« 道明寺 | トップページ | BIG RIVER 紹介記事 »

2006年2月14日 (火)

ヴァレンタインのチョコ

 オダギリ氏が、某雑誌の連載で、昔ヴァレンタインにもらったチョコを犬にあげた・・とか(笑)書いてました。そりゃファンの人からしたらタトエ昔の話だとしても激昂ものでしょう。でも私は最初読んだ時、ものすっごくオダギリ氏に同情しました。気持ち、わかる~と、その犬にやっている背中を叩いてあげたいくらいでした・・・私なんて、もっと悪逆非道なこと、しましたからね(涙)。以下、私のカワイソウな初恋の話です。

 私は中、高と女子高だったので、色恋沙汰のないvごく平凡な生活を送っていました。ただし新聞部、というカタい委員会にいたので、年功序列でv高2の時は部長になりました。そしたら、任期終わり間近の2/14、帰りに下駄箱に行ったら、なんとも大量のチョコが詰め込まれ積まれていたのです。えーと、念のため言っておきますがこれはうちの学校の伝統というか悪弊で(笑)、バスケ部やバレー部剣道部ダンス部なんかの部長は、その日紙袋を抱えて帰る後輩を指名しておかなくちゃならないほどのチョコが!来ます。しかし委員会の部長だった私は油断していて(笑)、しょうがない、頑張って一人で持って帰りました。
 物凄く、重かったです。本当に重くて重くて、駅の階段なんて上がれなくて、そのうちだんだんこれが体のいいイヤガラセに思えてきて、家に帰る頃には完全に怒ってました。そして可愛い後輩の心のこもったカードを読んでいるうちに、更に怒りは沸騰してきました。頼りにしています、とか、てきぱきしていてスゴいです、とか、カッコいいです、とか書かれても、全然嬉しくありませんでした。その時実は私は人生で初めて好きな人がいたんです。だから男っぽかったり仕事頑張っちゃう自分が大嫌いで、たぶんもっと女の子らしく見られたかったのです。しかしチョコの数が(笑)文字通り現実の重さ、でありました。
で、どうしたか。悪逆非道な私は、人様から貰ったチョコレートでずっしり重いケーキを作って、何と翌日、それを「憧れの人」にあげたんです(ヒデェ~)。
 ある意味、犬にやるよりヒドい仕打ち。。。その人は、当時既に30才で、それこそチョコなんて降るほど貰うまじめな大人でした。その日いつものように一緒に作業して、いつものようにお茶になった時、出てきたチョコレートケーキの由来を聞いて、その人は大爆笑しました。ケーキを頑張って平らげながら「来年は俺ので作ってよ」とダンボールに入ったチョコと手紙の山を見せてくれました。そうして、そんなにチョコ貰えるなんてカッコいいじゃん、と慰めてくれました。1日遅れだけど、今年もらった中で1番忘れられない、と喜んでもくれました。でもその時私には唐突に、30男の目に映る女子高生というものがどんなものであるかが、えらくはっきりと見えてしまったんですね。いかにも生半可で中途半端で扱いにくい、あらゆる意味で発展途上の厄介なカタマリ。その人が私を見る目が、今更のようにありありと思い出されました。そうして、目の前に積まれた数多の手紙の主たる「完成品」ですらこの人を繋ぎとめる事が出来ないのに、「可能性」なんて更に更に無意味だ、としか思えませんでした。
 その後半年ほどして唐突に作業は終わり、その人と会う機会は二度となくなりました。チョコレートケーキが天罰を、下したのだろうと思います。



教訓:チョコはなるべくたくさんの種類を混ぜ合わせたほうがおいしいv

|

« 道明寺 | トップページ | BIG RIVER 紹介記事 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103190/8661964

この記事へのトラックバック一覧です: ヴァレンタインのチョコ:

« 道明寺 | トップページ | BIG RIVER 紹介記事 »