« 陽気なギャングが世界を回す | トップページ | 美しき運命の傷跡 »

2006年5月18日 (木)

愛より強く

Viewrsz150x「愛より強く」見てきました。公式サイトはこちら








 各所で見た人が絶賛してたので見に行きました。ドイツとトルコが舞台の激しい恋愛ドラマです。ここに出てくる人たちの、人間関係の根幹を成すイスラムの「戒律」について、感情にむき出しに訴える形で、ある意味正面から暴ききった所と、主人公2人の演技が半端ではなく文字通り「体当たり」で、ありきたりの恋愛物にない激しさと強さと「突き進む力」に圧倒されます。その押し寄せてくる感情の根っ子の底の奥にある、本当の意味での生命力にあふれた、プリミティブとさえ言える、まっすぐに相手を思う愛。バーで交わすおしゃれな会話から進展していく恋も、「可哀相たぁ惚れたってぇことよ」を地でいく恋愛もいいのですが、こういう、お互いに火花を散らすような戦いを相手に挑む、本当の意味でのfifty-fiftyな真剣勝負も、私はいいと思います。血がいっぱい出ますし、痛いシーン、暴力シーンてんこもりですので、普通の恋愛映画のようにうっとり酔っているヒマは全然ありませんが(笑)でも描ききってます。最後まで。真剣そのものです。その真っ向勝負の数々に、心から拍手を送りたいと思います。

そしてここから先は、あまり他人様のご参考にならない部分です(笑)
実は映画見てわかったのですが、主役の男優が、思いっきし好みでしたvvもうコレこそ「パターン」というやつです。何を隠そう、昔から「濃い顔のたれ目の男」が好きなんですよv ハマった順に挙げると

アル・パチーノ
世良公則
佐藤浩市

・・・最初のアル・パチーノがすべてを決した、という感じがしなくもないですが(笑)。
で、中でも、このユーネル氏(ジャイト役)は世良公則に似ていた。名作「カンゾー先生」に出てきたヤク中の医者(=世良氏)と同じく、このユーネル氏も映画の中で、今はやりの「ちょい悪』オヤジをはるかに通り越したダメダメオヤジ、でした。しかもそのダメダメぶりが半端じゃない(笑) シプヤで遊んでいる兄さんたちを捕まえて「ほら見てごら~ん、あーんなになっちゃうんだよ~」と言いたくなる様なヒサンな生活(どんなだ・笑)。でも、自堕落で生命力ゼロ(実は理由がある)状態なのに、色気だけは惜しみなくある。それはもう暑苦しいほど画面いっぱいにフェロモンみなぎらせたまま、でもそのまま所在なげに漂ってるだけなんですよ、ユーネル氏は。 ・・・・反則でしょう、それ(笑) しかも、恋に落ちるとニンゲンになる。彼女が帰ってこないので怒って床にぶちまけた食卓を、明け方近くなったら、ゴミ袋出してきて自分で掃除するんですよ、掃除vv  もうそのうなだれた首筋がすべてを許してあげたくなる可愛さvv 彼女の事を父として兄として遊び仲間として恋人として愛人として同棲相手としてルームメイトとして(偽装結婚の)嫁として、およそ男と女の間に生ずる関係すべてを注ぎ込んで、彼女を愛するその横顔のあたたかさ(@ファン三倍増)。いいなぁ、こういう男大好きですvvうっとりv

 あと、主人公の女性と名前が同じ、シベル嬢。この人の意思に満ちた強い顔がほんとうに美しくてたまりませんでした。ストーリー展開に「桜姫東文章」みたいなところがあるのでさまざまな「シベル」を演じなくてはならなかったのですが、そのどれもが強く、いつも美しさがはちきれそうだった。ユーネル氏と対峙して少しも引けるところの無い強さ。歌ったらきっと澄んだ高い声が響き渡るんだろうな、と思うような、硬質な、一途な愛に溢れる女性を好演してました。ほんとに素敵な女性でした。

|

« 陽気なギャングが世界を回す | トップページ | 美しき運命の傷跡 »

コメント

こんばんはー。
私もビロル・ユーネルに惚れました♪
そういえば、世良公則好きでしたー。
パチーノはそうでもないんだけど。
オダジョーは好きですぅ。

投稿: かえる | 2006年5月30日 (火) 02時49分

かえるさん

TBとコメントを有難うございました。
「愛より強く」に続いて「僕コレ」は、私も今期一押しですv
そしてやっぱり、ユーネル氏の瞳には世良さんを見ちゃうんですよね。
嬉しいです。
で、たれ目でも濃い顔でもないのに
何故かオダギリジョーも好きだという(笑)

またどうぞ宜しくお願い致します。

投稿: contessa | 2006年5月30日 (火) 14時53分

初めまして。
わたしも、ビロル・ユーネルにやられました。
>自堕落で生命力ゼロ(実は理由がある)状態なのに、色気だけは惜しみなくある。
まさに、そうでした。反則だけど、好きです。

「桜姫東文章」というのに反応して、プロフィールを見させていただいたら、歌舞伎お好きなんですね。
しかも、片岡仁左衛門ファン。
わたしも、大好きなのです。
これからも、よろしくお願いします。

トラックバックさせていただきますね。

投稿: いわい | 2006年6月14日 (水) 11時22分

いわいさま

こんにちは、初めまして。
TB有難うございました。

今ブログにうかがってびっくりして帰ってきたところです(笑)
歌舞伎以外にも、興味をお持ちのもので私と重なっているものがあり
拝見しながらどきどきしてしまいました・・・

こんど又是非うかがいたいと思います。どうぞ宜しくお願い致します。

投稿: contessa | 2006年6月14日 (水) 12時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103190/10113689

この記事へのトラックバック一覧です: 愛より強く:

» Head-On 『愛より強く』 Gegen die Wand [かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY ]
パンクは死んでない!映画のパワーに魂が震える。 痛烈にハートをえぐられて。ココロが大動脈出血。 ドイツのハンブルクに住むトルコ系移民のジャイトとシベルの物語。R-18 とびきり魅力的なラインナップだった4/29公開の東京ミニシアター作品。その中で、私が最も期待に胸を膨らませていたのは何を隠そう、第54回ベルリン国際映画祭金熊賞受賞したこの『愛より強く』だったわけで。(2番目に楽しみだったのは僕コレ。3番目のブロ・フラはやや消化不良に終わり。) そして、期待は裏切られず!! 1973年生まれ... [続きを読む]

受信: 2006年5月30日 (火) 02時45分

» 愛より強く [シネクリシェ]
 主人公のジャイトのキャラクターがよい。本人のすさみ具合もよし、住処の荒れ具合もまたよし。まさに絵に描いたような無頼派です。  最近で観た映 [続きを読む]

受信: 2006年6月 7日 (水) 06時35分

» 『愛より強く』 [狐の穴にて]
痛々しいほど激しい愛が心に突き刺さった。 [続きを読む]

受信: 2006年6月14日 (水) 11時20分

« 陽気なギャングが世界を回す | トップページ | 美しき運命の傷跡 »