« ドールショウ | トップページ | ドルパの商品(2) »

2006年5月 1日 (月)

人の上に立つ人

 特にその仕事に長けているわけではなくても、その場の長になってしまう人がたまにいます。今日はそういう方とご一緒に半日仕事をしてきました。

 仕事が出来ないと人に指図することが出来ないか・・・これははっきり言ってYesです。仕事が出来ない人は、目の前の仕事は見えても全体像と段取りが見えていませんから、仕事に優先順位をつけたり、〆切から逆算して工程を日割りしたりが出来ない。そうすると、ただ思いつくままに指示するしかなくなるのです。その人の言うことを聞いていても、いつまでたっても仕事は終わらないということになります。
では、仕事が出来ないと人をまとめることが出来ないか。これはNoです。自分に自覚があれば、例えば仕事の要諦は部下に頼んで作ってもらうことも出来ます。工程が不安なら、チームを組んで皆で確認すれば、周知徹底も早いでしょう。自分は仕事が出来ないという自覚があれば、そうではない部分、例えば職場の人間関係や、上司や得意先との関係といった人間性の分野で頑張るようになりますから、もって生まれた人柄がよければつとまります。

 つまり、自分は性格が悪いなぁと思ったら仕事を覚えればいいんだし、自分は仕事の呑み込みが悪いなぁと思ったら(ヘンな意味ではなく)人に好かれるよう頑張ればいいのです。世の中には「仕事も出来る人格者」などヤマほどいますから、どちらかだけでは正直どうにもならないこともあると思いますが、少なくとも両方出来ないよりは、いいんではないかと。

 そして今日、躍起になって叫ぶ姿を部下に鼻で笑われる上司ほど、孤独なものはないと、しみじみ思ってしまいました。孤独というのはつらいものだというのはわかってはいたのですが、あそこまで心を爛れさせるものかと思いましたよ。
 がんばっている人を心底哀れに思ったのも、初めてだったかもしれません。それほど、その人はガンバッていました・・・。

|

« ドールショウ | トップページ | ドルパの商品(2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103190/9851773

この記事へのトラックバック一覧です: 人の上に立つ人:

« ドールショウ | トップページ | ドルパの商品(2) »