« デッドマンズ・チェスト | トップページ | ラルジャン »

2006年7月26日 (水)

M:i:Ⅲ

324026view003 子供たちが今度学校の音楽会でこのメインテーマを演奏するという事で、只今クラス全員見に行っているはずですが(笑)、ⅠもⅡも見てない私も初めてその不可能な指令に挑戦してきましたvv 安心してはらはら出来るし、道具に凝るという主人公の職人気質が私好みで、結構楽しかったです。おかーさんの時は確か「スパイ大作戦」って言っていましたけどね~写真クリックすると盛大に音がする公式に飛びますのでご注意を。

今度「カポーティ」という、アノ小説家トルーマン・カポーティの生涯を映画化したものが日本でも公開されるのですが、今回そこで本人を演じる人が悪役、でした。まるでアンソニー・ホプキンスのような、何もしていなくても怖い上にも不気味な人(^_^;) トム・クルーズが単純明快だった分(笑)  こういう一筋縄ではいかない敵役にはうってつけ。そしてこういうタイプの役者さんに心底惚れこんでしまう私vv 敵の親玉のわりにはラストがあっさりしてたのが残念でしたが、これはカポーティも楽しみです。

そしてそして、いやぁ、イーサンはIMFにお勤めだったんですね~国際通貨基金(笑)
韓国が只今大量の貸付を受けているにもかかわらずスタグフレーションを起こしかかっていますから、職員さぞや頭イタいでしょう・・・この事態の収拾を図るのはまさしくMission Impossible!(こらこら)
あと、バチカンに穴あけちゃダメですよ~神罰が下りますよ、っていうか一箇所爆破したら会堂全体崩れ落ちても不思議はないような老朽建物vvカトリックも財政厳しいんですよね、いろいろと(笑) ・・・以上、まったく関係ないネタバレ、でしたvv

それにしても今のお子様は素晴しいです。出だしの2拍が3/4拍子で、すぐ2/4に取って代わり、また3/4に戻る・・・を繰り返すあたり、オヤジに歌わせるとただのシンコペーションぐらいにしか考えていないのがよーくわかるんですが(それこそ不可能な指令・笑)、子供はどの子もおそろしくちゃんと拍が取れているんですよね。一学期末の段階でもクラス全員拍だけはぴったり合っていた由。秋が楽しみです。

|

« デッドマンズ・チェスト | トップページ | ラルジャン »

コメント

はじめまして。いつも楽しく拝読しています。
contessaさんが惚れ込んでしまった方は、フィリップ・シーモア・ホフマンさんですよね!
香川照之さんと並ぶ虫酸が走るほどかっこいい男!と思います。おすすめは「マグノリア」(ポール・トーマス・アンダーソン監督)の切ない介護人役。「リプリー」ではうってかわって、いけすかない金持ち役がはまってましたよー。
「カポーティ」、本当に今から楽しみですよねー。

投稿: 石橋やす吉 | 2006年7月26日 (水) 23時24分

こんばんは、初めまして。
いつもくだらない事ばかり書いていてすみません。そして読んで下さって本当に有難うございます。

>フィリップ・シーモア・ホフマン
「マグノリア」も「リプリー」も残念ながら見ていないのですが、検索したら、ずいぶん以前からいろいろ出演している俳優さんなのですね。有難うございます。今度借りてきますvv
私は何を隠そう今年のアカデミーに「カポーティ」がノミネートされていて、そのCFで初めてこの方を見て、忘れられなくなりました(笑)。いや、この人なら狂気と波乱に満ちた尊大な自尊心の塊「カポーティ」ぴったりだわ、と感心しきり。
そして、ファンに怒られそうですが、確かにこの知性溢れる悪役、という鬼気迫る演技を突き抜けてやり通してしまうところは香川さん、似ているかもしれません・・・可愛くお茶目な香川さんも大好きなんですが、何しろ「ゆれる」見てしまったので(笑)。

また是非遊びにいらして下さい。いろいろお教えいただいて有難うございましたm(_ _)m

投稿: contessa | 2006年7月26日 (水) 23時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103190/11109986

この記事へのトラックバック一覧です: M:i:Ⅲ:

« デッドマンズ・チェスト | トップページ | ラルジャン »