« 「時効警察」の内幕に迫る!(1) | トップページ | 嫉妬の香り(6) »

2006年2月10日 (金)

「時効警察」の内幕に迫る!(2)

続きです↓↓↓

M:森高千里さんの曲のカヴァーですね。セイレンの「雨」。ドラマ「時効警察」の主題歌です。今週はですね、「時効警察」の内幕に迫る!ということで、「時効警察」の脚本、演出を担当されています、三木聡さんをお迎えしてお届けしています。
渡:まあ、あの、各所でですね、普通に、一般にご覧になっている皆さんの間でも、キャラクターとしてオダギリジョーさん、キャラクターの設定が大変評判になってて、更に、三木マニアの間では(笑)、シティーボーイズライブ時代のメンバーになぞらえて、「これは大竹さんのせりふだな」とか「これはきたろうさんの」「ここでいとうせいこう欲しいよね」とか、そういう会話がなされている(笑)
三:えー(笑)知らないです。
渡:知らないですか(笑)。でもそういう話ですよ。
三:いや、そうなんですか。
渡:えぇ、もうものすっごいマニアックなこう、波動を呼んでいる感じがする(笑)
・・・何か、三木聡脚本監督家としてはですね、このドラマで、何が一番やりたいんですか。
三:あ、僕の回はもう「小ネタがやりたい」っていうことだけですね(笑)
渡:あはは、そのおっきいストーリーの中にどんだけ小ネタを入れられるか。
三:ま、大きいストーリーは、まぁなんとかなるだろう、っていう感じで、とりあえずこう、ネタを積み重ねていって(笑)どうなるか、っていうところで。いや、他の監督さんちゃんとしてらっしゃるじゃないですか。だから1,2話爆走しても(笑)後は何とかなるだろうと。
渡:(みんしるさんに向かって)独特でしょ?
M:ね~面白いです。
渡:面白いんですよ~で、やっぱり「亀は意外と速く泳ぐ」の映画もそうでしたけれど、三木ワールドとしてはやっぱり「小ネタ」?
M:そう、映画もそうでしたものね。
三:やっぱり好きな事ですね(笑)。いや、好きなこと以外やらないほうがいい、ということですよ。
渡:(笑いながら)得意なものやっていこうと。
三:そうですね(笑)。ま、やれないものやったって失敗するに決まってんですから。
渡:アハハ・・ま、でも今回は、じゃ三木さんの、若干暴走も含めてね、それがでもいい形に出て、評判、聞こえてくると思うんですけれど、周りからなんか言われてる事とか、あります?「時効警察」に関して。
三:いや、どうなんですかね。あのー「ヤってますね」みたいな感じのメールは来てますよね(笑) まぁ祐(たすく)さんもそうですけど、昔から、やってることはもう、バレてる人達じゃないですか(笑)メール来る人は。出ましたね、みたいな(笑)。
渡:(爆笑)もう三木さん王道ですね、と
三:やりたいことやってますね、と(笑)
渡:でもね、今ね、もしこれさ、映画監督になりたいとか思っている専門学校の学生さんとかが聞いてたら、も、ビックリするよね(笑)。あ、そういうことでいいんだ~ぐらいの・・・
三:そうですよね、好きな事してればみたいな・・・
渡:いや、もちろん積み重ねはあるんだけど、積み重ねたものが「小ネタ」ってさ(笑)
三:しかも、あの、映画の仕事をやり始めようと思ったのがもう38とか9でしたからね。その時に、若者と一緒に何か映画教室みたいの行ったんですよ。一週間ぐらい(笑)大学生と一緒に。
渡:それでも、ドラマの監督が出来るんだと(笑)でもそういう意味では、TV朝日さんも寛容ですよね。
三:そう、寛容ですよね。まぁ「タモリ倶楽部」とかやってましたからね(笑)
渡:アハハ、そこの流れで(笑)
三:ええ、もうあきらめてるんだと思うんですよ(笑)。
渡:いや(笑)あきらめてる、あきらめさせているとしたら、それはすごい事ですよ。
M:う~ん、確かに。
渡:この後、後半に向かって「時効警察」はどうなっていくんですかね。
三:いや、まったくわかんないです(笑)
渡:(爆笑)
M:まったくわからない世界(笑)
渡:ざっくり(笑)
三:ざっくりですよ(笑)
渡:いや、という事で、この件は誰にも言いませんので(笑)。
三:はいすいません。謝っときます(笑)
渡:で、何とですね、3/1にはオリジナルサウンドトラックというですね・・・・
M:そうなんですよ。
渡:番組の中で使われている音がですね、またCDにもなるという・・・実はここにね、その音楽やっている、音楽担当している坂口さんも来ていただいて。坂口修さんって僕昔っから知り合いなんですけれど
M:みんな知り合いなんですね(笑)
渡:長いんですよ~20年ですよ(笑)。ということで気になる方は3/1是非、サウンドトラックもチェックして下さい。
M:ということで、今週のゲストはTV朝日で毎週金曜日夜11:15からオンエア中の金曜ナイトドラマ「時効警察」の脚本・演出家の三木聡さんをお迎えして、お送りしました。
渡:はい、実があったんだかなかったんだかわかんない話、有難うございました(笑)
三:有難うございました~(笑)

|

« 「時効警察」の内幕に迫る!(1) | トップページ | 嫉妬の香り(6) »

コメント

すいません、もう本編書いたら疲れちゃって(笑)
えーと、私中高生の頃、ずっと新聞部で、年に1回ぐらいインタビューコーナーもあって、テープ起こしもやってました。日本語から日本語、はそのとき以来だな、とちょっと懐かしかったり。
いや、当時のほうが全然速くて正確でしたね。もう覚えていられるフレーズの長さが倍と半分くらい違います(T_T)

そしてこの昼間のJ-WAVEは、子供がまだ赤ちゃんの時から、出かけたり、病院行ったり、実家行ったりお稽古行ったりする度にいつもお世話になっている番組でした。タスクさんたちの長い友情に感動しながら、この人たちの世代のお仕事に、これからも色んな所で出会えるのを楽しみにしています。

投稿: contessa | 2006年2月11日 (土) 09時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「時効警察」の内幕に迫る!(2):

« 「時効警察」の内幕に迫る!(1) | トップページ | 嫉妬の香り(6) »