンで見たらどんな感じがするのか(笑)とても興味あります。詳しくは映画館のリンクからどうぞ。

9/9(土)~9/15(金)までレイトロードショー
タイムテーブル  連日21:20より

監督・脚本:冨永昌敬

『亀虫』 2002-3年/61分
杉山彦々・安彦麻理絵・木村文・尾本貴史・冴嶋園子・笠木泉

『京マチ子の夜』 2005年/10分
音楽:菊地成孔  斉藤陽一郎・不二子・木村文・杉山彦々

『テトラポッド・レポート』 2003年/15分
福津泰至・木村文・杉山彦々・尾本貴史・児玉百合香

短編シリーズ『亀虫』
東京都内を東西に横切り、はては関越道へと接続する「目白通り」。『亀虫』は「目白通り」沿いに繰り広げられる、ある「兄弟」の、「嫁」の、「妹」の物語である。 夫婦喧嘩の末、家を飛び出した「かー君」は復讐を誓って帰還するが、宿敵である妻の姿はなく、代わりに、上京してきた幼馴染みの「たかお」と再会することになる―。

『京マチ子の夜』
菊地成孔のアルバム「南米のエリザベス・テイラー」収録曲『京マチ子の夜』PV  

『テトラポッド・レポート』
伝説のクレイアニメーション映画「虚穴遊戯」の上映会場。最前列の座席で、ひと組の男女の死体が発見された。「心中である」「陰謀である」ふたつの説を巡るもうひと組の男女の途方もないやりとりは、獄中の<監督>から寄せられた肉声テープによって決着を迎えることになる―。

9/9(土)冨永昌敬監督&出演者による初日舞台挨拶開催! 
その他トークイベント開催予定!

だそうです(映画館のSHOW SCHEDULEより)。


公式のビデオポットキャストも何気にぞくぞくと増えていますので
環境の許す方は覗いて見て下さい。今はコンテンツ3つありますv

|

« マリノスvsセルティック | トップページ | 叫(さけび) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 冨永昌敬特集上映:

« マリノスvsセルティック | トップページ | 叫(さけび) »