« 京都ドルパ(1) 京都御所 | トップページ | 京都ドルパ(3) 花灯篭 »

2006年3月21日 (火)

京都ドルパ(2) 壬生

DSCF0010

東寺まで乗ったタクシーの運転手さんと大河話で盛り上がり、あれよという間に(笑)大門まで連れて行ってくれました。武張った風情が島原らしいです。













DSCF0011

DSCF0012 現在も営業中の「輪違屋」1人5~7万は東京よりずっと安い気もしますが、嗜みがないと遊びにならないでしょう・・・












DSCF0009DSCF0006角屋。1000円で説明付き拝見できます。一番広い座敷は小火がおきて新しく、唯一入れますが、ここで鴨を酔いつぶした由v斉藤さんの辺りに座ってみました(恥)




DSCF0008DSCF0007お客玄関の脇の刀傷。嗜み云々より支払いで(汗)揉めたそうです・・・









DSCF0014DSCF0015壬生寺。GWの狂言興行、真剣に検討中。





DSCF0017DSCF0016御馴染前川邸と屯所跡






DSCF0019DSCF0018

光縁寺。成瀬さんのお薦めで初めて行きましたが、隊士のお墓もさることながら、お寺の雰囲気がとても良かったです。






DSCF0020

「天使の里」フェアで嵐山に居る皆さんと嵐山線で合流。嵐山駅で足湯も楽しみ、生駒さんのきもいりで「西山草堂」でゆっくりお昼。小雨混じりで冷え切った体には至福の時でした。
この後、夜に備えて宿でひと休み。帰る途中の錦市場で見た魚の名前がとてもとても懐かしかったです。





|

« 京都ドルパ(1) 京都御所 | トップページ | 京都ドルパ(3) 花灯篭 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103190/9173287

この記事へのトラックバック一覧です: 京都ドルパ(2) 壬生:

« 京都ドルパ(1) 京都御所 | トップページ | 京都ドルパ(3) 花灯篭 »