« 250回目のお誕生日おめでとうv | トップページ | 終わった~! »

2006年1月28日 (土)

時効警察(3)

 今回は、熊谷係長が(笑)監督、脚本です。今までとはちょっと趣き変りましたが、別の点がとても面白かったです。
 まず、1.2話で出来つつあった登場人物の力関係に揺さぶりをかけてたのが面白い。麻生さんに主導権とられてにこにこしているオダギリ氏、その麻生さんに手を出し始めた(?)普通に話す十文字刑事、まったく予想だにしていなかったふせえりさんとけんかする江口嬢・・・監督交代ならではというか、キャラとして逸脱しないギリギリの範囲で全く別な顔が見られたのがとても面白かった。あと、犯人と霧山の関係も今回逆転してましたね。趣味で追っている以上、ああいう反撃はいつか来るんだろうと思ってましたが。前回までののんびり感とは打って変わって、随所に緊張感が走るのも新鮮でした。

それから、私的にはゲストのお二人のキャスティングがとてもとてもよかった。「私の差込んだ新聞紙は美しかったのよ!」ときっぱり言い切れる、それだけ自分の美意識に確信を持って語れる人は、私の中ではやはり環さんしかいません。っていうかあんな、一種荒唐無稽な(笑)せりふにずっしりと現実感を持たせられるのは、彼女だけだろうと思います。それから田中さんも、多くを語るヒマのない(笑)ドラマの中で、複雑な「人質亭主」の気持ちを全身でしっかり表していました。田中さんのおかげで話がとても見えやすかった。さすがです。

で、この2人がちゃんとドラマしているのでいつものメンバーはいつも通り遊んでましたvv。オダギリ氏だけは、今回筋書き的にきちんと(笑)仕事があり、ゆるゆるもしていられずタイヘンそうでしたが。それからメルマガで事前に見てましたが、そっか、十文字刑事は三日月さんがいいんですね~(違・・わないですよね・笑)彼女なら私も惚れてますっvvあと、「アンタッチャブル」にケビン・コスナー出てた?とか思いながら、十文字刑事の歌う「あしたのジョー」には大爆笑してました・・・今回出番が多くて新境地!の十文字刑事のブログはこちら !!!

それから、別に今回のを見て思ったわけではないのですが(^_^;)、「時効になるような難事件」だけど「霧山には真相がわかる」「しかも一生懸命やらないvv」という命題を三つともクリアするのは結構大変ですね。特に1番目の「難事件作り」で「なぜ捕まらなかったのか」という理由を考えるのが難しそう。今までそこに、「たまたま運が良かった」的な苦しさがありましたが、それもシリーズのテーマなのか。

そして熊谷監督(笑)のお芝居は初めて見ました。喜劇お好きなんだろうと思いますが、三木さんと逆に、私はこの人の書く本はテレビでは入りきらないと思いました。せりふの組み立てががっちりしているし、せりふと動きの間がどんなに長くてもしっかり合わせる、監督としての仕事丁寧さも凄い(食堂のシーンなんて、笑う前に唸ってしまいましたよ・・・)。会話だけで進むような、じっくりシリアスな映画の小品を、岩松了監督で是非見てみたいと思いました。



|

« 250回目のお誕生日おめでとうv | トップページ | 終わった~! »

コメント

時効公式で、「誰にもいいませんよカード」が
ダウンロードできますv
http://www.tv-asahi.co.jp/jikou/card/003.html

第3話と同じ、紅い縁取りです。
私も早速印刷して・・・主人に渡しました。
今夜の晩御飯はさっくり主人のオゴリですvv
やった!

投稿: contessa | 2006年1月28日 (土) 12時17分

また来ました!!
十文字刑事最高です!!笑
ブログがあるんですね、早速見てみます。

投稿: Myu | 2006年1月28日 (土) 17時01分

Myuさん、紛らわしい事書いてスミマセン。
十文字刑事のブログは、「時効警察」公式サイトの中の特設コーナーで
ブログとしては全然機能してません~リンクもアンダーラインだけ(笑)
でも、書いてある文章が本編より更にディープでvv
週一更新だとわかっていても、ついつい見に行ってしまいます。
公式サイトは他にもイロイロ仕掛けがあって面白いのでお薦めです
(メルマガ配信とか)。


それにしてもほんっと、十文字刑事って
最高ですよね!!

投稿: contessa | 2006年1月28日 (土) 22時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 時効警察(3):

« 250回目のお誕生日おめでとうv | トップページ | 終わった~! »