« ソーダ水の雨♪ | トップページ | ヴェニスの商人 »

2005年10月27日 (木)

パッチギ!

image2えーと、左の写真は、同じ映画の中の同一人物です(笑)。
クウガをはるかに凌ぐモノスゴイ変わりようですが(笑)、さらにオソロシイのは、これがオダギリ氏が凄いのでもなんでもなくって、当時、フツーにこういう「確変」を起こす人がワラワラといた、という事です。役だとわかっていてさえ引きまくりですが(笑)、素で、素人さんがこんなになっちゃうんですから、そりゃもう、見ても何も考えたくはありません、状態ですvv

    ↓

image1私はこの映画の時代に小学生で、教会の日曜学校の先生達(大学生)が、次々とこうした確変を起こしていくのをリアルタイムでボーゼンと見ていました(笑)。アメリカ行った先生も、私にキング牧師の演説を読んでくれた先生もホントにいました。教会のバザーがウッドストック状態になった年もありましたvv彼ら抜きには、あの時代は語れません。それがどんなに妙で変でも(笑)。


実際、この映画のほかの部分、つまり朝鮮高級学校と地元高校等の関係は、今現在、40年前と全然変わっていません。これは映画を見てわかったことです。私が勤めていた頃と同じ、あのバスをひっくり返すシーンなど見ていると、変わらないんだなぁとしみじみ思ってしまいます。↑のおにーさんだけが、時代を示す貴重な存在。・・・そう思って今と比べると、ひょっとすると、その少し先を行く青年達が哀れなほどにバカだった分(おい)当時の方がほんのちょっと気楽だったのかもしれません。今は、関係が少し改善されて来つつあるにも拘らず、当時よりもっと閉塞感が漂っています。変わらない、んでしょうかね。

もうひとつ。この不気味な(笑)ギター青年は、主人公の青年に「イムジン川」を教える酒屋の息子で坂崎君という名です。そこでピンと来たあなた!!っていうか私も見ててあ゛あ゛っって思ったのですが、アノ、アルフィーの坂崎幸之助さんがホントにモデルらしいです。坂崎さんちは実際は東京の某所にあって、実は2枚目の写真のように変身を遂げたのは幸之助さんのほうではなくお兄さんのほう、というのも有名な話(だからここに書いてもいいよね?)。私にとっては「イムジン川」の発売中止より、後世、忌野清志郎の「COVERS」が発禁になったことのほうがより、大事件でしたけれどね。レーベルは奇しくも同じ東芝EMI、という事で。

パッチギの公式サイトはもう無いのでこちら で。

|

« ソーダ水の雨♪ | トップページ | ヴェニスの商人 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: パッチギ!:

« ソーダ水の雨♪ | トップページ | ヴェニスの商人 »