« 「パピリオン山椒魚」 | トップページ | 初恋 »

2006年5月31日 (水)

嫌われ松子の一生

Cast01「嫌われ松子の一生」見てきました。公式サイトはこちら




 公開前から評判高くて、TVで流れるBGMも超弩級、出演者も実力者揃いとあって、今日昼間見に行ったのですが立ち見でした(笑)でも、恥ずかしながら途中から涙が止まらなくなったので、立って見てて良かったかも・・・

 この映画のスゴイところを一言で言うと、公式にある監督のコメント「欠点だらけでダメな人ほど魅力的。こういう毒のあるストーリーの映画が、単館系ではなくメジャー系で上映されるようにしたい」に尽きると思います。この、まるで昔の仁侠映画のような容赦のないヒサンな話を、「映画の力」を結集し、一大ミュージカル・エンターティメント、娯楽大作に仕立てているところが何より凄いんですよ。中島監督、結構年イッている筈なんですが、若い極上の直球ストレートなミュージシャンを狙い過たずスパッと連れて来るし、女性特有の「脳内の現実」をCG区駆使してカッキリと現実の映像として取り出してみせる。その、映画を見に来る観客が身に纏っている「今」を「嗅ぎ分ける力」が凄い。映画の先にある「観客の持つ世界」に入り込む力が図抜けているんですよ。だからエンターティメントになりうるんですね。映画監督やっていたのではこういう映画は撮れないだろう(笑)というくらい、観客の感性を的確に感じ取りそこにゆだねる懐の大きさを持った監督さん、小気味良いですv

 しかしこれだけ徹底してエンターティメントだと、、見てる方は大船に乗っていられますが(笑)演じている人は文字通り地獄のようだったと思います。今映画を見ている人の頭の中の映像はぶっちゃけ文字ではなく漫画ですから、現実を絵の中で美しく昇華するのは、実は一番親しんできた「逃がし方」なんですよ。そこに気づいて人間でありながらシンボルとなり、生々しさをかき消してまるでアニメのように「美しく」・・・させた監督は凄いですし、なりきった出演者の皆様は、いわば普段の演技とは真逆のスタンスを取らなければいけなかったわけですが、でも見事に「映像化した存在」になってましたよ。凄いです。そして中谷さんも含め、どの人も寸分たがわぬ完成度の高い「存在」になってましたが、伊勢谷さんはもう、本当に圧巻でした。たぶんこの「存在」は私の頭から、これから先ずっと離れないと思います・・・

 各所でこれから絶賛の嵐になると思うので、褒めるのはこのくらいにしてここから先は私事にからんだつぶやきを(^_^;)
 えー、私が教員だった頃、先輩女性教員に「松子」先生が何人かいました。たちの悪いヒモが付いていたり、親や生徒とのカンケイから足が洗えなかったり、夜のバイトをしていたり、アイドルの追っかけをしていたり、生活に押しつぶされそうになっていたり・・・だから今日は見ていてちょっと本当につらかった。程度の差こそあれ、あっという間に「共依存」関係にずぶずぶとハマっていく、深いコンプレックスを抱えた人を、私は「嫌われ松子」の周りにいる人と同じように、遠巻きに見ていることしか出来なかった。しかも、自分にもそういう暗い部分があるのを知りながら、ああはなりたくない、とさえ思ってた。私と違って彼女達は、少なくとも先生としてはすごく頭のいい、気配りに長けた「いい先生」たちだったのに。
 たぶん、女性は人生のごく早い段階で「いい子なだけではダメ」という現実に突き当たるのでしょう。本人の努力とは無関係なところで品定めされる不条理なら、幼稚園児だってわかっています。だから夢の世界で遊ぶわけです。ところがその現実がつらすぎて、無意識のうちに現実を無視し「いい子」に夢を見続ける人もいるわけで・・・残酷な夢、だと思います。映画は、そんな心理学的社会学的病理など吹っ飛ばして(笑)ただ「松子にとっての真実」を披露していくだけですが、その脳内からこれでもか、これでもかと取り出されてくる「お花畑」が本当に美しくて、その美しさに、私はただただ涙がとまらなかったです。

|

« 「パピリオン山椒魚」 | トップページ | 初恋 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103190/10331595

この記事へのトラックバック一覧です: 嫌われ松子の一生:

» 嫌われ松子に恋をした! [トカゲヘッドに訊けっ!]
トカゲヘッドです。こんばんは。 『嫌われ松子の一生』山田宗樹著 を読んだ!  映画『嫌われ松子の一生』を観て以来 中谷美紀のタコちゅう顔が、頭から離れないトカゲですが、本日小説版『嫌われ松子の一生』を読了しました。  まず感じたのが、映画は意外と....... [続きを読む]

受信: 2006年6月 4日 (日) 02時24分

» 日本版「フォレスト・ガンプ」のような「嫌われ松子の一生」 [万歳!映画パラダイス〜京都ほろ酔い日記]
 そもそも25万部を売ったという同名の原作(山田宗樹著、幻冬舎文庫)からして知らない。どっちにしても「嫌われ松子」とはインパクトのある、うまいタイトルだ。その映画「嫌われ松子の一生」(中島哲也監督・脚本)を観てきた。悲惨な生涯(他人から見れば)をたどるの....... [続きを読む]

受信: 2006年6月 5日 (月) 18時00分

» 嫌われ松子の一生 [睡眠マン(´-ω-`)のにんにきにきにき日記]
監督・脚本/中島哲也 原作/山田宗樹(幻冬舎文庫) 中谷美紀 瑛太 伊勢谷友介 劇団ひとり 香川照之 市川実日子  黒沢あすか  柄本明  木村カエラ  蒼井そら  柴咲コウ  片平なぎさ ゴリ(ガレッジセール) マギー  片平なぎさ 竹山隆範(カンニ...... [続きを読む]

受信: 2006年6月 6日 (火) 01時18分

» 嫌われ松子の一生 [それでさ。]
昨夜、話題の映画「嫌われ松子の一生」を見た。 仕事を定時で切り上げ、普段あまり足... [続きを読む]

受信: 2006年6月19日 (月) 21時33分

» 「嫌われ松子の一生」中谷美紀は代表作を手に入れた [soramove]
「嫌われ松子の一生」★★★★オススメ 中谷美紀、瑛太、伊勢谷友介主演 中島哲也監督、2006年 リアルを排除し、劇画タッチで夢のような作品。 悪趣味に近い表現が随所に散りばめられて、 「これは映画じゃない」と 正統派の心の声が叫ぶが、 「一人になるより...... [続きを読む]

受信: 2006年6月24日 (土) 19時56分

» 嫌われ松子の一生 06年134本目 [猫姫じゃ]
嫌われ松子の一生 中谷美紀≒ 濱田マリ≒ 柴咲コウ≒ あたし> 山田花子 2006年  中島哲也 監督  山田宗樹 原作中谷美紀 、瑛太 、伊勢谷友介 、香川照之 、市川実日子 原作って、感動ミステリー巨編 (Official HP)?なの??http://co...... [続きを読む]

受信: 2006年7月 7日 (金) 14時07分

« 「パピリオン山椒魚」 | トップページ | 初恋 »