« シネ・アミューズ10thとアカルイミライ | トップページ | 最初で最後の宴会(笑) »

2006年1月14日 (土)

時効警察(1)

以前に書いた「イン・ザ・プール」より、更にハゲシク「シティボーイズ」でした。でもテレビだから間尺にあっててこれは良いですv 小ネタコントが静々と(笑)展開されていって、冷めた感じが面白い。あの頃は、3人の強烈なキャラがいて、でてくるせりふが不自然なほどのんびり、というギャップが面白かったのですが、今回はキャラそのものも全員不自然なほどのんびりしていて(笑)ギャップもなにも、ずっとのんびりです・・・ヘン(笑)。でも、耳を疑うようなあの「シティボーイズ級の小ネタ」(笑)が、謎を解く(っていうか話を動かす?)鍵になっているのが面白かったです。いや、ギャグで謎解き・・・カンベンして下さい(笑)
 もう一つ、帰ったらまた録画見ますが、この番組はスタッフがイロイロしこんでいるようです。私が気がついたのは、三日月さんが、鏡の前で嬉しげにク○ガの某女戦士のカッコしてた事。「やりすぎか・・・」って、それはそもそもアリなのか(笑)。考えたら、ここは他にも「サトラレ」とか製作しているんですよね。頑張ってウォーリーを探しますvv

<付け足し>
オダギリ氏目当てで見たのは100%間違いないのですが、第一回にして既に心を、っていうか目を(笑)奪われたのは、十文字刑事!!好きだコノ人~~~vv 携帯の着信が西○警察なんてワルノリすぎwあの息詰るようなタメがものすっごい好きです。それに、熊本さんがシティの斉木さんなら、十文字刑事はマンマ大竹まこと!もう、この2人は三木さんの意図がカンペキわかってましたねv脱帽vv
というわけでこのブログ始まって以来、初のトラックバック(?!)は
こちら!!!!!

<さらに付け足し>
というわけで、三木さん監督の回はオダギリ氏にきたろうさんの役回りが振られているわけなんですが、その件に関しては正直ちと中途半端だったかも。あの「落ち着いたしみじみとしたボケ」が(ク○ガのときもそうでしたが)間、のコントを受けるには必須なんですけど・・・善意の自白を迫る(笑)時だけでも、番組的にはヤマなわけなので、(お笑い方面ではなく)シリアス方向でひとつ何か道具が欲しいところです。ま、次回は監督違うので、きっとまた別の妙案が(おいおい)。あと、殺陣と一緒で受ける側(突っ込む側?)の手練ぶりにはほんとうに感動すら覚えましたwwオダギリ氏がゲラ(ホントに良く笑う人)なのもよーくわかりましたし。「自分が笑っちゃってNG出す」と記者会見で言ってましたが、熊本さんのノックの音で振り返る、そーんなお約束なベタな場面で「アナタが」笑ってどーするんですかwそこが実は一番オモシロかったよvv

それと、オダギリ氏のこの髪型は実は「山椒魚」という夏公開映画のキャラのスタイルなので、撮りが終わった今、ひょっとすると5話以降、もっとスゴイ髪型になる・・・・か?(笑)


 


|

« シネ・アミューズ10thとアカルイミライ | トップページ | 最初で最後の宴会(笑) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 時効警察(1):

« シネ・アミューズ10thとアカルイミライ | トップページ | 最初で最後の宴会(笑) »