« ブエノスアイレス(18禁) | トップページ | 祝!主演男優賞 »

2006年1月 9日 (月)

嫉妬の香り(1)

 ほぼ、PC回線を繋ぐ為だけに加入したCATVで、1月からオダギリジョー特集をやることになり、初めてテレビとして見てみました(笑)。だいたい同じ番組を週4回流すので、見逃しがちな私でも大丈夫(おい)。タイトルのドラマの他に、「アカルイミライ」とそのメイキングを放送します。

 で、これは辻仁成の原作が結構好きだったので見てた・・・記憶があります。オダギリ氏の役が原作には出てこない人で、それが原因か、途中からかなり原作からかけ離れた(おい)ドラマになっていってたのですが。
もともと嫉妬を題材としているので、下手をうつと「昼のメロドラマ」になるのは間違いありません。それをそういうドロドロに落とさず、悲鳴を上げそうな緊張感を皮肉たっぷりあくまで爽やかに(!)描いたのが原作の凄さ、でした。でも考えてみればそれは読んでいる人がそう思うだけで、実際の登場人物の動きだけを見れば、それはふつーのメロドラマと全然カワラナイんですね。私はこのドラマを見た人が「辻仁成」という人をゴカイするんじゃないだろうか(笑)と、そっちばかり心配でした。

 今見ると、これ、新撰組!の山南さんとクウガのゴダイ君の競演、という感じがします。組!の座談会で堺さんが「オダギリ君が呑み会に来てくれたのが嬉しかった」と言ってましたが、堺さんにしてみれば、あのゴダイ君がサイトーになってるだけで凄いオドロキだったんでしょう(笑)。堺さんは「嫉妬の香り」の後、「壬生義士伝」で不世出の沖田総司を演じ、そしてさらに組!で壮絶な山南さんを創生するのですが、もうこのドラマの時点ですでに、山南さんの片鱗が窺えます。一方オダギリ氏はまだ何をやってもゴダイ君で、でもこのドラマでのキレキャラが話題になって(笑)「顔」という刑事ドラマでキレる刑事役が回ってきます。ちなみにその、「顔」でも原作には居ない刑事の役なんですけれどね。

このドラマと、「顔」の時は、ひげをきちんとあたってヘアスタイルもごく常識的な(笑)ものなので、オダギリ氏、凄くかっこよく見えます・・・黙って立っていればv品のある正統派二枚目、という感じ。
当時は、「プラトニック・ラブ」という映画も含め、媚びる様な甘ったれた台詞回しがひどく鼻につく役者さんでした。本人曰く「がんばり過ぎていた」らしいんですが、私は出身劇団の指導法の、根本的な過ちを指摘したいと思います。。。


<主な出来事>
寺脇さんの起こした香りの会社で、川原さんは企画一切を任されている片腕でしかも妻。ところがある日、次の新しい企画の担当者として寺脇さんが連れてきたのが、誰も知らない無名の新人、本上さん。川原さんは高校の時、伊藤英明さん(回想シーンで登場)が好きだったのに、伊藤さんが本上さんを選んだ、という苦い記憶があります。更に本上さんは、その伊藤さんと結婚直前に破談しているので、今付き合っている堺さんとも、なかなか結婚に踏み切れずにいる。そんな時4人で食事に出かけ、堺さんが、今河原さんの抱いている「疑い」の内容を教えられます。

|

« ブエノスアイレス(18禁) | トップページ | 祝!主演男優賞 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 嫉妬の香り(1):

« ブエノスアイレス(18禁) | トップページ | 祝!主演男優賞 »