« シャコンヌ | トップページ | あちらのサイト(笑) »

2005年4月29日 (金)

一瞥

4月歌舞伎、さんざん行って参りました。
来月は残念ながら観たいものが掛からなかったので、歌舞伎月間は今月でおしまいです。一番楽しみにしていたのは、何と言っても夜の部の「籠釣瓶花街酔醒」。私は今まで大々幹部の八ッ橋しか見た事がなかったので、失礼ながら、身代かけても惜しくないほど美しい「一瞥」にはとんとお目にかかれず(笑)今回玉三郎丈ということで、何をおいても「見染め」に期待しておりました。
・・・素晴しかったです。ほんとうに、何度観てもため息しか出てこない。次郎左衛門だけでなく客席中が魂抜かれる艶やかな笑み。「そんななりでこの色里へ?」と不思議そうに微笑む顔には、ただ美しいだけではない、八ツ橋の心根のあたたかさもにじみ出ていました。今までの「花魁の気まぐれと権勢を示す一瞥」という定式な笑みとは一線を画していましたし、そこがあとの芝居にも大いに利いていました。ほんとうに、文字通り、たった一瞥なのですが。

ところが新勘三郎の次郎左衛門がよくなかった。
こういう人情噺系の役はこの人にとって得手中の得手・・・の筈だったのですが、どうにもこの次郎左衛門、明るくて人が良すぎて出来すぎていて、何をされてもにこにこ笑って許していそうなおとなしい男。刃傷沙汰を起こそうなどという深い腹のうちの、翳りも見えてこないのです。だから愛想尽かしされた4ヶ月後、刀持って廓へ上がってきた時にも、全然凄みがない。このままお茶飲んで帰っちゃいそうな雰囲気。いきなり切りかかった時も、ひょっとすると八ツ橋よりもお客さんのほうが驚いちゃったかも(笑)という、まるでとってつけたような鬼の形相でありました。
これは以前見た吉右衛門丈の次郎左衛門の方が良かった。この人はこの華やいだ雰囲気の場でただ一人、あくまで堅くまじめな朴念仁であるべきで、そこで初めて後の「心の闇」が手に取るように伝わって来るのではないかと。「俊寛」を当たり役とする吉右衛門は、そのあたりの強さ、大きさがたっぷりでした。
だいたい、新勘三郎は先代の「松竹新喜劇」のノリは十二分かそれ以上に受け継いでいるのですけれどもそれだけでは片手落ち。歌舞伎でその笑いが許されるのは、腹の据わった太い芝居が一方にあってこそでしょう。このまま行くと人気があるのは歌舞伎ではなく「猿若」・・・という事になってしまいそうで。

大入満員の、でもいつもとは違う客層を観ながら、スーパー歌舞伎のような違和感まで頭を掠めた4月でありました。

pict_03123 豊原国周筆

|

« シャコンヌ | トップページ | あちらのサイト(笑) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103190/3904923

この記事へのトラックバック一覧です: 一瞥:

« シャコンヌ | トップページ | あちらのサイト(笑) »