« 家の鍵 | トップページ | ジャスミンの花開く »

2006年6月 6日 (火)

ダック・シーズン

Sub1「ダック・シーズン」見てきました。公式サイトはこちら


 途中まで、今度子供つれて見に来よう、ぐらいに思っていたのですが、なんのなんの、まさしくイケナイ大人のための(笑)シニカルなファンタジーでした。それも、何だか、ものすっごいピンポイントなツボを確実に突かれた感じ。インディーズならではの不思議な技と力と高揚感にあふれた映画です。
だいたい、人が退屈しきってダレているのを見るのが、こんなに面白いとは思いませんでしたよ(笑)「停電」に象徴されるように、登場人物はみんな今自分の人生の途中でさまざまな理由で「立ち止まって」います。ダレも前へ進もうとしない。そのまま後ずさるか逃げをうつ事ばかり考えている。ところが凄いのは、そうやって誰も問題に立ち向かっていっていなかった筈なのに、当初予定とはまったく違う解決ではありますが(笑)とにかく、いつのまにかみんなまた再び歩き始めているんですよ。立ち止まっていた脚が、後ろに下がるだけだった脚が、まったく無関係に見えるきっかけでポンと踏み出す、その一歩。このあたり、何だか「菜根譚」でも読んでいるような気がして面白いです。思春期以前の少年と、少し年嵩の少女と、「少年」から脱却できていない青年が、この老成した思想を体現しているというのがなんとも皮肉で。まぁやっている事は限りなくお馬鹿なんですが(笑)

 えー、子供に見せるのをやめた理由のもうひとつは、映画の中でマリファナが出てくるから、です。子供達自身知らず大量に食べさせられるシーンがあります。その結果が映画的にはとても重要な展開となっていくんですが、苦手な方はお気をつけ下さい。

|

« 家の鍵 | トップページ | ジャスミンの花開く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103190/10419990

この記事へのトラックバック一覧です: ダック・シーズン:

« 家の鍵 | トップページ | ジャスミンの花開く »