« 嫉妬の香り(10) | トップページ | ウォーターズ »

2006年3月11日 (土)

時効警察(9)

 最終回は第1回と同じ、三木さんが監督の回でした。第1回第2回で出てきたネタ繋がりのネタが、たくさん出てきて、その度にその元のシーンを思い出していました。なんか、間の回が毎回毎回とても濃かったので(笑)、ネタ見ても一年ぐらい前の話のような気がするんですが、たった2カ月前のこと、なんですよね。出演者、スタッフ、監督の皆様、たった3ヵ月でしたが1年分ぐらい楽しませていただきました。本当に有難うございました。

 先に、この間ココに書いたネタのたねあかしを。まず私達が行った日の時効課の撮りは前半部分に集中してました。タイヘンそうだったのは、実はタイトル前、時効のハンコ押すところまで。さらに三日月さんが「誰ですか私のかばん裏返したの!」って怒っているその白いかばんが,表に返すと「アマデウスかばん」になっているんですが(美術部さん謹製)、ビニールが硬くてその場で返して見せる、という事が出来なくて、放映のような別撮りになりました。見ていて充分そのつながりはわかりましたが、監督がそれにこだわっていたのも何となく納得しました。
 それからレール敷いて撮ったのは、三人並んで総務課脇の一段高い廊下を歩いて来るシーンです。正面に構えているカメラが顔を抜いていきますが、右へ曲がっていった3人をその後頭部から(つまり画面左から)カメラがぬ~っと出てきて、最後尾のオダギリ氏が頭の後ろを掻き掻き階段を下りてくるところを、主に撮っていたのです。が。・・・カットに!!!すっぱりカットに!!!なってました(><)いやでも一瞬、オダギリ氏の後姿映ったでしょうか・・・あんなに苦労して撮ったのに、というのはど素人の戯言、っていうか、そういう事の積み重ね、なんですね。見えないだけで。今更ながら恐れ入りました。

 十文字刑事のネタは「人」でした。愚息は実は昔ほんとによく「人」と「入」を間違えていたので、見てるそばから涙流して笑ってました。私も笑いたかったんですが、何だか思い出して胸が詰まりました。十文字刑事には本当に「日本警察界のホープとして、キラ星のごとくまばゆい光を放ち続け」て欲しいです。ブログ「刑事 の花道」も、もう更新はないんでしょうか。最新ページはこちら

最終回ということで、ゲストも特別多くてしかも凝っていたと思います。私がひっくり返ってウケたのは「さんまのからくりテレビ」というフジ系列の番組には欠かせない「加藤教授」がしれっと出てきたことでした(笑)。ほんとに偶然道で拾った素人の本物教授さんなんですけれど、タレントに、なってましたね、立派にvv 教授、頑張ってください教授v

 


 そして!あの最後のバスのシーンは、あの三日月さんはもう反則でしょう~一緒に泣きそうになりましたよ~
婚姻届もまた新しく書いてもらえたしvv三日月さんのあの届けを見つめる熱い眼差しが、忘れられませんvvv

続きを期待してもいいの?というような,最後まで「時効警察」な終わり方でした。

6月のDVD、楽しみにしています。


【商品仕様】 タイトル : 時効警察DVD-BOX(全5巻)

発売日 : 2006年6月23日(金)  ※レンタルも同時スタート
価格 : DVD-BOX(5枚組) 税抜19,000円/ACBD-10371
         DVD1~5(全5枚) 税抜各3,800円/ACBD-10372~ACBD-10376
発売元 : 株式会社テレビ朝日 販売元 : アスミック・エース エンタテインメント
販売協力 : 角川エンタテインメント (C)2006 テレビ朝日・MMJ


|

« 嫉妬の香り(10) | トップページ | ウォーターズ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 時効警察(9):

» 時効警察 最終回 [日々の書付]
うわーん、終わっちゃったよ、時効警察。 これから何を楽しみにしたらいいんだ… ところで、スペシャル、もしくは続編、やらんのですかね。 やって欲しいなあ。いや、やりましょうよ。 今回は最終回にふさわしくゲストも豪華。(ROLLY、鳥肌実) 小技もいろいろありましたが、なんといっても やわらか地蔵とショッカーの職業は団体職員。 又来さんのキダ・タローヘアと、 お葬式の時の黒柳徹子ヘアが最高! 【きょうの三日月さん】 母さん、わたしあの婚姻届、どうしたのでしょうね? ええ、冴... [続きを読む]

受信: 2006年3月18日 (土) 21時58分

« 嫉妬の香り(10) | トップページ | ウォーターズ »