« スルツカヤの笑み | トップページ | 鹿鳴館 »

2006年2月25日 (土)

時効警察(7)

 今回は、熊本係長v脚本、塚本監督演出の巻、でした。前回熊本作品の3話とか、こないだの6話が割と強力vvだったせいか、今回はふつーの刑事ドラマっぽく見えました・・・いや、もう感覚がこちらの世界には戻れないのか私!(笑)
 速射砲のコネタ連発が大好きvvなので、今回綺羅☆のごとくちりばめられたぎっしり感に大満足です。やかん、とか牛の鳴き声とか、割合ストレートなものが多かったですが、「物量作戦」というユルさそのものが素敵ですvv

 o002_b                   

そしてそんな中でもやはり皆に愛される十文字刑事!今回は神々しいまでに光り輝いていましたよ~vvもう、そのまま燃え尽きて真っ白な灰になっちゃったらどうしようっていう、あの入魂のライティングには本当に涙で前が霞みました(笑)。いや、ここまでやるとはvv実はオダギリ氏の昔の雑誌掲載写真に「だからあしたのジョー」っていう有名なコラボ作品があるのですが、その大向こうを張った一幕だとしたら、もうこれは拍手喝采ですv前回の大活躍から、何だか刑事魂に火がついて微妙に仕事にいそしむ(笑)十文字刑事のブログはこの写真からどうぞ。


   この時効シリーズは毎回ゲストの女優さんがその力量を存分に発揮していて、それも楽しみなのですが、今日の葉月さんは今までで一番「意外」な使われかたでした。設定は友人の夫を寝とるので色っぽいには違いないんですが、なんていうか、連れ子も含めて三人の子の母、としての姿が、すごく現実味があり存在感がありました。私のつたないイメージだとおよそ葉月さんには似合わなさそうな役・・・だったんですが。子供との生活に疲れてはいても芯があり、そのまっすぐさから生まれる美しさ。天下の色男オダギリジョーと同じ画面に入ったら、それだけでもうタイヘンだろう、という下種な予想を蹴散らして、葉月さんは実に一部の隙もなく、リアルで、しかもどこまでも艶やかでした。巷間伝えられる「魔性の女(ほんとに失礼・すみません)」属性ってこういう事かと、何だかオヤジのようにほうとため息ついてしまいましたよ。私なら、一瞬で、恋に、落ちます・・・(だから何)。

 えーと、塚本演出の音のつけ方にも(笑)大分慣れてきましたが、今回オダギリ氏は所作ボケという、一番基本的な役回りに徹していました。私は個人的にはオダギリ氏はどんなにうまくてもコメディアンではないと思うので、これで良かったと思っています。特に百戦錬磨の兵揃いの「時効課」にあっては、ストレートに役者でしかない。だからその立ち位置を利用した今回のようなごくわかりやすい笑いの方が、却って落ち着くような気がします・・・やっぱりウケたり流したりという「間」は、人と空気で組み立てていくものですからタイヘンです。

あと2回で終わってしまう今頃になって発覚した(笑)サネイエ嬢の、恋の行方が、気になります・・・・







 

|

« スルツカヤの笑み | トップページ | 鹿鳴館 »

コメント

contessaさん、こんにちは。 小次郎さんの所のコメント欄では、小ちぇえ事はいいんだよ!!(by十文字疾風)をつい突っ込んでしまって申し訳なかったです。(涙) ワザとじゃないんですよワザとじゃ。(滝汗) 「西山」って何の役名だっけ?と、くるり~くるり~♪(by小早川伸木の恋)と頭の中で真剣に考えてしまったんですよ。(これはホント。) 来週は、私がかねてからいつか見てみたかった、オダギリジョー氏の「女装シーン」(コスプレとも言う)が見られるので本当に楽しみなんですよ!! しかもエンジ色ラインのセーラー服なんて、某有名女学校(東○英○)みたいで、すごくイイ。 しかも、正統派美少女系ではなくちょっと崩れた(?)感じがまたイイ!! 予告だけで大盛ご飯(三日月ちゃんみたいに)何杯もイケますね~、ワクワク♪ 私もサネイエ嬢の淡~い恋の行方の方も、ますます目が離せませんわ♪♪ ではまたね。

投稿: miri | 2006年2月25日 (土) 13時20分

miriさん
こちらこそ、大変失礼致しました~
キャラの名前を間違えるなんてファンとして信じられないような間抜けですが、実際素で間違う天然なのですよ(^_^;)
こんなお馬鹿にお気遣いは無用ですから、どうぞこれからも遠慮なくツッコんで下さい・・・頼りにしていますvv

で、間違えておいて何なんですが(滝汗)
私西島刑事ものす~ごく好きなんですよ(はぁと)ファンの方々の間で賛否両論みたいなので、ちとレビューをためらっているのですが、ビジュアル的にも一番好きだし、演技的にも小細工一切無しガチ一発勝負(笑)な緊迫感が、オダギリ氏の真髄、一番美味しいとこだけ抽出している感じ、なんですよね~
カッコいい主役、というのは本人嫌いなんでしょうけど、でももっともっとやってほしいなぁ。。。もっとvv

