« ちと不在 | トップページ | 「時効警察」イッキ見オールナイト(2) »

2006年6月19日 (月)

「時効警察」イッキ見オールナイト(1)

「時効警察」イッキ見オールナイト、行って参りました。各監督のあの力作を映画として見るという貴重な体験で、未公開映像も含め、いろいろと感慨深いものがありました。
 先に、トークショーの内容を、ざっとご紹介することにします。そのうち、公式に詳細が載るそうですので、それまでの繋ぎとして雰囲気だけ(^_^;)お楽しみ下さい。

司会の轟夕起夫氏(時効警察オフィシャル本のインタビュアー)に続いて、時効警察のタイトルバックBGM(鳩時計のとこ)と共にオダギリ氏と三木監督登場。曲が終わったかな、っていうところで「テケテンっ」って鳴るので(笑)相変わらずだよなぁ~っていう感じで三木監督とオダギリ氏が顔見合わせて苦笑します・・・そこからしてもう、何だかご機嫌が良かったvv

T:え~今日はDVD発売記念ということで「時効警察イッキ見オールナイト」ということで、オダギリさんと三木監督をお迎えしてゆるゆると(笑)お話をうかがっていきたいと思いますが。
M:そこで俺を見ないで下さい(笑)
T:え~今僕ここに持っているんですが。
O:あ、僕持ってましょうか。
T:あ、すいません・・・これがそのDVDと、この間出たオフィシャル本なんですけれど、どうですか。オダギリさん。あ、中開けてみますか。
O:・・・僕今日これ初めて見るんですよ。おまけとあわせると4~5枚あるのに、かさばらず小さくまとまっていていいですよね。
T:そうですね。
O:ねぇ、中国で作ったそうですが(笑)
T:そこまで、言っていただいて有難うございます(^_^;) 
O:いいですよね~昔のBOXセットみたいなのと違って。
T:そうですね~(苦笑)・・・三木さんは今日はオダギリさんとは久しぶり、なんですか
M:いや、そうでもないですよ。
T:それはプライベートでとか、お仕事で、とか・・
M:いや、仕事だよね(2人で顔見合わせて苦笑)案外そんなもんですよ。
O:照れますよね、何か、そうでないと(笑) ・・・いや、あんまり飲みにいったりとかはしないんですが、ケラさんとか(実はあとでわかったんですがこの日ケラさんが来てらして、オダギリ氏そちらに目を合わせて笑ってました)、あと園監督ですね。何かね、連れて行かれちゃうんですよ~(笑)
M:あ、園さんっていえば、僕と園さん、9.11の時ちょうどロンドンに呼ばれてたんですよ。あれ、「HAZARD」とか「ダメジン」とか出来かかっている頃で、なんか今でいうジャパン・フェスティバルみたいなのがあって、イギリスにタダでいける、って、お互い別々のルートで呼ばれてて・・・ま、どうでもいいんですが(笑)
T:いえいえ、続けてください(笑)
M;で、そのチェルトナムって所で一緒に居て・・・ってしかも話長いし(笑)。で、9.11の時一緒に居たと。いや園さん、すごい、でも、ショックを・・・受けてたんだよね・・・(笑)・・・ま、そんな印象がありましたね。
O:え、ショック、受けてたんですか?(今考えると、この時すでに目が笑ってました)
M:うん
O:何がショックだって言ってました?
M:いや、ああいう事件が本当に簡単に起きてしまうんだなぁというところにすごくこう・・・・
O:そうですかね。僕どっちかっていうと、園さんて、ああいうことヤル側の人なんじゃないかと思うんですけど(笑)(ごめん、オダギリ氏、場内みんな顔が引きつってたです・・・笑えないってv)
M:ま、事故、っていうか、事件だからね・・・どうでもいいですが(笑)
T:・・・(^_^;)
O:(司会の方の方を向いて)いや、今日僕園さんの家に行ってきたんですよ。それもどうでもいい話ですが。
T:あ、大塚の?
O:いえ,引越した新しいほうの。そしたらですね、あの、鍵開いてるんで入ったら中、だーれも居なくて。もう、鍵さえ閉めないという(笑)そういう方ですから(笑)
M:カナダ人みたいだね(笑)
O:アァハハハハッ!
