« 嫉妬の香り(7) | トップページ | ゑろ画像。 »

2006年2月18日 (土)

時効警察(6)

 今回ばかりは見た人の感想が気になっちゃって旅に出ちゃいましたよ・・・の園子温第2回目監督作品。
 これ、十文字刑事に思い入れのある人と無い人では、大分感想が違うのじゃないでしょうか。私なんて、最後泣いてましたよ。反則ですvvいや、このドラマ見てまさか泣く日が来ようとは思ってもみませんでした・・・実は時効警察シリーズが終わったあと、十文字刑事で今流行のスピンアウト物一本撮ってくれないかな~とかぼんやり思っていたのですが、今回のがまさにそんな感じ。十文字刑事、気の毒がさらにカワイソウ着て歩いているようなキャラになってましたが(笑)、しみじみ惚れ直しましたv最後画面に映ったトレンチコートはまさに「刑事の花道」!ブログへはこちら から是非どうぞ。

それと、映像的に園さんワールドが(私的には)満載でした。園さんというとスプラッタとか暗渠とかのイメージが先行しますが、力強く映像の美しさを探り引き出す人でもあるんですよね。あくまで前衛的なので?もつきますですが、映像詩人っていう言葉も今回久々に思い出しました。寝転がる霧山君のまわりに広げられたカード、高架下の殺人シーン、あと妊婦の三日月さんのシーンなんて圧巻です。ゴダールばりの、なぎ倒すような力に溢れた映像美。麻生さんでないとあれが絵空事になってしまう・・・そのぎりぎりっていうところが又スゴイ。霧山君の頬に描かれた涙(笑)も含めて、園さんのシュールで気合の入った映画的創造世界をバーンと切り取って見せてもらったような、すごく贅沢な気分でした。うっとり。

それと、時効前に捕まっちゃったら「ふつーの刑事ドラマ」なんで、これも本来反則なんですが、今回は空気読めない十文字さん(笑)に、うまく脇に、付けていたのでよかったのではないかと思います。それをせっつく霧山君は、最後の「誰にも言いませんよカード」のシーンを生かすために、今回かなり右往左往していましたが(私はあの叫ぶオダギリ氏はパスだなぁ・・・・)、それでも最後自力で見事に落としたのはさすが、だと思いました。このシーンだけは脚本によらずオダギリ氏の演技力で創りあげた感がありますが、そこまでのすべてをだまらせる、見事な「見せ場」でした。十文字さんとは対極を成す、オダギリ氏にしか出来ない正統派「主役演技」。たぶん、ここは園さんが望んで丸投げしたのではないかな。オダギリ氏を撮る以上は、本人がどんなに嫌がっても、首に縄つけてでも、その底力を画面に溢れさせる事が監督の至上命題ですから(きっぱり)。監督GJですvv


ナンシーって誰?とか、あの最後の青空はひょっとしてク・・・、とか(笑)小ネタも結構ありましたが、1回ぐらい、こういうしみじみとした回もあってもいいのではないかと思いました・・・


<ウンチクはちゃんと覚えていないとウンチクにならない好例>
① 8 1/2という映画を映画の中で紹介しさらにパロディにした映画・・・のもじりになってたのが三日月さんの行った美容室。アノドアも、座ってた椅子もそーなんだけどなぁぁぁぁぁぁ映画の名前が出てこない>アメリカ映画
② 「恋は比喩なんだよ」「日常に比喩を持ち込んだらブンガクになってしまう。それではだめ云々」の霧山君のはぐらかし(笑)は寺山修二なんですが、ですが・・・・出典が韻文だったか評論だったかもうろ覚え。いや、園さんファンはきっと知ってる(泣)
③ 「うすうす」って・・・・・「うすうす」って・・・・・それって園さん・・・・言いたいことはわかるけど確かに園さんテイストだけど(笑)・・・・・関東近辺発売、じゃなかったですか(^_^;) 発売元もうろ覚えですが、確かあの口調のCMもありました>岡本理研、ぢゃなかったような。


①。②。③。  ご存知の方いらっしゃいましたら、是非お教え下さいませ(泣)

|

« 嫉妬の香り(7) | トップページ | ゑろ画像。 »

コメント

「フェリーニの8 1/2」っすね。
ちなみにナンシーはセックスピストルズの映画「シド&ナンシー」のナンシーっすね。

投稿: ユキ | 2006年2月18日 (土) 18時03分

ユキさん、初めまして。
コメント有難う御座います。

言って下さっているのは'63年製作の原題"Otto E Mezzo"のほうですよね。白黒の。
それが上映されている映画館をもとに繰り広げられる、しかも話自体も微妙に"8 1/2"が下敷きになっているカラー作品があったんですよ。そこのにあのドアと、楽屋にあの椅子が、出てきてた・・・気がするんですが。
それが「フェリーニの8 1/2」という映画なんでしょうか。マニアックですみません。


ナンシーは(笑)、ソウキタカ、と思いましたが、彼女はふわふわブロンドに革ジャンの方がイメージじゃないです?
予告の段階で、あれ見て○-Japan?とか言っている人もいましたがv
いや、霧山君と2人、手に手をとって破滅への道を転がり落ちてくれるのなら、それはもう絶対見ますvv

すみません、私も調べてみますが、何かご存知でしたら又是非宜しくお願い致しますm(_ _)m


投稿: contessa | 2006年2月18日 (土) 21時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 時効警察(6):

« 嫉妬の香り(7) | トップページ | ゑろ画像。 »