« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »

2005年5月

2005年5月30日 (月)

ピアノマンの恩恵

記憶喪失のままイギリスの海岸に流れ着いた北欧系美青年。身元を示すただ一つの手がかりはピアノが超絶に上手いこと・・・何だかハーレクインかお耽美小説に出てきそうなこの人物。「ピアノマン」のあだ名で各国のメディアを賑わし、最近ようやくチェコのロッカーだったかもしれない説が有力になってきました。彼のチェコ時代の知人によれば、その両親は彼がピアニストになる事を切望していたそうで、ロックバンドに所属する以前はリストやラヴェルで一度だけリサイタル経験もあるんだとか。でもその程度なら(かわいそうですが)うまいけど名前が知れていないと言うのも納得です・・・日本国内には同レベルの演奏を職業としていないピアノ・レディは(笑)たぶん5000人はいますよね。これで「ピアノマン」として興行を打てば当たると思いますけど、残念ながらそれはピアニストとしてではなく、一種見世物として、でしょう。

恩恵、と書いたのは、彼が病院関係者の前で弾いて見せたというテープがいっかな流れてこないものですから、各TV局がしかたなくBGMにピアノ曲のCDを使っていたことです。「ピアノがうまい」と言う話の最中に出すものだからかどうかは知りませんが(笑)これが各局とっても気合が入っていた。私もクラシックの好きな友人から教えてもらってニュースチェックしてますv たぶんTV局内でクラシックが好きな人なんて、私の父ぐらいの人か、思いっきりマニアな人なんでしょうね。グレン・グールドや内田さんといった、聴いてすぐわかる特徴的なピアニストの、しかも一番おいしいトコロをさらん~と流してくれて「おおっただで聴けた!得した!」とビンボー人をヨロコバセテくれています。局名出すとマズいかな、私が聴いた日の某局は、朝のニュース番組から夜のステーションvまで一日曲こそ違え全編アラウでしたよ。久しぶりに聴いた~(感激)そうだうちにもこのCDあったんだ~(涙)っていうか私はこの曲ならリヒテルの方が好きなんだ~(おいおい)。

2,3年前に、車椅子のヴァイオリン弾きイツァーク・パールマンが、NTTのCMでブルッフのヴァイオリンコンチェルトを文字通り「キラキラキラ~☆」と弾いてくれていましたが、そのCMが流れるたびに胸がどきどきして息が止まりそうになり、30秒終わると「ハァ~」とため息ついていたものでした。そうしてここが庶民のカナシサですが(笑)「わぁ~タダで聴いちゃったよ・・・」と日本企業の繁栄をヨロコブのです。その時と、今回似た感覚です。そして、やはりというべきか、だからというべきか、さわりだけでも、やっぱり凄い人は凄いものなんです。残酷な事を言うようですが、きっと「ピアノマン」とその写真の背後に流れている巨匠のピアノの間には、あと一歩に見えて超えられない壁があるんだろうな・・・としみじみ思った各局ニュースでした。

piano

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年5月27日 (金)

新しいウイッグ

wig今日初めて(^_^;)原宿に出来た新しい天使のすみかに行ってきました。大田記念美術館の原宿寄り三軒奥、という立地。来ているショップも含め私の大好きな一角ですが、アフターの日にここに200人来たのかと思うと、周りの人の驚きぶりが想像できて冷や汗モノです。。。

噂のミカエルを含みワンオフは15体も居て、久しぶりに見た「眠りルカ」とかPureDropさんの衣装とか、堪能しました。でも一番私の目を引いたのはボークス衣装のモデルをしていたヒース(笑)。すっごくかっこいいラフな感じのショートウィッグだったので、特注品かなとあきらめ気味にお店の人に聞いてみると「DD用です。」即購入v
その結果がこの写真です。
rwiguwig

          


