« ルパン | トップページ | IDEA »

2005年10月19日 (水)

スクラップへブン

表題の映画、見てきました。
個人的には期待してた以上に素敵で、大好きな映画になりましたが、あまりうっかり他人様には薦められません(笑)。血や怪我や暴力がだめな人はもちろん、汚物やアンモニアの気配(!)がだめな人もやめといたほうがいいと思います。でもとりあえず私は拍手喝采でした。帰りにコンビニの窓にポテトチップスの棚を見つけて、そのまま不覚にも涙してしまっていましたし、映画の後自分でもいろんな「復讐」のパターンを考えて面白がっていました。映画内では、あまりに荒唐無稽な「復讐」は新聞一面トッブで紹介されていくだけでしたが、是非実写で撮って欲しかったし(おい)・・・ああいうの、大好きですvv
それと面白かったのは、やはりと言うか何と言うかオダギリジョーはここにも出ているのですが、今度は年上の役、になっていた事です。映画の中では久しぶりに「アカルイミライ」を彷彿とさせる演技が随所に見られ、以前はそれが100%フル稼働、という感じでしたが、今回は相手役の出方も見つつ、自在に出し入れすねる余裕も有りました。そして本人は、バスジャック犯に対し何も出来ずに怯えていた警察官のほうが「かっこいい」からやりたかったらしいのですが、その役を今のオダギリ氏の大きさで演じられてしまうと、それより大きな存在感のある若い人を引っ張ってくるだけですごく大変そうです。どこに立たせても強烈に場の主役を奪い取ってしまう以上、真ん中に置いとくしかない、そんな感じのキャスティング。あの時の浅野忠信の立ち位置まで、たった2年でこの人は登りつめてきたんだなぁと思ったら、ちょっと感慨深かったです。もちろん「立っているだけで美しい」方のオダギリ氏も大好きですけれど、その時はできれば黙っていて欲しいし(笑)。「血と骨」の時も思ったのですが、この人は格がデキすぎていて到底三下なぞには見えません(笑)。

最後は、何かがすとん、と腑に落ちる映画です。
上記障壁を乗り越えられる方(笑)、宜しければ是非。

|

« ルパン | トップページ | IDEA »

コメント

大変ご無沙汰しておりますー!
久々にこちら様に遊びに来させていただきましたら
オダギリジョー様溺愛でv大変嬉しゅうございましたv

なんせ私も綺麗な男は大好物ですのでv(笑)
スクラップヘブンは根性無くて無理そうですが(苦笑)11月に某G映画(爆笑)鑑賞いきますので
メゾンドヒミコも上映中で有ればチェックしたいと
contessaさんのプレビュー読んで決意致しました(笑)
一足飛びに秋が深まって参りましたがお体ご自愛下さいv

投稿: かんす | 2005年10月23日 (日) 19時49分

かんすさま

書き込み有難うございます~m(__)m
>溺愛(笑) 
いや、ここだけの話ですが(笑)「メゾン・ド・ヒミコ」のオダギリ氏って
腐女子のお姐さま方が思う「記号としてのゲイ」を具現化したような感じなんですよ。
こんなゲイならファンタジー炸裂当然だよね、みたいな。
そしてそれはお姐さまたちばかりでなく、一般の観客にとっても必要な
こちらからあちらへの橋渡しのための「記号」。
まぁおいしいトコ取り、とも言えますが(笑)それを少女漫画的キラキラ王子様~☆に終わらせないあたり
やっぱりふつーの「美形」とは違ってひと癖もふた癖もある人です。

それと、映画の中で、ホモ老人ホームを遠巻きに見つつ関心ありまくりの「中学生」を
オダギリ氏が一撃必殺で「落とす」シーンがあります。
・・・っていうか、私にはそうとしか見えないんですが(笑)
みんなは「頭腐ってるよ、それ~」とかいうんですよ・・・
かんすさん、ご覧になったら是非その部分についてのご感想もお聞かせ下さいっ

お待ちしておりますvv

投稿: contessa | 2005年10月23日 (日) 22時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スクラップへブン:

« ルパン | トップページ | IDEA »