« 冬コミで思ったこと | トップページ | 謹賀信念! »

2005年12月31日 (土)

王侯将相寧ぞ種あらんや

今年最後の日に衝撃の事実をひとつ(笑)。

 私の大学の後輩に役者になった男がいました。誘われて切符を買ううち私は彼の友達のイケメン殺陣師の方が気に入って、彼を目当てに(殴)小劇場に通っていた事があったんです。で、その頃、藤田朋子さんが出るというので話題になった「Dream of Passion」という小芝居も、だから確か2回ほど見たのです・・・が。
 オダギリジョーの初舞台として必ずこの芝居の名前が出て来るんですよ。最初は同じ題の別の芝居かと思ったのですが、先日、昔の オダギリジョーの出ている番組のDVDをママ友が貸してくれて。 そのうちの一つに見覚えが・・・「あれ、○君(後輩)と△君(殺陣師)が出てる?!」で、、、、「あ゛あ゛っ」 アノ時の鼻持ちならない嫌味なカンチガイ小男が!!! オダギリジョーだったんだと判明。
  クウガ1年間見て、そして今の今まで全っ然思い出さなかったんですから どんだけかけ離れたキャラかおわかりいただけると思いますが(笑) 私は人の顔を髪型から覚えるので、特にオダギリ氏の場合ハンデがでかいんです。ライフカードのCMも、青いペンキ塗っていたヒトが今リーマンやっているのさえわかってませんでしたから。。。只今、今まで「○君たちの仲間の話」として認識していたいくつかのシーンが 音を立てて崩れ去っている最中・・・いや、ファンの人が悲鳴を上げそうな話ばっかり(涙)。

 今にして思えば小田切氏は結局あのころ、 自分にこだわりがありすぎてその表現の仕方がわからなかったんですね(物凄く好意的な解釈・汗)。本人どう思っていたか知りませんが、ホントに上からは相手にもされていなくて、だから最初の年、劇団のしがらみでまわってきた有名な某オーディションも、ある意味彼に「押し付けられた」のだし、それを蹴った時も、これで彼は役者をやめるんだな、位の冷めた目で周りは見ていた・・・のを思い出します。 破滅と頽廃まっしぐらの脆弱さ、卑屈で卑しくて虚像にすがるだけの、陰鬱さしか表現できなかった小さな役者。それがよくこんなまっとうな正統派に育ったと思って、おばさんは(笑)まだ頭が収拾つきません。

タイトルは、中国で秦が滅びる時、陳勝・呉広の乱、という百姓一揆を起こした首謀者陳勝の言葉です(項羽と劉邦がそれに続きます)。「この乱世なら、王侯や将軍・大臣となるのは、家系や血統によるのではないから、どんな人でも努力や運によって栄達できる」という意味です。努力と運でまさしく「王侯将相」を勝ち取ったオダギリ氏。  拍手を送りたいと思います。

|

« 冬コミで思ったこと | トップページ | 謹賀信念! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 王侯将相寧ぞ種あらんや:

« 冬コミで思ったこと | トップページ | 謹賀信念! »