・・・惚れ直しました(笑)
このウィッグはお薦めかもですv




今日はお昼を「小笠原伯爵邸」で戴きました。名前は凄いですが、そして豪奢な室内レストランが有名ですが(^_^;)、予約無しでふらっと行けるカフェの方もお薦めです。今日一日ご一緒して頂いたKさんと、パティオで山盛りのパエリアを堪能し(2人でも多かった・汗)都会とは思えないしんと静かな午後を満喫しました。宜しければどなたかとお誘い合わせの上、天気のいい日に是非どうぞ。
小笠原伯爵邸   〒162-0054 東京都新宿区河田町10-10
        TEL 03-3359-5830 FAX 03-3359-5831   
        駐車場数台分あり

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年5月24日 (火)

「三千世界の鴉を殺し」

標題は、伝高杉晋作作都都逸の冒頭部分、落語「三枚起請」の落ちとしても有名な一節です。「♪~主と朝寝がしてみたい」と続きます。
この唄の中では鴉は鶏のようなもので、朝になると啼く鳥、という扱いです。それから主というのは女郎の「客」ではなく「情夫」のほうです。はした金で女の部屋に上がりこみ客の合間を見ては抱き、あまつさえ何くれとなく女に貢がせる情夫は、女にとっては「間夫がなくてはこの世は闇」ではあっても、店にとってこころよい存在ではありません。たとえその色男が地回りに顔が利いても、たとえその男のおかげで女が艶と妖を漲らせていられるのだとしても、です。ですから他のどんなわがままは通っても、客を取った日も取れなかった日もいわば店の沽券にかかわる「主と朝寝」だけは難しいのです。
この唄の特長は、何といってもこのエキセントリックさにあります。「三千世界の」と高尚に始まった詞を「鴉」で俗に落とし「殺し」で更に突っころばし、主~から後はもうグダグダ、という、その腰砕け。血なまぐささえ漂う荒っぽさと、自堕落な脂粉の香が混じって、都都逸の粋や洒落からは程遠い、頽廃的な、重い空気を漂わせています。それが駄作と飛ばされもせずに今まで唄い残されているのは、「~してみた~イっと・・・」と言いながら立ち上がるであろう数多の女郎の背中に、自分を重ね合わせているからなのであり、まかり間違ってもその恋心への薄っぺらな共感ではありません。
今実は某局で「Tiger&Dragon(原題カタカナ)」というドラマをやっていて、そこに出てくる落語家の師匠が一生の持ちネタとして門外不出としているのが「三枚起請」なんですが、この落語の難しさも、まさにここにあります。三枚も起請文を書いて問い詰められ「熊野中の鴉が死んだって知った事かね」と開き直る女、そこには同情もせず憐みも寄せず最後に「主と朝寝が出来るもの」と言った時、「あははっ・・・ったくヨウ」と"自分諸共"笑い飛ばせるように、そこの所まで女と客に一体感を持たせつつ上手に話を転がしていく・・・のが難しいわけで。大学の落研あたりがやると、たいていなさぬ仲の悲哀がにじんできちっゃてつまんない噺、で終わります。つまりこの都都逸を「恋の告白」と取ってはだめなので、どちらかと言うと、付き合いも長く修羅場もくぐり、お互いを知り尽くした者同士だけに許される詮無い戯言、そこが好いた惚れたの本当の醍醐味、と言いたい唄なわけで。

長く書きましたが、それだけ私も都都逸の出来としては?がつくこの唄が好きなんです。というかこの暗く爛れた空気にすがるようにして話を書いたこともあってですね(汗)。ところが実は今日知ったのですが、標題が作品名となっているSF超大作ファンタジー小説があるんですね~しかも私が駄文を書く一年も前から今に至るまでまだ連載中!何でわかったかと言うと、うちの人形達用のある衣装屋さんが、某オークションに「『三千世界の鴉を殺し』風軍服」というのをお出しになったからなんです。私のイメージだとこの唄は着流し・・・(笑)というわけで思いっきり不明を恥じました。三千世界の鴉どころか宇宙大戦争なノリで戦う「主と朝寝がしたい」一途な男性カップルを愛でる話・・らしく(違っ)。ぐいんさあが、みたいな超大作だったらどうしようと思いつつ、ネットで見つけた文庫版の購入を迷っております(笑)。うー、真打ちとまでは行かないまでも、二枚目あたりで奮闘してくれていたらいいなぁ・・・・そのカップルvv