M:(轟さんに)「ボウリング・フォー・コロンバイン(注:詳細は→http://www.gaga.ne.jp/bowling/top.html)」って言う映画があるんですよ。で、カナダ人が全然鍵かけないっていう(笑)
T:不用心なんですね。
M:不用心なんですよ。同じフロアの人に、ほらそこ開いてますよ~みたいな。
T:カナダ人っていうのは鍵をかけない。
O:ま、ど~でもいい話ですけど(笑)
T:すいません(笑)・・・今日はあの、僕もさっきそこへ一緒に座らせていただいて、1話目と2話目見たんですが、やっぱりあの~大画面で見ると、何か妙に重いっていうか、犯人の暗い過去に吸い込まれていくような
M:ハッハハ(笑)
T:意外にシリアスなドラマがあって。
O:散々笑ってるのに?(笑)
T:ええ、もちろん笑いどころもあるんですけど。ドラマとしてもすごいな、という。
M:まぁ、でかくするとシリアスに感じられるんだよね。大概のものはでかくすると重たくなる。
O:(感心したように真面目に)へぇ。
M:「ロミ山田」って、大画面に、アルタの大画面に字で「ロミ山田」って出したこと、あって
O:え?(笑)
M:それだけで面白いって、みうらじゅんさんとやってたんですよ。「大きくしてみよう」っていうコーナーで(笑)。単に大きくしよう、っていう、言われたものをね、でかくしようって。
T:オダギリさんなんかどうですか。
M:まぁ面白いかもしれませんよね。だいたいでかくすると面白い。
O:そんなに面白くないと思いますけどね。僕をただでかくしても。
M:いや、でも、実際、ああいうとこ映ると笑えるから。
T:場所(っていうの)がありますからね。
M:場所があるから・・・・うん・・・・「えび」、とかも面白かったよ。
O:アッハハハハハハ!(爆笑)
T:時効の時も、よくお2人でそんな風に話していらしたんですか。
O:いや、ないですよ。最終回・・・かな。やっと、何か横の控え室みたいな所で結構長く話して。そのときの話題っていうのが家の前にサルが死んでたらヤダよね、っていう話を(笑) 30分ぐらい話してましたかね。
M:いやその前に、最初家の前でどんな動物が死んでたらイヤかな、って言う話で、ラクダ、とかシロクマとか言ってて、サルが目にバッテンつけて倒れてたらヤダよね・・・ってあれ、オダギリ君がいったんじゃん(笑)
O:三木さんが言ったんじゃないですか~(笑)いやいや、違いますよ~(笑) 
T:そういう話も間にしつつ。
O:いや・・・役の話とか途中電話でしたりとかはありましたけど、そういう無意味な話をする余裕はあんまり無かったですね。最終回になってやっとという感じで。
M:他の組はどうだったの?
O:他の組も、あんまり本題からそれるということはなかったですね。まぁ状況が状況ですから皆必死で。
T:監督はそのあたり、いかがだったんですか。ご自身が設定なりコンセプトなり考えて後は任せる、ということに関して。
M:ま、大変だ、っていう情報は来るんですけど、1、2話とって、あとはもう・・・・だってあのキャストであの監督なら、どう転んだって勝手にヤっちゃうでしょう。まあセリフとか、キャラとかどんどん変わっていって、9話目で俺んとこ戻ってきた時にはもう全然違ってて大変でしたけどね。
O:アハハッ
M:麻生さんとか、全然違いましたね。それで叱られて、でも元に戻らない。
O:ハッハッハッ(笑)
M:不可逆性(笑)・・・・・なんか他の現場でも、全然違うとかって×もらってたりしたらしいですね。
O:(笑) ああ、CMで・・・「何でそんな芝居するんだ」って(笑)
M:僕も「キャシャーン」見てなくて、そのあとで見たんで、見た時は何か違和感ありましたね(笑)何か時効前、時効後、みたいなね。
T:ちなみに今日も、僕のかわりにこの位置に麻生さんが来ていただければよかったんですが、なんか撮影が入っているとかで。
O:いや、そしたら僕の代わりでここでいいですよ。
T:いえいえいえ・・・・しかもなんか、明日がお誕生日という(注:6月17日だそうです・ここで轟さんは拍手を期待したらしく、ちょっと間が空いてしまいました)
O:(しーんとしてるので)・・・もう、麻生さんのファンとかって、いないんじゃないですか?ココ!(ちょっと観客戸惑い)
