« 時効警察(8) | トップページ | シリアナ »

2006年3月 6日 (月)

アカデミー賞

 


              速報記事です。

「クラッシュ」が何とアカデミー賞受賞しました。
他に編集賞、脚本賞も取っています。

個人的に候補作の中で「ミュンヘン」よりは数段上だと思っていましたが
「ブロークバック・マウンテン」を超えるとは思いませんでした。
・・・エンターティメントとか娯楽とかいう、簡単な目線で捉えられると
ちょっとツラいところのある映画だと思ったので。

大変にエラそうな言い方ですが、
今日はアカデミー賞を見直しました(///)

|

« 時効警察(8) | トップページ | シリアナ »

コメント

おぉ、今年のアカデミー賞に「クラッシュ」が選ばれましたか。脚本賞もですか。
凄いですね。
アカデミー賞あっぱれ、です。
この作品は未だに見ることができずにいるのですが、近々見に行ってきます。

投稿: Yuko | 2006年3月 7日 (火) 01時17分

Yukoさん、こんばんはですv

そうなんですよ。今日の3時頃速報が出まして、嬉しくて携帯から慌てて書いてしまいました。

「ブロークバック・・・」は題材は同性愛ですが、普通の純愛モノで、しかも「風と共に去りぬ」とか、あと大河ドラマにもなりそうな、壮大な一大叙事詩でした。ので下馬評は、こちらがほとんど浚っていたのですけれどね。

「クラッシュ」は、それに比べると、大変質の高い短編小説集、といった感じがします。テーマは果てしなく重いですが、サリンジャーの「ナインストーリーズ」なんかと似た、乾いたあたたかさがとても心地よい佳品です。
なんていうか、商業ベースで見た時の映画自体の大きさが、アカデミーという感じじゃなかったんですが、
こうして作品の質で受賞が決まるのなら、これから映画作る人たちにとってもとても励みになると思いました。

アカデミー賞GJです(笑)

投稿: contessa | 2006年3月 7日 (火) 01時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103190/8971004

この記事へのトラックバック一覧です: アカデミー賞:

« 時効警察(8) | トップページ | シリアナ »