« 信長(新橋演舞場) | トップページ | 時効警察(3) »

2006年1月27日 (金)

250回目のお誕生日おめでとうv

・・・と、今日きっと世界中でお祝いされているのは、ウォルフガング・アマデウス・モーツァルトです。今日はお祝いで、いつも聞いているJ-waveというFMラジオで特集もしていました。通常番組の合間にスポットを設け、そこで各界のモーツァルトファンにお話を聞き、好きな曲をあげて貰うというもの。で、たまたま私が聞いた時、なんと、アノ実相寺監督が出ていらしたのです(><)何という偶然vv
 この監督、私映画監督としても大好きなのですが、オペラの演出家としてもクラシックマニアの間ではファンが多いんです。そしてご本人は自他共に認めるモーツァルトマニアv あの伝説のウルトラマン「カレースプーンの回」をお撮りになった監督は、モーツァルト同様「後の時代には王道となる"前衛"」を生み出す先駆者として、互いに響き会うものがあるのかもしれません。
 監督があげたお好きな曲は「戴冠式」でした。あの独特のライティングと陰影を多用したカメラワーク、ストイックなまでに追求された他の追随を許さない監督独特の映像美・・・からは想像もつかない、なんだか一歩も二歩も突き抜けた、明るくおおらかで清らかな、まさしく「王道」の選曲。やはり周りがどう思おうと、監督は自分の中にある王道をいつも追い続けていらっしゃるんだな、と思いましたし、そこにまるでモーツァルトの明るく愉しげな高笑いまでもが聞こえてくるようでした。さすがです。







|

« 信長(新橋演舞場) | トップページ | 時効警察(3) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103190/8370347

この記事へのトラックバック一覧です: 250回目のお誕生日おめでとうv:

« 信長(新橋演舞場) | トップページ | 時効警察(3) »