« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »

2005年9月

2005年9月28日 (水)

メゾン・ド・ヒミコ

やっと納品完了~修羅の日々も終わりましたm(_ _)m
これでしばらくは遊びます・・・・

今日早速↑映画行ってきました。
昔の友人から「見たらきっと泣くんだろうけど。」と以前から薦められていて、公開される場所がどんどん地方になっていく中(汗)さいたま新都心というとこまで行って、見てきました。

昔、私の友人♀はゲイCPと暮らしていて、そこに現れたゲイの元彼に恋してタイヘンだった事があります。その状況とこの映画は似てなくもないので、そんな心配をしてくれたのですが、やっぱりというか何と言うか、涙がとまらずにおりました。でも見てよかった。
私は老いたゲイの方はお向かいに住んでたお二人しか知らないのですが、映画は老人ホームが舞台なので、もっと強烈に突き抜けた、見かけからしてわかりやすい(笑)可愛い人たちばかりで、まずそれからして和みました。今は女よりも女らしいゲイか、男の色気で売るゲイか、色物か、生きていく路線としてそのどれかを選ぶみたいですが、この人たちにはそんな選択肢はそもそもなく、その「存在」でどこまでも押してる(笑)。ある意味正統派。老いているからごまかしが利かない、のかもしれないのですけど。
でも生きていく時にはどんな人で背負っている「重荷」が、たまたまその人にとって、ふと立ちすくんでしまうほどの重いものだったとして、それでもやっぱりその人は、その重荷と付き合って生きていくしかないんでしょうかね。

友人と同居していたゲイの片方が、私の脚を見て、「やっぱり五体満足が一番だよね」と言ってくれた事があります。別にこの脚はちょっと曲がっているくらいで日常生活に全く支障はないし、それより支障をきたしているとしたら「脂肪の塊」の方が確実に影響力大なんですが(笑)、それでも、その言葉は今でも忘れられないほど深く胸にしみています。それを口に出してくれたのは、後にも先にもその人だけだったからです。
映画の中で、ゲイに恋した女の子は、「私が男だったらよかったのに」と百万回考えたに違いない目をして、泣いていました。男のほうも「この重荷を下ろすことが出来るかもしれない」とすがるような思いでキスまでして、でも下ろせない。「ちょっとね。うらやましかった。あんたじゃなくて、あいつが。」そんな事言われたらもう泣くしかないじゃないですか 。
ほんとうに、どうにもならない。未来がない。そのたびに私の脳裏には「五体満足が一番」という言葉がフラッシュしていました。完全に揃ってなくても、それがこんな結果に終わっても、それでもやっぱりそれで行くしかないんだと。

最後はハッピーエンドになってますので救われますが。それよりも。
別れ際、女の子を見送って帰る男の、いかにもゲイな白いシャツの背中が、いつまでも目に焼きついて仕方がありませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月23日 (金)

まだシュラバ・・・

imageうーん、わかってはいたのですけれど、っていうかだからシュラバなんですが、ここのところ本業と副業の〆切が日替わりで襲撃してきやがります。。。とてもシュフとは思えない生活。ここをご無沙汰の皆様はじめ本当にごめんなさいです。

で、只今私を精神的にササエてくれているのが、いつも静かに微笑んでいるIDEAとTHEOS(自分に余裕がないのでSDは出せない状態)。それから新顔でiPod nanoというのが居ます。4GWhite。いや、びっくり。基本的に音楽プレイヤーなんですが、フラッシュメモリが4ギガもついていて(つまりうちのPCの全データを余裕でバックアップ可)テレビのリモコンの半分くらいの小ささ。恥ずかしながら今までカーラジオと家のコンポでしか音楽聴かなかったので、携帯プレイヤーは何と「カセットテープのウォークマン」のみ!!だった私にとっては、高音質もびっくりでした(ソンナノト比べるナとか言われそうですよね・・・)
大きさ的にはマーラーの交響曲全部、とか入っちゃうんですけれど、そういうのは腰をすえてじっくり聴きたい。じゃあ「仕事しながらでも聴きたい」「持ち歩いてでも聴きたい」「寝床でも聞きたい」曲って何だろうって、久しぶりにいろいろ考えちゃいました。

記念すべき第一曲目は「Change the World」。
うーん、これはわりとすぐ思いつきました。家にに来た状態からいろいろセッティングする際、1曲入れてみなくてはならないのですが、その時迷わずコレを選びました。最初に聴こえて来た音に、思わずジーンとキテしまいました。

あとは・・・忌野清志郎「Covers」 Eric Crapton(自選)  Chet Baker  (自選) 加羽沢美濃(自選)最近の人のはこれから曲単位で買います(iTuneというソフトがついている)。
クラシックは・・・メサイア抜粋とマーラーの5番、プーランク(自選)、ラヴェル(自選)あとサイトウキネンとかリヒテルとかバスカル・ロジェとか・・・(全部自選)

さて、それではここで問題です。
「ピアニストには二種類しか居ない。ゲイとユダヤ人だ」というわけで(え)、
上記プレイヤーの中に、正式に「カミングアウト」している人が一人だけいます。
それはいったい誰でしょう~?


正解者は、私のシュラバが無事終わる事を祈っていて下さい_| ̄|○

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月10日 (土)

遊んでしまった・・・

9sep_sofa今週からやっと子供がガッコへ行きだしたのですが。
まだ何かとフォローすることが多く、それに加えて私自身が先日人様にご迷惑をかけてカナリ落ち込んでいたこともあって、何だか頭がPC前に切りかわらなかった・・・結果、バイトもここも先週からまったく進展がなく、全っ然手付かず状態のまま。こんなの初めてだ~自ら作り出した修羅場(泣笑)。

映画の約束もしてるし出かける用事がまだ入っているけど、とりあえず来週は頑張ろう。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月 2日 (金)

皇帝ペンギン

急ぎのバイトが、あちらさんの都合でちと頓挫&〆切も延長vそれなら今のうちに出来るところを進めて・・・おかないのが私(こら)。嬉々として子供と約束していたタイトルの映画見に行ってきましたv

貴重な映像がふんだんに出てきて面白かったのですが、N○Kのドキュメンタリーを見慣れた目には、サン○オの子供向け絵本のようなカルいノリに違和感ありまくりでした。子供を意識しているのかな、とも思ったのですが、子供も飽きるのが早かった。エンターテイメントだからこのぐらいやらなきゃ、なのでしょうかね。
で、私は結構ペンギンが好きなんだという事を再確認(笑)。本能によって移動し続けているだけのその横顔が、哲学的思索にふけりながら歩いているように見えるから困ったもんです。そして今回、無事つがいとなり卵預けられたオスも、外れちゃったオスも、メスが遠い餌場に出かけている何ヶ月もの間、きゅうきゅうと体すり寄せ合っておしくら饅頭状態で越冬すると知りました。頭数居た方が暖かいですからね。うーん、デキナカッタままのペンギン・・・人間だったらこの極限状態で不埒な事を考える奴が一人ぐらいいるかもっ(撲殺)。

明日は着物オフです。紅霞の着物しかないうちは女装オフになりそうです(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »