« 斉藤 一 | トップページ | イン・ザ・プール »

2005年11月 3日 (木)

あずみ

上戸彩さん主演の、同名の非情な忍者漫画が原作の映画です。でもどういうわけか(笑)彩ちゃんだけでなく脇役のオダギリ氏まで、この映画で日本アカデミー賞新人賞というのを取っています。「クラブ進駐軍」の時も思ったのですが、この人は脇でとても光るんですが、ぼんやりしてると主役は取って食われるくらいの光り方ですので洒落にならない(笑)。使う人はタイヘンでしょう。
そして何を隠そう私はこの人が人を斬る時の、あの笑顔がたまらなく好きです(おい) クウガのゴダイくんも「笑顔」がトレードマークだったんですが、 おかーさん的には、この狂気をはらんだ「喜色満面」の笑顔のほうがしびれます (笑)。 まるで歌舞伎の色悪の見得のように、残忍で美しい笑み。 殺陣も、美しく見えること最優先で派手に残身とか取ってましたから よけい妖しくて(笑)でも華やかで見せ場になっていて良かったです。 あとおねえ言葉が凄い似合うのにもびっくり・・・素なのか?(大爆笑) 三谷さんは絶対あずみを見てオダギリ斉藤に決めたんだと思います(いや、斉藤 はそういう人・笑)。

そしてメイキングDVDを見てわかったのですが、この北村龍平監督はいまどき珍しい「太陽にほえろ」系熱血王道勢い(!)監督でした。私も昔一応体育会系クラブだったのでこ~ゆ~人の思考回路は大体想像つくんですが、たぶんこの監督にとってオダギリ氏みたいな人はウザくてワケわからなくて物凄く付き合いにくかったろう・・・と思います(DVDでもちらりと独白)。でも実はこの人のオダギリ評が、一番的確で当たってました。曰く、「性格悪いな、コイツ」「根底に愛情がねぇのかな」「どういう環境で育ったらそういう風になんの?」・・・etc.
そもそも映画に手を染めようなんていう人は、常人とは違うものを抱え込んでいる自分というものを一番大事にしていますから、似たフィールドに立っている人に対して、とても点が甘かったり簡単に共鳴したりします。たぶん自分の疎外感の裏返しなんだろうと思います。でも映画を見るのは「常人」です。そしてその常人の感覚に首まで浸かったままのこの監督の表現は、こちら側の私達にとって凄く明快です。たとえ見る側は役者についてそこまで知る必要は無い、にしてもです。少なくとも監督の側が、わかって撮っているのと偶然撮れた絵を使うのとでは、役者を育てる、という視点から言えば天と地ほどの差があります。

この監督の映画感覚は、オダギリ氏にとってはがさつで大味なものにしか見えないんだろうと思いますが、でも「この監督の目にどう映るか」というのは、この人にとって結構大事な観測点なんではないかと思っています。次があるとは思えない、と監督言っていましたが(笑)。

|

« 斉藤 一 | トップページ | イン・ザ・プール »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103190/6876215

この記事へのトラックバック一覧です: あずみ:

« 斉藤 一 | トップページ | イン・ザ・プール »