« 有頂天ホテル(2) | トップページ | 250回目のお誕生日おめでとうv »

2006年1月26日 (木)

信長(新橋演舞場)

 歌舞伎の演目ではないのですが、海老蔵が出てるのでvこちらに。かなり以前から楽しみにしていたのですが私自身の予定が立たなくて、チケットも譲り譲られの繰り返しで、やっと行って参りました。
 今回はまず脚本が書き下ろし。演舞場なので信長の事は観客もある程度知っている、という前提で、かなり細かいところまできちんと踏み込んで描かれていたのが、良かったです。信長の精神論をかなり深く掘り下げていて、その苦悩と孤独が今までになく実に生々しく描き出され、「うつけ」と言われた人間信長が覗き込んでいた、その世界の深さ、大きさに、背筋が震えるようでした。

そして、そんなムツカシイ芝居だったにもかかわらず、舞台の作りも構成もしっかりしていて、まるで歌舞伎のようにはっきりと(笑)落としどころはきっちり抑え、メリハリが利いてたのもよかったです。「ここ、見せ場v」としっかり盛り上げられた場で、役者さんたちがもう、期待以上に「魅せる」。時代劇という、ある意味手垢のついたお芝居だからこそできた、隅々までよく計算されつくした舞台。芝居プラスその職人技の数々をも楽しめるところが大変お得(笑)だったかも。

 そして海老蔵v この人を見ていると「血はあらそえない」という言葉がいつも思い浮かびます。お茶の宣伝でも、ただ立っているだけなのに、まるで浮世絵から抜け出てきたような、時代な絵をつくる背恰好。海老蔵の祖父、名優と名高い先々代の11代目市川団十郎に、写真で見てさえ生き写し。今回の芝居の中で舞った、あの「敦盛」の美しいこと!!!お父さんの現団十郎には申し訳ないですが、この優れた遺伝子は一代すっ飛ばしてここに現れたとしか思えない。やはり団十郎役者は、顔にも姿にも華をしょって生まれてきてこそ、なんだと思います。そして、この信長は、たぶん宛書なんだろうと思いますが、とても今の海老蔵に合っていた。等身大の信長、といいますか、中のヒトと外側の役が虚実一体となって、お互いに増幅しあい、切磋琢磨するような、そんな湧き上がるような力強さを感じました。

 まさか私は見ていませんが(笑)実は11代目も「信長」を演じて大当たりを取ったんだそうです。↑とは脚本解釈からして180度違うお芝居だった由、でもそこに流れている血が同じであるからこそ変える意味があるんだと、今回つくづく思いました。。。。







|

« 有頂天ホテル(2) | トップページ | 250回目のお誕生日おめでとうv »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103190/8353539

この記事へのトラックバック一覧です: 信長(新橋演舞場):

« 有頂天ホテル(2) | トップページ | 250回目のお誕生日おめでとうv »