日本代表チームエンブレム。八咫烏は熊野の鴉です・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Theos

black1

「IDEA」更新。
といっても Theos の写真4枚だけですが。









この人達を見ていると、自分の周りがすうっと鎮まりかえっていくのを感じます。物語も何もない、慌しい日常からそこだけ切り取られたようなしんとした世界。CALM  というのはこういうものかと思います。貴重な時間です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年5月22日 (日)

オフ会

o8昨日は朝の4時から人形の為の限定品販売列に並ぶというタノシイ(笑)イベントがありました。欲しかったのは何を隠そう→この眼鏡なのですが、それでも買えた私は私は幸せ者なのです。傍から見ればいい大人が大挙して押し寄せ、いったい何事ならんという騒ぎですが、現実には引くどころか回を追うごとに過熱ぶりは増す一方・・・お付き合いいただいたShigaさん、オルコさん、本当に有難うございました。

そして午後になってようやく体があき(笑)、ShigaさんMieyaさんとご一緒にプチオフ会をしてきました。実に5ヵ月ぶりvvフラッシュの切り方を忘れてしまい、お見苦しい写真の数々お許しください。

o1

Shigaさん宅のアイオロス氏とラファエル




o2

Mieyaさん宅の 樹(いつき)氏とユリエル。







o4

甘えているフロルを牽制しているのは(笑)
Shigaさん宅のこちゅら君






o7

 小さい人が可愛くてならない様子のフロルvv
(Mieyaさん宅の天使、琳(りん)さん)



o5三者会談(笑)。
これで案外まじめな話・・・某クス社の行く末など案じていたりして(笑えません)。真ん中の方はShigaさん宅のムーさまです。



最後にうちの子の勇姿をvv

o6o3お遊びいただいたShigaさんMieyaさん、のんびりと人形談義に花を咲かせ、写真もたくさん撮らせて頂いて本当に楽しかったです。有難うございました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

Kさんち

k1

Kさんちに遊びに行ってきました。
Kさんは、いつもうちの人形達の顔を描いて下さる人です。
ラビちゃんと。






k2



ユリエルとラビちゃん。





k3



ユリエルとキース氏





k4

同じ黒髪なのに雰囲気全然違います





k5

フロルと同じ「アナイス」という素体の少年。
顔の描き方や服装で大分印象が変わります。




k6フロルに甘えるラビちゃんvv 可愛い~
今回一番お気に入りの写真です。





k7

一番左端が今回描いてもらった
新生ラファエルv  記念に3ショット。




P7150049

先日大変な思いをしてうちに来た(^_^;)
ユリエルの相方、ラファエルです。
ユリエルよりほんの少し背が高いです。
どうぞよろしく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年5月19日 (木)

何をどう見ろと・・・

29えーと、1日たって大分気持ちが落ち着いてきたので(笑)。
火曜日に某局の「サスペンス劇場」に中村福助丈が出てました。それも舞台のお飾りではなく、主役。中村歌留多という幹部俳優が弟子の殺人事件で名推理を発揮する、という現代劇で主役。つまり歌舞伎を演ずるんではなくてふつーに素面でお芝居をするんです。ええーーの後ろに?がつきますよね。そうなんです、そのご懸念は悲しいかな見事当たっておりまして・・・(涙)。