T:いや、そんなことは・・・・(笑) あの、見てましたら、第一話の笹野さんが出てきたあたりでこう観客の皆さんがじわっと笑い出したというか場があったまってきたというか。
M:あったまったって(笑)
T:オダギリさんは、あれですよね。「アカルイミライ」でご一緒だったんですよね。
O:そうですね、いや、「アカルイミライ」の前にもNHKでご一緒させていただいてるんですよ。阪本順二監督で。あの・・笹野さんってお子さんがいらっしゃるんですが、会ったことあります?(轟:いいえ)みなさん、ほんっとにそっくりですよ、笹野さんに(笑) こう、順番にね、ちっちゃいだけなんですよ。笹野四兄弟vv
M:ルパン三世みたいじゃん
O:そうなんですよ。みんな笹野さん(笑) もうね、家族でお世話になっていますという。
T:監督その情報入ってたら、時効で使ってましたか。
M:いや、いいですよ、それ。
T:監督は笹野さんとは・・・・
M:今度公開される 「ダメジン」っていうのが事実上の笹野さんのデビューで。笹野さんと岩松さんがカップルになっていて、ふせえりさんと岩松さんのコンビなんですが。笹野さんは、それ以前にシティボーイズでご一緒したことありますね。なんかお客で見に来ていて、裏で倒れないように柱か何か抱えさせられていたところをスカウトされたという。
T:その頃は、まだ髪の毛とか・・・・(笑)
M:いや、あんまり変わっていないですよ。あのまんま(笑)
O:あ、九話で、髭のある役だったじゃないですか。あの時大分印象変わりましたよね。
M:あれは変わったね。
T:ちなみにあの、東ちづるさんを料理の先生にっていうのは・・・
M:あれは、金子信雄さんの・・・・
T:あ、やっぱり。
M:金子さんのアシスタントでメジャーになったって言うのがあるじゃないですか。で、料理をやっているっていうイメージがあったんですよ。
T:なるほど。
M:で、現場行ったら、料理番組は、題材として使ってますけど料理番組っていうのがわかってないわけですよ、僕らは。で、「料理番組は、しゃべっている時間があったら手を動かしてなくちゃだめなのよ」って彼女に言われました(笑)それで、ああ、なるほど~とか言って。テレビ画面の上だとまぁ、そんなに違いはわかんないんですけれどね。演技してるわけだし。
T:やっぱり、現場でもそうでしたか。
M:アハハ、言ってましたよ。確かにそうなんですけどね。
T:そこ、あの、今でてるQJの中で、僕一応、あの、何故東ちづるさんなのかって、金子さんなんじゃないかって推理してたんですよ。
O:ああ、はいはい。
T:で、今当たってたんで嬉しかったんですけれども。あともうひとつ推理したんですが、彼女、チェ・ジウに似てませんか?
M:?いや、チェジウってわかんないから。
T:だからこう、ぺ・サンジュンが出たのかなと。
O:ああ~
T:ま、こういう想像がいろいろできるという所がこの番組の・・・
O:(すかさず)至らないところですよねぇ(笑)
T:いえいえいえ(笑)
M:お客さんや役者が勝手に埋めていったっていうところはありますよね。

・・・すいません、睡魔に勝てなくて(^_^;)
ここまでで前半、にします。残りあと1/3くらいはまた明日に。
おやすみなさいm(_ _)m

|

« ちと不在 | トップページ | 「時効警察」イッキ見オールナイト(2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「時効警察」イッキ見オールナイト(1):

» [情報]「時効警察」イッキ見オールナイトレポ [小次郎つばめ返し]
うーん、こういう時どのカテゴリーに入れるべきかじつに悩むんですが、 毎度ながらcontessaさんのところに先日行われた『「時効警察」イッキ見オールナイト』のレポが上がっております。 http://contessa.txt-nifty.com/blog/2006/06/post_5139.html contessaさんが倒れそう... [続きを読む]

受信: 2006年6月20日 (火) 05時51分

« ちと不在 | トップページ | 「時効警察」イッキ見オールナイト(2) »