>ぢょそう
いや、予告で、三日月さんが倒れた後にスカートが映るので、顔がアップになって仰天しました・・・スケバン刑事?(古スギ)
それと夜中のテレビでネ○投げっていう、女性をともえ投げにして運気を上げてあげる番組、無かったでしたっけ(放送中止になった)・・・あれ三木さんが構成じゃなかったかなぁ


miriさんは、時効以外にもテレビドラマよく見てらっしゃるんですね~
「小早川伸木の恋」って面白いですかv何か今期コレはオススメ!!なのがあったら是非お教え下さいm(_ _)m

投稿: contessa | 2006年2月25日 (土) 20時52分

contessaさん、おっは~!!(「慎吾ママ」byサタスマ・2000年) 「顔」(2003年4月~6月)いいですね~。うんうん 髪型が「ブラックジャック」みたいで、決まってる~♪と思ったんですよ、当時は。 役柄は、私が一番最初にオダギリ氏に出会って(?)、一瞬で恋に落ちてしまった(大げさ?)「サトラレ」の里見健一医師の雰囲気に比べると、「真逆かも?」ではありますが、もちろん放映が同時進行だった「天体観測」の木崎タケシにもしっかり注目していたし、その後、2002年7月に「仮面ライダークウガ」のビデオ全巻を速攻で購入した私としましては、「ジキルとハイド」みたいに、裏と表の両面をちゃんと表現出来る俳優さんだと知っていた(つもり)なので、西島耕輔大スキですよ!!! 彼はとても難しそうな「多重人格者」の役だって、さらっとこなしそうですよね!! ところで「おネプ!」の「ネプ投げ」問題知ってますよ~!! 「スケバン刑事」全部観てますよ~!! 私は「おニャン子クラブ」と全く同世代なんですよ。(懐) 今期のドラマでちゃんと観てるのは「時効警察」だけです…。ゴメンなさい。 「白夜行」一応全部観てますが、嵌るまでには至らないんですよね~、トホホ。 ではまたね。

投稿: miri | 2006年2月26日 (日) 10時13分

miriさんこんばんわ~v

そうか、miriさんは「サトラレ」で恋に堕ちたんですねv
「サトラレ」は映画版もありますけど、実は韓国・中国でオダギリジョー人気に火をつけたのは「サトラレ」が最初だと言われてます。あっちでは映画版サトラレはDVDにもなっていなくて、テレビ版サトラレが人気。ファンの嗜好も日本と似ていて「かわいい」系のオダギリが好まれるようです。「クウガ」とか、バラエティに出てた頃のオダギリ映像などはあちらのオークション市場ではエラい高値です(笑)。「バッチギ」「ビギナー」も人気。中国はさらに、市場の規制が厳しくて映画はなかなか見られず、テレビは流出が早くほぼリアルタイムで見ているので、テレビオダギリが中心のようです。私が毎週必死で見ている「嫉妬の香り」もあちらではなぜかDVDになってます(汗)。
逆に台湾では、「天体観測」とか「あずみ」「顔」「新撰組」「血と骨」「スクラップヘヴン」なんかが人気です。「ヒミコ」は割と両方の客層を掴んでいるみたいで、良かったですが。


見ている、知っているテレビ番組が同じだと、とても親近感が湧きます~(笑)
元おにゃんこの比企理恵さんの実家のすぐそばに住んでいるcontessaでしたvv

投稿: contessa | 2006年2月26日 (日) 20時43分

contessaさん、しつこくてスミマセン、miriです。 本当にいろいろ博学で感心しまくりですよ、スゴイスゴイ。 そういえば去年の今頃、あるファンブログのコメント欄にシンガポール人の熱烈ファンの方の日本語書込みがあって、挨拶とかいろいろやり取りしたのを思い出しました。 「サトラレ」も大好きで、「新選組!」DVDも取り寄せるといっていた様な…。 現地では「字幕」か「吹替」か「両方」か聞けばよかったな~。 contessaさんなら知ってそうなので聞いてもいいですか? 「サトラレ」って、字幕にしたら、画面いっぱいになりそうなんですけど(笑)、「字幕版」もあるのかな? それとも「吹替」だけかな? 気が向いたら教えて下さいね♪ ではまたね。

投稿: miri | 2006年2月27日 (月) 07時22分

おはようございます、miriさんv

えーと、大きな声では言えないのですが(笑)
うちに実物がありますので(サトラレ字幕版・中国語ver)
今度機会があったら是非ごらん下さい。
簡体字でわかりにくいと思いますが、だいたい1行くらいで収めてますしv
「里見」という名前と「サトラレ」を]結び付けているあたり感心します(笑)

シンガポールは広東語と英語がメインの国なのでどうなっているかわかりませんが
(公用語が2つある国は、字幕を並べず2種類作るみたいですが、字幕と吹き替え併用、というのも見た事あります)
基本的に「吹き替え」というのは、アニメ文化が発達し、演技力のある声優が職業としてきちんと認められている日本のやり方で(もちろん全然ないわけではないですが)他国ではたいていは字幕のようです。
日本に来たガイジンに吹き替え版インディージョーンズとか見せるとモノスゴク喜ばれますよ(笑)。

投稿: contessa | 2006年2月27日 (月) 09時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 時効警察(7):

« スルツカヤの笑み | トップページ | 鹿鳴館 »