叔母に聞きましたら、むかーし、先代の勘三郎がテレビで「中村雅楽」シリーズというのをやっていた事があるらしく(大好評・3回で時間切)。あと福助の弟橋之助は、「御宿かわせみ」という時代劇サスペンス?でずっと主役やってるし(この春からシリーズ最新作)。この人自身も「俳優祭」という歌舞伎役者のお祭りでは、あのオスカル様を華麗に演じて毎度大喝采を浴びていますが。・・・そういえば「新撰組!」で孝明帝役をしていた時の福助「しか」知らない友人が、そのオスカルを見て度肝をを抜かれていましたっけ(笑)。

福助丈が歌舞伎を演ずる時、余人をもって変えがたいのはその熱さ、です。裏返った鼻声は40を過ぎても安定しないで「志村けん」みたいだと言われて久しいですし、所作もせりふも駆け気味でゆったりとした味わいに乏しい。しかし顔に品があるので「政岡」とか「玉手御前」とか「淀君」とかが本当に居るだけで存在感・説得力がある。しかもそういう重っ苦しい、型通りしんねりと収められてしまいがちな役を、他の人では望めない力強い緊張感で演じきる。役どころの、普段はあまり省みられない深い心の内が、叫ぶような台詞回しのうちに熱く語られて、本当に芝居全体が息を吹き返したように引き締まるのです。

しかしその絶叫節が(笑)ゲンダイのお芝居に生かせる場所が果たして・・・あるはずもなく。現勘三郎だって玉三郎だって出ることは出てますけど、もっと自分の味を鑑みて選んで出てませんか?ドラマの中で、考え事をするといって素踊りをするシーンがあったのですが、それがもう当代三津五郎にも引けをとらない、きーんと音のするような、堅く品高な美しさで、見ていて鳥肌立つようでした・・・が、それもドラマに色も添えなければ空気も作らない。
正直、しゃべらなければ素敵だったのですが(殴)。

これ見て「歌舞伎って大根役者でも出来るの?」とか言われると、ある意味当たらずといえども遠からずなので余計に悲しくなりますが(号泣)、違う次元で頑張っている人たちなのだということで、あたたかく見守っていただければ有難く。
上の絵は、来月シアターコクーンで福助があの「桜姫」をやるのでそのちらしですが、私が玉三郎にしかできないと思い込んでいる桜姫を、その熱さで見事、別次元の芝居にして昇華して魅せて欲しいです・・・期待してますよ(涙)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年5月17日 (火)

雷鳥と火狐v

3たいした事ではないのですが(^_^;)
補強の済んだ新バージョンがリリースされたのを機に、思い切ってブラウザをI.EからFireFoxに変えました。
メーラーは以前からThunderBirdで、これが大変使いやすく安定している・・・のも今回の変更理由のひとつでした。

調子はいいです。っていうかXPに載せてるので、見た感じは、一番上のブラウザマークと記載が違うくらいですが、マイナーなだけにスパイウェアとかかすりもしないのが一番の利点(笑)。あと、動作環境にもよると思いますが、ただでさえ利用者が少ないせいで速いCATV接続でも(汗)違いが判るほど、速い、です。それからLinuxもそうらしいのですが、1つの窓にタブがいくつも設定できるので、調べ物にあちこちサイトを開けまくる私にはとっても便利です。
サポートは日本語OKでしかも(ここが重要)ダウンロードフリー!あなたのPCにもおひとついかがですか?奥様(笑)

おひとつ、と書いたのは、サイトを見て廻る分には何も支障はないのですが、まだI.Eにしか対応していないシェアウェアとかプログラムとかがこの世には結構あるので(そしてそれがいつか火狐の事まで考えてくれるようになる日が来るとは到底思えないので・汗)I.Eも外さずに一応置いてあるからです。
ちなみに私が使ってる、ただでもらってきた(おい)日本語サポートのプログラムは↓こんなとこです。XPでの動作は、私が保証します(笑)。

ブラウザ:Firefox Get Firefox
メーラー:Thunderbird   Get Thunderbird
ウィルス対策:avast! avast! antivirus 
ファイアウォール:ZoneAlarm  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年5月16日 (月)

