« 旅芸人の記録 | トップページ | 夏アニメ(2)ブレイブ・ストーリー »

2006年8月14日 (月)

夏アニメ(1)ゲド戦記

324031view003

子供と一緒で無ければ見に行かなかったと思うので、今回は夏映画3作を母親の視点で感想書こうと思います。

最初は「ゲド戦記」。公式サイトは写真からどうぞ。
 これは原作がよくナルニアや指輪と並び称されるので各所推薦図書にもよく挙げられていますが、私は自分が実際に小学生の時に読んだ経験から、自分の子供に薦めるのは最後までためらいました。この本が投げかけてくるテーマはかなり難解ですし、ある程度の人生経験が必要です。
 映画は、名前はゲド戦記ですが実際はゲドの弟子、アレンの物語となっています。その分子供には親しみやすい話になっていますし、シビアなシーンも描かずにすんでいます。ただ脚本の段階で2つミスがありました。一つはこの物語全体の中核をなす光と影の融合シーン。これは100の言葉を尽くすよりアニメの独壇場だと思って期待してたのですが、なぜかそれを絵にしてあらわす事がありませんでした。そのため、原作を知らない人には更に難解な話になってしまいましたし、子供にとってもなかなかイメージが膨らまなかった事と思います。それから、この映画が原作から取り出したテーマとその答えが、単に文章で説明されてしまっている点。「死から目をそむけた生」と「死に向き合った生」の違いは、その類の共通認識や経験がなければ、言葉という抽象的な記号だけではなかなか伝わらないと思います。子供にしても、そこをせりふだけで済まされてしまっては学校の授業と同じ事で(笑)、それならわざわざ映画にしなくてもよかったとさえ思います。絵そのものの雄大さは、さすがに本の理解を助けて余りある美しく緻密で素晴しいモノでしたので、その二つがないために盛り上がりに欠けた、というのは本当に惜しかったと思います。

 良いと思ったのは、原作ではあまりパッとしないキャラだった(笑)アレンがとても繊細な魅力的な男の子になっていたところ。こういう静かで芯の強い子が主役となる映画は今までありそうでなかったと思いますし、今の子供達にとってはどこか親しみのわく人物像でしょう。単純な勧善懲悪映画ではなかったからこそ生きたキャラかもしれませんが、宮崎アニメの新しい主人公像として期待が持てました。


































 









|

« 旅芸人の記録 | トップページ | 夏アニメ(2)ブレイブ・ストーリー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103190/11403811

この記事へのトラックバック一覧です: 夏アニメ(1)ゲド戦記:

« 旅芸人の記録 | トップページ | 夏アニメ(2)ブレイブ・ストーリー »