« ライフカードCM | トップページ | 舩橋淳監督の映画感 »

2006年6月 3日 (土)

インサイド・マン

Insideman「インサイド・マン」試写会で拝見してきました。公式サイトはこちら



 予想外に面白かったです。一風変わった知的ミステリーという感じ。最初にどさっと謎の塊が投げ出されて、それを一つずつ解きほぐしていくんですが、観客のほうが登場人物たちより常に一つ多くを知らされている(ココがすごくうまい)ので、映画の細かい部分まで楽しみつつ楽に推理していく事が出来ます。エンターティメントとして出色の出来。最後には登場人物たちも「インサイドマン(中にいる人・銀行強盗ですね)」の全てを「呑み込む」のですが、その終わり方もたいへんにきれいすっきり落ちがつきます。すごく爽快vv これは面白かったです。あと、 監督スパイク・リーなので、至る所で現代アメリカの病巣をグサリグサリと皮肉っていて、その相変わらずの切れ味には指差して笑いながらも唸ってしまいますよv 銀行強盗映画らしく緊迫感は最後まで途切れませんが、その必死さが逆に笑いを誘う場面もあるし。惜しむらくは字幕の戸田先生がたいへんお上品でいらっしゃるので、中の人たちが話しているトンデモナイ言葉がフツーの日常会話に直されちゃっているんですよ。そのせいで「え・・・っと、笑っていいのかな?」と戸惑っちゃう場面がある。特に主演がデンゼル・ワシントンなので、その彼があの端正な顔を崩さず「売女のヤラせずぶったくり」とか「突っ込みすぎてもうガバガバ」とか言っちゃうのがビックリ大笑、なんですけどね(書いちゃった~^_^;) ジョディ・フォスターも「出てくるだけでタダものではない威圧感」という、もう彼女にしか出来ない役で(笑)、せりふ以上にその存在感自体に語らせていました。犯人や依頼人とのネゴの仕方が本当に素敵でしたよvv犯人、スッゴクいい人だしv

 社会正義や人種差別問題に訴える重苦しい映画かと思いきや、大人の駆け引きのしたたかさに笑いつつ、かなりいろいろ考えさせられる良作でした。この夏は大作感動作目白押しですが、そういうのに疲れちゃった時是非どうぞ。




 

 

|

« ライフカードCM | トップページ | 舩橋淳監督の映画感 »

コメント

沢山TBいただいてどうもありがとうございました。

個人的には面白かった映画なんですが世間ではあまり評判がよくないのが残念です。

会話の面白さが字幕では出にくいのと
ユダヤ人やスティーブ3段活用など文化的な予備知識がないと
トリック的・笑い的にわかりにくいのが原因ですかね・・・

これからもよろしくお願いします。

投稿: Sushibar | 2006年7月 3日 (月) 11時11分

Sushibarさま

こちらこそ、いきなり押しかけましてすみませんでした。そしてコメント有難うございました。
そうですね、この映画はマシンガンのようにせりふがぽんぽん連射されてたので、ギャグにつけられた字幕を追うのも結構忙しかったかもしれませんよね。

>スティーブ三段活用(笑)
この呼び名素敵ですv 今度友達にこの映画の紹介する時使わせて下さい。

これからもどうぞ宜しくお願い致します。

投稿: contessa | 2006年7月 4日 (火) 13時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103190/10373645

この記事へのトラックバック一覧です: インサイド・マン:

» 『インサイド・マン / INSIDE MAN』 ☆今年52本目☆ [honu☆のつぶやき 〜映画に恋して〜]
人種問題を扱った社会派が得意なスパイク・リー監督が手掛けた、娯楽色の強いクライム・ムービー。 冒頭から緊張感のある展開で、ゾクゾク、どきどきっ!! ダルトン率いる強盗グループが颯爽と銀行に入り、あっという間に銀行員と客を人質に取るシーンは、惚れ惚れする...... [続きを読む]

受信: 2006年6月11日 (日) 14時35分

» インサイド・マン [Rohi-ta_site.com]
映画館で、出演:デンゼル・ワシントン/クライヴ・オーウェン/ジョディ・フォスター/クリストファー・プラマー/ウィレム・デフォー/キウェテル・イジョフォー/脚本:ラッセル・ジェウィルス/ドナ・バーウィック/監督:スパイク・リー/作品『インサイド・マン』を観ました。 ●感想  ・デンゼル・ワシントン、クライヴ・オーウェン、ジョディ・フォスターら豪華キャストの共演するクライムサスペンスが気になり、劇場に行って参りました。  ・クライヴ・オーウェン演じるダルトンが4人の仲間と共に、塗装業者..... [続きを読む]

受信: 2006年6月11日 (日) 22時51分

» インサイド・マン [ブログ:映画ネット☆ログシアター]
映画、インサイド・マンを見てきました。内容の方は、良い悪いは別として、豪華キャストなのでそれだけで期待したのですが、あまり生かしきれていなかったような気がします。特に女弁護士役は、ジョディ・フォスターじゃなくてもいいような気がしてなりませんでした。デンゼル・ワシントンもイマイチ生かしきれてなかったので残念。クライブ・オーウェンは、いい味をだしていたと思います。どんな役をやっても違和感ないですね。さすがハリウッド版:役所広司。ずっと前から気になっていたんですけどなんとなく似てますよね!?... [続きを読む]

受信: 2006年6月13日 (火) 19時47分

» "INSIDE MAN" 観ました!! [きれい組 スタッフルーム]
 『INSIDE MAN』、先週の土曜日から公開しましたが、Hanaも初日の初回に行ってきました。  その前日には『Good Night & Good Luck』を観ました。こちらは今原作みたいなのを読んでいる最中なので、読... [続きを読む]

受信: 2006年6月15日 (木) 17時31分

« ライフカードCM | トップページ | 舩橋淳監督の映画感 »