ただいま~

f1

今日のうちの子。フロルです。

通いの日々終了・・・記念に1枚。

実は仕事部屋にも連れて行ってたのですが(笑)

いつもより、ちょっと背伸びした格好です。彼特有の艶v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年5月10日 (火)

かんづめ

2 土曜まで、皆で借りてる仕事部屋に通います。
ので、ここはお休みです。
とりあえず体調良くないので、
連日外出る事自体ちと不安なんですけど
うちにいるとPC始めユーワクが多すぎるし。
お互い「話しかけるなっっ」状態でも、誰か居た方がいいし。
・・・〆切土曜だし(おいっ)

ちと頑張ります~さようなら(T_T)/~~~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年5月 6日 (金)

「少佐」のおかげ

1  昨日NHKBSで、「BSこだわり館」の再放送があり、休みの日の夕方という普段ならTVつけようとも思わないほど忙しい時間帯に、家族が菖蒲湯で盛り上がっているのを幸い、食い入るように画面を見つめていました・・・「エロイカより愛を込めて・青池保子」。

この漫画は、私にとっては特別です。年がバレバレですが中学に入ったと同時にこの漫画の洗礼を受けた私達の世代は、学校では決してたどり着くことの無い世界史の近現代部分の基礎を、この漫画のおかげで非常に身近にリアルに感じることが出来ていたと思います。だいたいふつーの女子中学生の会話にKGBやTOM CATが出てくるだけでも充分ヘンなのですが(笑)今は無き東西冷戦時代の真っ只中、一人勝ちで繁栄を謳歌していた日本にあって、その「外の世界」について一番冷静に語り合い、見つめ続けていたのは案外私達だった・・・かもしれません。大学に入った年、私達の前後の学年から、第2外語のドイツ語選択者が飛躍的に伸びたとか(笑)いろいろ笑い話はありますが、ファンタジーや恋物語からは程遠いこの「少女漫画」は、それほどまでに私達の心を掴んでいたのでした。
そして私にとっては、それまで知らなかった独軍戦車隊の事、アラブの誇り高き民の事などを知るきっかけとなり、「与えられた情報だけに頼る」ことのうすら寒さを肌身に感じさせてくれた漫画でもありました。お隣中国の「文化大革命」についての報道の偏向ぶりが次第に暴露されていったのもこの頃だったと思います。ともすれば夢見がちである意味多感な時期に、この骨太でごつごつな世界に触れた事で、私は女性としてはちょっと変わりものになったかもしれませんが(笑)、それは私の中で相当大事な部分です。

大学を卒業する頃いったん連載は終わり、そしてこの漫画が与えてくれた「現実の重さ」を粛々と実感できるようになったのは、まさにその後すぐ、社会に出てからだったのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年5月 3日 (火)

イベント当日

image3

今日はこんな風に、お人形の服を売っていたのです。





image4

ブースまで遊びに来て下さったお友達






image5

  

人待ち顔のユリエルⅡ(笑)








image2 そして多くの方々のご協力を頂き、
一生分の運を使い果たして
無事うちに、もうひとり人形が来ました・・・ 感謝。
名前はラファエルになると思います。

そのうちプロフィールに上げます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年5月 2日 (月)

イベント前夜

image1 明日は、うちの人形達のイベントが、東京国際展示場で開催されます。
この1社だけであの西館借り切って行う、かなりな規模のものです。新作の人形も出ますが、人形の小物を売る一般の人も店を出します。かく言う私もディーラー参加。
右は、お友達(!)が無事来てくれるかどうか、人待ち顔のユリエル。
朝7時半から並んで運良く抽選に当たれば買えるという、とんでもない「お友達」は右下です。
来てくれたら、ユリエルの相方ですからラファエル・・・という事になるのですが。

明日は会場の様子その他いくつか、写真をあげるつもりでおります。さて私の籤運は如何に(笑)。

heath_03

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »