« 嫉妬の香り(1) | トップページ | 愛より強い旅 »

2006年1月10日 (火)

祝!主演男優賞

キネマ旬報という小難しい(笑)映画評論雑誌があるんですが、そこで、オダギリジョー氏が今年の主演男優賞に選ばれたそうです。

速報記事

「狸御殿」と「忍」と「メゾン・ド・ヒミコ」で受賞したらしいんですが、うーん、主演女優賞の田中裕子に比べると、何だか出た作品の質が違いすぎて「合わせ技で一本!」みたいな気がしなくもありません(笑)。たくさん仕事したから御褒美、なのかな? 
でもキネ旬は、↑で挙げられている他作品を見ればわかるとおり、商業映画もコアな映画も同じまな板の上に上げて、映画の水準だけを評価してトップ10を出す、見ようによってはとんでもなくマニアな会社です(私はスゴク好きですがv)。だからどんな形であっても、ここで2年連続受賞(去年は助演男優賞)したのは、ミーハーに、手放しにヨロコンデいいかな、と私は思います。ほんとは去年オダギリ氏は日本アカデミー賞(助演男優賞)というのも取ってて、世間的にはそっちのほうが全然エラいんですけどね。

 

たぶんオダギリ氏としては、作品としても、自分の出方としても、まあよかったと思えるのは「ヒミコ」だけで、本人的に満足しているのは、去年公開されたものでも、もっと別の映画だったであろうことは、容易に想像がつきます。でも本人の好むと好まざるとにかかわらず、それが「出来る」役者、スイッチが入れば主役が張れる「大きさ」を秘めた役者さんが、今は本当に少ないんですから、どうか、頑張って欲しいものです。主演で、キネ旬が賞を出した意味はその辺にあるのじゃないかとすら、私は思います。ま、今日は、とにもかくにもその受賞を、ココロからお祝いしましょう!本当に本当にヨク頑張ったんですから。



おめでとう!!!! 



|

« 嫉妬の香り(1) | トップページ | 愛より強い旅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 祝!主演男優賞:

« 嫉妬の香り(1) | トップページ | 愛より強い旅 »