« 夏アニメ(2)ブレイブ・ストーリー | トップページ | チェリー・ザ・ダストマン(1) »

2006年8月16日 (水)

夏アニメ(3)時をかける少女

324826view013

 とても失礼な言い方をさせてもらえば、正直コンナに大ヒットするとは思っていなかった作品。往年の大林宣彦監督作品をご存知の方も、最近アニメはほとんど見ないという方も、よければこの機会に久しぶりに「劇場の熱気」というものにふれてみるのもいいかもしれませんです。

 私は、この映画は久々にうなるほど感心しまくりだったのですが、それは話の運びのうまさ、驚異的な職人技、観客をひきつけて離さぬキャラの勢いとその魅力といった、いわばアニメとしての完成度の高さに惚れ惚れしてしまったという、マニアックな感動でして(笑)正直凄くいい映画なんだけど主人公が女子高生と言う事もあり、これはオタクな兄さんたちにしか受けないだろうなぁと(^_^;)思っていました。

 ところがその丁寧な仕事ぶりはストーリーを緻密に丁寧に支え、またそれがこの監督の持ち味「見ている人に是非わかってほしい」という熱い双方向指向との相乗効果で、すごくストレートに見る人の心を打つんですね。話自体はベタでいかにもありがちですし、主人公もいかにもイマドキの(笑)女の子で、はっきり言って目新しい事は何一つないんですけれど、緻密に計算されつくした「普通」が、見る人すべてに共感を抱かせる。オタクは、その「普通」が、一切の無理と無駄を排し流れるように話を運ぶからこそ出来る事で、それが何でも描けるアニメでは実は至難の業だという事を知っているから、唸っちゃうわけですが(笑)、その「普通」は、ほんとは普通の観客も(笑)欲していたものだったのかもしれないんですね~ もちろん監督は「普通の観客」にもそれが届くに違いないと思って職人気質を押し通したに違いないんですが、それがほんとに人の心を揺さぶるものになっている今の現状は、本当に凄いと思います。

 現在、「かもめ食堂」に続く口コミヒット第二弾となっています。こういう映画の評判が良いというのは、何だか嬉しいようなこそばゆいような不思議な気持ちですが(笑)、きっとそれ以外にもいろいろな好条件が重なったのでしょう。幸せな映画、だと思いましたvv

|

« 夏アニメ(2)ブレイブ・ストーリー | トップページ | チェリー・ザ・ダストマン(1) »

コメント

ファンの戯言として聞き流してほしいのですが。

今年口コミで広がるなら、それは絶対「ゆれる」の方が先でしょう!!と思っているのは私だけですか!!!
何より一般向けだし(笑)話も斬新で今までにない面白さがあるし、役者陣も神がかり的に上手い! と思うんですけれど。
めげずに頑張って周りに宣伝したいと思いますvv

投稿: 愚痴です | 2006年8月17日 (木) 00時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103190/11422334

この記事へのトラックバック一覧です: 夏アニメ(3)時をかける少女:

« 夏アニメ(2)ブレイブ・ストーリー | トップページ | チェリー・ザ・ダストマン(1) »